歯周病は痛い?気がつきにくい歯周病の症状と原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自覚症状がない状態も含め、日本人の多くがかかっている国民的疾患の虫歯。歯を磨いていてもできてしまったり、また逆にあまり磨かなくても虫歯になりにくかったり、個人差があります。この差はどこにあるのでしょうか。

虫歯になりやすいかどうかは、口の中に虫歯菌がどれだけいるかで決まると言われていますが、虫歯菌の数を増やしたり虫歯菌自体を排除したりすることが可能なのでしょうか。

今回は、虫歯菌の基本とその感染経路、虫歯菌の予防方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯菌が虫歯をつくる!〜虫歯の基本〜

虫歯の原因となる虫歯菌ですが、まずは虫歯菌によって虫歯になってしまうメカニズムを見てみましょう。

虫歯のメカニズム

虫歯は歯が溶けてしまう疾患のことを指します。口の中には数百種類の細菌が存在すると言われていますが、そのうち虫歯の原因となる代表的な菌が「ミュータンス菌」と「ラクトバチルス菌」の2つ。これらの菌が歯に残った食べカスなどを栄養分に繁殖して酸を出し、歯のエナメル質を溶かして穴をあけてしまったものが、虫歯です。

虫歯菌が歯のエナメル層を溶かし始めた時にはすでに虫歯は始まっていますが、この時ほとんど自覚症状はありません。エナメル層が溶かされ続けて穴が深くなった時に、神経を刺激して初めて痛みを感じます。

虫歯の原因「プラーク(歯垢)」

ミュータンス菌やラクトバチルス菌のような虫歯の原因菌により、食べカスなどを栄養として増殖した細菌の塊を「プラーク(歯垢)」と言います。歯を指や爪などでさわるとネバりを感じることがありますが、このネバっとした物体がプラークです。

歯の正しいケアをしていればプラークは除去できるのですが、歯みがきの仕方によってはプラークが除去しきれず、歯に定着して硬くなってしまいます。このプラークが硬くなった状態が歯石です。歯石になったプラークは歯みがきでは簡単に除去できず、虫歯が進行しやすい環境を作り出してしまうのです。

虫歯の原因菌「ミュータンス菌」と「ラクトバチルス菌」

それでは代表的な2つの虫歯菌について見ていきましょう。

虫歯菌の代表、虫歯をつくる「ミュータンス菌」

虫歯菌として代表的なのは、「ミュータンス菌」と呼ばれている菌です。ミュータンス菌はプラーク(歯垢)となって歯の表面に付着し、糖分を栄養分に繁殖して酸を作り、歯を溶かしていきます。「甘いものを食べると虫歯になる」と言われているのは、ミュータンス菌が糖分を栄養に繁殖するためです。

また、ミュータンス菌の特徴として、一度口に入ると完全な除去が困難であることが挙げられます。そのためミュータンス菌の数を減らすことが、虫歯予防にとって効果的です。

虫歯を進行させる「ラクトバチルス菌」

「ラクトバチルス菌」は、ミュータンス菌と異なり歯の表面に付着することはできません。この菌は、ミュータンス菌によって削られた歯の部分に入り込み、虫歯の進行を促進します。

痛みがないため虫歯に気がつかなかったり、虫歯があることを知っていても痛みがないからと放置しておいたりすると、このラクトバチルス菌の働きによって虫歯がどんどん進行してしまうのです。

ラクトバチルス菌は、菌自体で歯に付着することができないため、口が清潔な状態で、ミュータンス菌がなければ口の中には存在できないことになります。

虫歯菌の感染しやすい時期と経路

私たちの体には良い働きをする菌も含めてさまざまな菌が存在していますが、虫歯菌は後天的なもので、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在していません。虫歯菌はいつ、どこからくるのでしょうか。

虫歯菌に感染しやすい時期は1歳後半〜2歳後半頃

虫歯の代表的な原因菌であるミュータンス菌は歯の表面に付着するため、生まれたばかりの歯が生えていない赤ちゃんの口の中には存在しません。人間の一生のうち最もミュータンス菌に感染しやすい時期は、歯が生え始める1歳後半〜歯が生えそろう2歳後半と言われており、歯科などではこの時期を「感染の窓」などと呼んだりしています。

この月齢は口の中の細菌バランスがまだ整っておらず、一度菌が口に入り込むとミュータンス菌が大量に増殖してしまいます。一方、口の中の細菌バランスが整う3歳以降になると、口の中でさまざまな菌の割合が決まってくるので、もともと割合的に低いミュータンス菌が口に入っても、口の中で増殖しにくく、成長過程や大人になっても虫歯になりにくい口の状態をつくることができると言われているのです。

人からうつるミュータンス菌

このようにもともと体に存在しないミュータンス菌は、どこからくるのでしょうか。感染経路はズバリ、ミュータンス菌を保有している人です。ミュータンス菌を持っている人が食べたものをそのまま食べたり、唾液が付着したスプーンで食事を与えたり、口移しで食べ物をあげたりすることで感染してしまいます。

虫歯菌の感染・繁殖を防ぐ方法

虫歯を予防するためには、まず歯に付着してしまうミュータンス菌の数を増やさないこと、虫歯を進行させるラクトバチルス菌を除去することがポイントとなります。そのためには正しい歯みがきが基本です。他には、下記のような方法も虫歯菌の感染・増殖防止に効果的です。

歯へのフッ素散布

幼児期の歯にフッ素を塗布すると良い、と聞いたことはありませんか?口の中の細菌バランスを決める幼少期の歯にフッ素を塗布することで、ミュータンス菌の付着を防ぐことができます。フッ素配合の歯みがき粉なども有効です。

水分の摂取・噛む回数を増やす

水分をこまめに摂取すると歯の表面の菌が流されやすくなり、菌の定着や除去に効果的です。この時に注意したいのが、糖分が入っていない水分を摂取すること。糖分はミュータンス菌の栄養分となり、糖分が入った水分は逆に菌増殖の原因となってしまいます。

同様に口の中の唾液量が増える咀嚼(そしゃく)回数を多くすることも効果的です。唾液が、口の中の菌を定着しにくい環境にしてくれます。

フロスを使用する

歯と歯の間には隙間があります。細菌はその隙間に入り込んでしまうため、歯を磨くだけでは除去できず、そのすきまに定着・増殖した菌がプラーク(歯垢)の原因となってしまいます。デンタルフロスを利用し、歯と歯のすきまに入り込んだカスや菌を、きちんと除去するようにしましょう。

歯科で定期検診を受ける

虫歯予防には予防歯科が大切ですが、セルフケアではどうしても限界があります。半年に一度程度、歯科で定期検診を受け、プロケアや適切なアドバイスを受けると良いでしょう。歯科医を選ぶ際には予防歯科に力をいれているかどうか、ホームページなどでチェックしてみましょう。

虫歯の予防にはセルフとプロの総合的なケアが大切

虫歯は主にミュータンス菌の付着による歯の溶解によって起こり、ラクトバチルス菌によって進行が促がされます。虫歯菌が歯にどのように作用し何が原因で繁殖してしまうのかを把握しておけば、虫歯を予防するための適切なセルフケアや予防処置を行うことができます。

セルフケアが大切なのはもちろんですが、自己流では限界もあります。定期的に歯科でのプロケアを受け、歯の状態に応じた適切なセルフケアのアドバイスを受けるようにしましょう。

一度虫歯になってしまったら、元にもどすことはできません。虫歯を予防し歯の健康をキープするためには、虫歯菌の知識とセルフケア、そしてプロによる処置とアドバイスなど、総合的なケアが大切です。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

アクアポート歯科

出典:http://www.aquaportdental.com/

電話番号 045-910-3418
住所 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-25-1 ノースポート・モール5F
アクセス 横浜市営地下鉄 センター北駅 徒歩1分
診療時間 【月〜日・祝】10:00~20:00
※最終受付は19:30となっております。
※混雑状況等により受付を早めに締め切る場合がございます。ご来院の前にご連絡ください。
※予約制
休診日 年中無休
URL http://www.aquaportdental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る