虫歯治療の詰め物による違和感と審美面を考えた治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯などの治療で使われる詰め物による違和感には、治療による「咬み合わせ」の違和感と金属を使用したことによる「見た目」の違和感があります。後者の「見た目」の違和感を解消するためには「セラミック」を主に使用した治療が有効。その詰め物の種類と一般的な詰め物のメリット・デメリットを歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯などの治療に使用される詰め物で起こる違和感

虫歯治療に欠かせない「詰め物」。その治療によって起こる違和感には大きく2つ挙げられます。ひとつは「咬み合わせ」の違和感です。詰め物が自分の歯に合っていないことが原因で痛みや不調が起こってきます。もうひとつは「見た目」の違和感。金属の治療歯は目立つため、口を開けたときに見た目の違和感が生まれます。

詰め物による咬み合わせの違和感

詰め物がきちんと自分の歯に合っておらず、咬み合わせに違和感が生じてしまうこともあります。治療時に調整を行いますが、この違和感が原因で肩こりや腰痛、発熱のほか、ストレスなど精神状態の乱れを引き起こすこともあるので注意が必要です。

治療後、食べ物を咬んだときに痛みがある場合は、部分的に強く当たっていることもありますので、咬み合わせの確認と調整をしてもらいましょう。治療時に少しでも気になることがあれば、必ず歯科医師に伝えるようにしてください。

咬み合わせの違和感による全身の不調

詰め物が外れてしまい、咬み合わせが変わったことで体全体に異常が及ぶことも。もともとの持病があったり、日常的にストレスを抱えていたりすると不調が進み、状態によっては寝込んでしまうことが考えられます。直接詰め物が関係しているとは限りませんが、咬み合わせの不具合があると食事がうまく取れなくなってしまうため、精神的にもかなりのストレスが掛かってしまいます。できるだけ早く治療を受けるようにしましょう。

詰め物による治療歯の見た目の違和感

大きな口を開けて話したり、笑ったりすることに躊躇してしまうことはありませんか。虫歯などの治療歯に金属の詰め物をしていると、どうしても自分の歯との違和感が出てきます。その治療歯が気になって大きく口を開けることが恥ずかしいと考える人も少なくありません。

セラミックなど、本物の歯と変わらない質感の詰め物を使うと、躊躇なく大きく口を開けることができます。見た目だけでなく、金属と違い腐食することがないので詰め物が長持ちするというメリットも。精密な型取りを行うため歯と被せ物の間に隙間ができにくく、治療部分が虫歯になりにくいのも特徴です。

審美面を重視した詰め物の種類

「見た目」の違和感を解消し、笑顔に自信が持てる審美面を重視した詰め物の種類にはさまざまなものが挙げられます。主に「セラミック」を使用した詰め物ですが、それぞれの特徴やメリット、デメリットがありますので、治療の際には自分の希望に合った種類を選び、歯科医師と相談して治療方法を決定しましょう。

セラミックインレー

100%セラミックを使用した詰め物です。水分の吸収がなく変色に強いのが特徴。耐久性が高いうえ、黄ばみなどの変色もほとんどありません。表面がツルツルとしていて歯垢がつきにくく、いつまでも美しい歯を保つことができます。デメリットとしては、天然の歯や金属に比べると強度が劣ることと、硬度は天然の歯より硬いため、咬み合う歯を傷つけてしまう可能性が考えられます。

ハイブリッドインレー

セラミックと歯科用プラスチックのレジンを混ぜて使用した詰め物です。変色やすり減りが少なく、周りの歯への影響も少ないのが特徴。色合いが自由に選べるので、より自分の歯に近い仕上がりが可能です。使用していくうちに変色が見られます。金属は使用していないため、アレルギーの心配はありません。

メタルボンド

表面にセラミックを焼き付けた金属の被せ物です。天然の歯に近い色合いを出すことができ、変色に強いことが特徴。金属を使用しているため強度が高いのがメリットですが、劣化により金属が溶け出す可能性があり、金属アレルギーのリスクも考えられます。

ゴールドインレー

純金を8割以上含む合金を使用した詰め物です。純金なので金属アレルギーの心配が少なく、硬さがあるため奥歯への使用に適しています。咬み合う歯を傷つけないことや、変色・着色が少ないことも大きなメリットです。

保険適用がある詰め物の種類

審美面を重視した詰め物には、基本的に健康保険の適用がありません。一般歯科での治療を中心に使用される保険適用のある詰め物は「銀歯」と「レジン」です。銀歯は昔から使われている詰め物で、レジンは軽い虫歯などに使用されているものです。治療費が抑えられるため現在でも一般的な治療方法とされています。

金銀パラジウム合金

一般に「銀歯」と言われている詰め物は、主に「金銀パラジウム合金」というもので、海外ではほとんど使用されていない金属です。「銀歯」は、年月の経過によって金属が溶け出したり、金属アレルギーのリスクもあります。溶け出した金属が歯茎や口腔内の粘膜に沈着する「メタルタトゥー」や体への重金属の蓄積など、さまざまな体への影響が指摘されています。

コンポジットレジン

初期の虫歯や前歯の虫歯治療に使われる歯科用プラスチック「レジン」。「レジン」での治療は、コンポジットレジンという樹脂素材を充填して患部を塞ぎます。健康保険の適用がある治療法ですが、強度が弱く、咬み合わせの強い部分や大きな虫歯には対応できません。銀歯に比べると目立ちにくいので、審美面では有効な方法だといえます。

審美歯科で勧められている詰め物

審美歯科における虫歯などの治療による詰め物は、金属ではなくセラミックを勧めています。健康保険が適用されないため、一般的な治療に比べると費用が高額になってしまいますが、口を開けたときの違和感が無く、表面がツルンとしているので、汚れにくいという特徴もあります。自分の歯と一体化するような接着剤を使用するため、治療箇所が虫歯になりにくいのもメリットのひとつです。

審美歯科で勧められているセラミックの詰め物で違和感を解消

審美歯科では、見た目の違和感を解消して笑顔に自信が持てる虫歯治療の詰め物として「セラミック」を勧めています。大きく口を開けて笑ったり話したりできるというメリットはもちろん、金属の詰め物によるさまざまな不安も解消されます。劣化した金属の詰め物は溶け出すことがあり、体への悪影響が懸念されています。

セラミックを使用した治療は、費用の面を考えると踏み切ることがなかなか難しいものです。しかし、今後も長く使っていくことになる歯ですので、一度検討してみることも大切。銀歯の詰め物が長く入っている、歯茎などへの着色が気になってきたなど、気になることがあれば審美歯科を受診してみましょう。自分に合った治療のアドバイスが聞けるかもしれません。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

大崎ブライトタワー歯科クリニック

電話番号 03-3445-5566
住所 東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー2F
アクセス JR山手線 品川駅 徒歩19分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~18:30
【土曜】9:30~13:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.osakibt-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る