歯を白くするホワイトニングの値段の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

白く美しい歯は、それだけで相手に清潔感とよい印象を与えることができます。煙草のヤニや色の濃い食べ物、飲み物、加齢など、さまざまな原因で、歯は黄ばんでしまいがちです。黄ばんでしまった歯を白く美しい歯にするには、ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅でできるホームホワイトニング、その2つをかけあわせたデュアルホワイトニングの3種類に大きく分けることができ、どれを選ぶかによって値段も大きく変わります。ホワイトニングの値段について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングとは?

早く歯を白くできるオフィスホワイトニング

歯科医院でホワイトニングを行うことをオフィスホワイトニングと呼びます。オフィスホワイトニングでは、過酸化水素といわれるホワイトニングに効果がある薬剤を使用します。この薬剤は、国家資格を持っている歯科医師や歯科衛生士といった歯科に関する知識を持った専門家しか扱うことができません。オフィスホワイトンイングは、きれいにした歯の表面に過酸化水素入りの薬剤を塗り、10分から15分程、専用の光を当てて歯を白く漂白していきます。そのため、光が届かない奥歯や歯の裏側は白くすることができませんが、話した時や笑った時に見える範囲の歯は白くすることが可能です。

オフィスホワイトニングの効果がでるのはいつ?

オフィスホワイトニングは、歯科医院でしか使用できない過酸化水素を用いるため、1回あたりの効果が高く、すぐに歯が白くなったことを実感することができるといわれています。元の歯の色や状態、希望する歯の白さ具合などによって、行う回数は変わってきますが、平均して3回から5回程度とされています。1回のホワイトニングにかかる時間は、30分から1時間程度になります。そのため、すぐに歯を白くしたい、忙しくて時間がかかるホワイトニングはできない場合などにおすすめです。

オフィスホワイトニングは色が戻りやすい?

オフィスホワイトニングは、自宅で行うホームホワイトニングに比べ、白くした歯が元の色に戻りやすいといわれています。その期間には個人差がありますが、およそ3か月から半年程度とされているので、ホワイトニングを行ったら、半年に1回程度、定期的にオフィスホワイトニングを行うことで、白さを保つことができるようになります。

また、ホワイトニングを行ったら、歯に色が着色しやすい飲み物や食べ物をなるべく避けたり、食事の後はすぐに歯磨きをする、定期的に歯科医院で歯のクリーニングをしたりするのがおすすめです。

オフィスホワイトニングの気になる値段はいくらぐらい?

ホワイトニングには、残念ながら保険は適用されません。そのため、自由診療となり全て自腹で払わなくてはなりません。値段も一律ではなく施術する歯科医院によって異なるので、事前にしっかりと金額の確認をする事が大切です。値段の相場も幅広く、1回あたり15000円程度から50000円程度と差がかなりあります。さらに、歯科医院によっては、「上下どちらか10本以内」「上下合わせて16本以内」など、ホワイトニングできる本数が限られている場合があるため、それより多く白くしたい場合は、追加料金が発生することになります。

自宅で行うホームホワイトニングとは?

自宅で歯を白くできるホームホワイトニング

自宅でホワイトニングを行うことをホームホワイトニングと呼びます。このホームホワイトニングでは、過酸化尿素などが含まれたジェルを使用します。このジェルをマウスピースの内側に少量いれて、1日2時間程度、毎日装着します。

オフィスホワイトニングに比べると、時間も手間もかかりますが、自分の好きな時間帯に行うことができ、また、値段も安く抑えることができます。また、マウスピースを歯全体に嵌めてホワイトニングを行うので、オフィスホワイトニングでは、白くすることができない歯の裏側や奥歯なども白くすることが可能です。

ホームホワイトニングの効果がでるのはいつ?

ホームホワイトニングでは、自分自身で白さが実感できるまで2週間から1か月、周囲の人にも白くなったことが分かるぐらいのレベルになるまでには、1か月から2か月かかるとされています。これは、毎日マウスピースを装着し続けて得られる白さです。

また、マウスピースを装着する際に丁寧にしっかりと歯磨きをし、歯の汚れをきれいに落とし、装着後は、マウスピースの洗浄と、歯磨きを優しく行い必要があります。さらに、マウスピース装着後の歯は、とてもデリケートで、食べ物や飲み物の色がつきやすい状態になっているため、ホワイトニング後は30分から1時間程、飲食は控えた方がよいでしょう。これを毎日欠かさず繰り返すのがホームホワイトニングになります。

ホームホワイトニングは色が戻りにくい?

ホームホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べ、時間も手間も桁違いにかかりますが、その分、色が戻りにくいといわれています。色が戻るまでの期間には個人差がありますが、およそ6か月から1年程度とされています。

ホームホワイトニングで使用するマウスピースとジェルは必ず、自分に合ったものを使用するようにすることで、ホワイトニングの効果も充分に発揮されるようになります。市販の安いマウスピースを使ってしまうと、自分の歯形に合わなくてジェルがきちんと歯に届かなくなります。ホームホワイトニングを始める時は、最初に必ず、歯科医院で自分の歯形にあったマウスピースを作ってもらいましょう。

ホームホワイトニングの気になる値段はいくらぐらい?

自由診療であるホワイトニングは、ホームホワイトニングでも同じです。各歯科医院によって値段は変わってくるので、事前にしっかりと確認するのがよいでしょう。毎日使用するマウスピースの作成費とジェルの費用がホームホワイトニングではかかってきます。マウスピースの種類、使用するジェルの濃度や種類、本数で最終的な金額は大きく変わりますが、大体15000円から35000円程だといわれています。ホワイトニングの中では、このホームホワイトニングが、最も安くできる方法となります。

最も早く白くなるデュアルホワイトニング

2つの方法を組み合わせたデュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行います。そのため、最も早く歯を白くすることができるのです。さらに、色も最も戻りにくいとされています。

デュアルホワイトニングの行い方とは?

歯科医院でのオフィスホワイトニングと、自宅で毎日行うホームホワイトニングを組み合わせて、最短で白さを手に入れるためには、まず、ホームホワイトニングを2週間程行います。自分自身で白さが実感でき始める目安とされている2週間経ったら、今度は、歯科医院でオフィスホワイトニングを行います。この合わせ技で、歯を一気に白くすることが可能なのです。

最も早く歯を白くできるデュアルホワイトニングですが、2つの方法を並行して行うため、歯が薬剤に触れている時間が長くなってしまいます。そのため、一時的に知覚過敏が起こる場合があるので注意が必要です。

デュアルホワイトニングの気になる値段はいくらぐらい?

デュアルホワイトニングは、2つの方法を組み合わせるため、値段も一番高くなります。オフィスホワイトニングを行う回数、ホームホワイトニングを続ける期間などによって、総額は大きく変わりますが、相場はおよそ60000円から100000円程になります。

ホワイトニングで白く美しい歯を手に入れよう

歯が白いと、相手に清潔感を感じさせることができ好印象をも与えることができます。また、顔色もよく見えます。効果が早くあらわれるけど、色が戻るのも早く高いオフィスホワイトニング、時間と手間はかかるけど、色が戻りにくく一番値段も安いホームホワイトニング、一番早く白くなり色も一番戻りにくいけど、一番高いデュアルホワイトニング、それぞれに、メリットとデメリットがあります。また、ホワイトニング後のメンテナンスにかかる費用もまちまちです。

歯の状態、ホワイトニングしたい目的、予算など、人それぞれ違うので、自分に一番合った方法を、歯科医と相談しながら、決めるのがおすすめです。適切な方法で、白く美しい歯を手に入れて下さいね。

ホワイトニング治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

梅田茶屋町白山歯科クリニック

電話番号 06-6377-6480
住所 大阪市北区鶴野町1-3 2F
アクセス 阪急神戸本線 梅田駅 徒歩3分
診療時間 【月〜土】9:30~13:00/14:30~20:00
【日】9:30~13:00/14:00~18:00
休診日 祝日
URL http://www.shiroyama-dental.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る