虫歯の仮詰めが痛い場合の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

絶対になりたくない病気といえば虫歯ですよね。あの神経が直接痛い感覚は、一度経験したら何度もなりたいとは思えません。虫歯の治療と言えば、歯を削って、削った場所の仮詰めにレジンなどを入れて、最終的に本物の詰め物を入れるなり、銀歯をかぶせるなりして治療完了となります。治療途中の仮詰めを入れているときに痛みを感じたことはありませんか?なぜ仮詰めをしているのに痛みを感じるのか?虫歯の仮詰めが痛い原因と対策について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯の原因とかからないための対策

虫歯の仮詰めをしたときの痛みの最大の対策は、まず虫歯にかからないことです。そのために、まず虫歯がどんな病気なのか?何が原因で虫歯にかかり、どうしたら防げるのかをしっかり知っておくことが大切です。一般的な病気ですが、意外と知られていないことも多い虫歯について解説します。

虫歯の原因とは?

虫歯の原因となるのは、口腔内に常に存在している菌、つまり常在菌です。人間の口腔内には多種多様の菌が共生しており、確実な原因菌はわかっていません。その中でも現在、最も多い原因と考えられているのがミュータンス菌という菌です。それ以外にも多種多様な菌が虫歯の発症に関わっており、原因菌の量や種類などが人によってかなり違っています。そのため、虫歯にはかかりやすい人とかかりにくい人がいます。ミュータンス菌は、生後10~36ヶ月の間に保護者から主に感染し、以降常在菌として口の中に存在しつづけます。歯の磨き残しや、体調の急変などでミュータンス菌が口の中で増殖すると、歯の表面に住みついて歯を溶かし、これが虫歯となっていきます。

虫歯の対策はどうすればいい?

虫歯の発生の主な原因は菌によるものですが、虫歯の悪化を助長してしまう条件がいくつかあります。一つ目は虫歯になりやすい質の歯であること。二つ目は歯垢を作りやすいものを頻繁に摂取すること。三つ目は歯をしっかり磨けていない、磨いていない状態を長時間続けている、ということ。四つ目はミュータンス菌の数量が多いこと。五つ目は唾液が少ないこと。しっかりと歯を磨いて虫歯の元となる歯垢を除去しつつ、これらのリスクを取り除くことが対策となります。このリスクの中でも二つ目と三つ目については、自分のアプローチでリスクを大きく低減させることができます。口の中は、食事をとると急激に酸性化し、ミュータンス菌が活動しやすい状態となります。間食を取れば取るほど、口の中が酸性である時間が長くなり、それだけ虫歯にかかりやすくなります。間食を少なくすることはこのリスクの低減につながります。歯をしっかり磨くこと、磨いていない状態を長時間作らないことも、口の中にミュータンス菌を増やさないための有効な方法です。

虫歯の進行度による治療方針

実際に虫歯にかかってしまった場合は治療することになります。虫歯の進行度合いはC0~C4まであり、進行度合いによって治療の方法が少しずつ変わってきます。C0~C1のごく軽い、表面だけが少し溶けたものや極めて小さい穴が開くレベルであれば、経過観察となることが多いです。この段階であれば、歯の再石灰化作用により元に戻ることがあるからです。C2以降は自覚症状がはっきり出てきますので、本格的に治療に移ることになります。

虫歯の治療方法

虫歯の進行度合いによっては、本格的な治療が始まります。治療方法も進行度合いによって変わってきますので、どんな治療方法があるのかご紹介します。

虫歯の治療その①フッ素塗布

ごく初期、C0程度の進行かまたはC1でもかなり初期に分類される虫歯の場合に、このフッ素塗布という治療が行われます。フッ素は歯の表面処理に有効のため、初期の虫歯にかかっている部分に塗ると進行を止められたり、再石灰化が促進されたりする効果があります。この治療は痛みも伴いませんし、これで治れば痛みがある治療を受けなくてもすみますから、できる限り虫歯は予防と早期発見につとめましょう。

虫歯の治療その②切削治療

虫歯の治療と言えばスタンダードなのがこの切削治療でしょう。簡単に言えば、虫歯にやられて穴の開いたエナメル質の部分を削り、そこに詰め物をして治療します。基本的に虫歯は自然治癒しないために必ず何らかの治療が必要となってきますが、この段階からは削るという過程を経ますので、多かれ少なかれ痛みを伴うことになります。

虫歯の治療その③神経を抜く

C2程度まで虫歯が進行すると、神経の近くまで歯が侵されていることになります。この程度まで進行した場合、通常は削ったあとに樹脂などを詰め物として使用します。しかし神経が侵されてしまうと激しい傷みを伴いますので、神経を抜くことがあります。神経を抜いてしまえば痛みは感じませんが、麻酔をして治療をしても神経を抜いた後はかなりの違和感が歯につきまとってきます。

虫歯の治療その④被せ物

C3程度まで進行すると、神経を抜いた後で歯にすっぽりと被せ物をします。歯にすっかり穴が開いてしまっている状態ですので、放置しておくわけにも行きませんし、この状態では詰め物をしても歯茎が痛んでしまうことがあります。そのために、完全に被せ物をする、というわけです。

虫歯の治療その⑤抜歯

虫歯の最終段階、C4まで進行してしまったらもう元の歯を残しておくことはほぼできません。歯の根っこの部分を残して、歯が死んでしまうからです。こうなってしまったらもう抜歯するしかなく、その後は差し歯であったりインプラントであったりと、代替品を使って歯を再建するという形になります。

仮詰めの際の痛みへの対処

虫歯の治療の際には、多くの場合において患部を削り、削った部分に詰め物をします。本格的な詰め物は歯の型をとってからやりますので、その間に仮詰めをします。この仮詰めをしているときに痛みを感じることがあるのですが、原因と対策を知っていれば防ぐことができます。どのような方法があるのか、確認していきましょう。

虫歯の治療でする仮詰めはなぜ痛い?

まず前提として、虫歯の際にする仮詰めは名の通り仮のものです。歯の型をとって、その型にぴったりあう詰め物ができてくるまでの間にとりあえず詰めておくものなので、簡単に外せることが前提となります。そのため、サイズが合わないとかみ合わせが悪くなって歯茎に痛みを感じたり、小さすぎると歯の内部の神経に触れて痛みを感じたりすることになります。

仮詰めをしているときに痛みを感じたら

仮詰めをしているときに痛みや違和感がある場合の最大の対処は、その仮詰めをした方の歯をできる限り使わないことです。仮詰めを取ってしまうわけにいきませんし、かといって痛むのに無理をすると腫れてきてしまうこともあります。痛みを抑えるために薬を処方してもらえる場合もありますが、それでも炎症の痛みを薬で抑えているだけで根本的な解決にはなりません。どうしても両側を使う場合でも、強く噛みしめないことを忘れないようにしてください。

虫歯治療は早期発見が大切

虫歯の治療で最も大切なのは早期発見です。早いうちに見つかれば、フッ素の塗布だけで済み痛みを伴う治療をしなくてもいい可能性が高まります。残念ながら早期発見ができず、削ることになってしまったら、痛みとはうまく付き合っていかなければいけません。削っているときの痛みはしかたないとしても、仮詰めしている時の痛みは治療中の歯を使わないようにするだけで、快適度が全く違ってきます。ケガをしている時には、その部分はなるべく使わないようにしますよね。それと同じことなのです。毎日の歯磨きをしっかり実行し、違和感を覚えたら歯医者さんに行って早期発見に努めましょう!

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

あやの歯科医院 入曽駅から車で7分

出典:http://ayano-shikaiin.com/

電話番号 ご予約専用:050-5264-4417
お問合わせ:04-2958-6882
住所 埼玉県狭山市水野598-5
アクセス 西武新宿線 入曽駅から車で7分
西武新宿線 新所沢駅から3km(車で8分)
西武池袋線 小手指駅から3km(車で9分)
西武池袋線 武蔵藤沢駅から4km(車で10分)
西武狭山線 西所沢駅から5km(車で12分)
診療時間 【月・火・土】9:00~13:00/14:30~17:30
【水】9:00~13:00/15:00〜18:00
【金】9:30~13:00/15:00〜18:30
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://ayano-shikaiin.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る