初期虫歯が治ることもあるフッ素塗布の予防上のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フッ素塗布には虫歯を予防するはたらきがあり、お子様の歯を虫歯から守るために検討している親御様が多くいらっしゃいます。また、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布を行うことで治るケースもあると言われています。フッ素塗布が歯を虫歯から守る仕組み、フッ素塗布の安全性のほか、具体的な処置の流れやその費用について、歯科サプリ編集部がお届けします。

予防歯科とフッ素塗布

フッ素を歯に塗布することで、虫歯予防の効果を期待することができます。小児期の子どもに行われる事が多く、定期的な検診やシーラント処置と並んで、小児歯科における予防の中心的な役割を担っています。お子様に最初の歯が生え始めた段階から具体的な予防の取り組みをスタートさせることができますが、フッ素塗布は親御様にぜひ検討していただきたい予防処置のひとつです。

フッ素塗布が虫歯の予防に有効な理由

食事のたびに、歯にはカルシウムなどのミネラル成分が溶け出す「脱灰」が起こりますが、唾液の作用によって表面の再石灰化が進むことで健康な状態を保っています。なんらかの理由によって、この再石灰化が十分に行われなくなると、虫歯になりやすくなってしまいますが、フッ素はこの再石灰化のサイクルを助けるはたらきがあります。唾液のなかにフッ素イオンが存在していることで再石灰化が促され、歯の表面のエナメル質の小さなダメージが修復されやすくなります。フッ素塗布が虫歯の予防に効果があるとされるのは、このような歯が治る仕組みのおかげです。

虫歯菌の活動を抑える働きも

フッ素塗布によるメリットは、歯の表面の再石灰化を促すだけではありません。フッ素には虫歯菌そのものの活動を弱める作用があります。虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯質が徐々に侵される感染症ですが、フッ素を塗布することで虫歯菌の活動が弱まり、歯質を侵す酸の量も抑制されます。このような点もフッ素塗布を行うべき大きな理由のひとつです。

安全して利用できる予防処置

お子様の虫歯予防のためにフッ素塗布を検討している親御様のなかには、フッ素の安全性を心配される方も少なくありません。フッ素には毒性があることが知られていますが、単体では存在することができないため、フッ化物として河川や土壌内、動物の体内などに存在しています。歯科医院で使用されるのも、このフッ化物です。フッ化物にはフッ素のような毒性はなく、使用量や使用方法を誤らなければ人の身体に影響を与えるものではありません。そのため、虫歯予防を目的として歯科医院で塗布を受ける場合には、安全なものであるということができます。フッ素の安全性に不安を感じている方も、安心してお子様にフッ素塗布を行っていただきたいと思います。

フッ素塗布の具体的な方法

フッ素の塗布は歯科医院で受けることができます。小児歯科の歯科医院のなかには無料でフッ素塗布を行ってくれるところも珍しくありません。フッ素塗布をお考えの方は、受診する歯科医院がフッ素塗布に対応しているかどうか、事前に確認しておくとよいでしょう。

3~6ヶ月に1回のペースで実施

フッ素塗布は1回だけ行って終了するものではありません。定期的にフッ素塗布を行うことで予防効果を維持します。多くの場合、フッ素塗布は3~6ヶ月に1回のペースで行うようアドバイスされます。お口の健康維持のために定期検診を受けている場合には、検診の際にフッ素塗布を受けることで、通院の負担を軽減することができます。小さなお子様の場合、フッ素塗布の開始は最初の歯が生えた時期から可能です。乳歯が生え揃うころからフッ素塗布を含めた予防に取り組む親御様もいらっしゃいます。

フッ素剤のさまざまな塗布方法

実際にフッ素塗布を行う場合には、まずお口全体のクリーニングを実施します。歯の表面をきれいにしてからフッ素塗布を行うことで、フッ素が歯の表面により多く取り込まれます。塗布方法は歯科医院によってさまざまです。1本1本の歯に綿棒などを使って直接塗布する方法や、フッ素剤を入れたマウスピースを装着する方法、イオンの力を利用して歯にイオンを付着させる方法などがあります。塗布後は飲食、うがいなどができないため、注意が必要です。

フッ素塗布の気になる費用

フッ素塗布は予防目的で行われる処置であるため、虫歯の有無や本数、年齢によっては保険適用となる場合がありますが、原則として自費診療です。したがってフッ素塗布の費用は歯科医院によって異なります。小さなお子様の場合には数百円から千円程度であることがほとんどです。お住いの自治体によっては、フッ素塗布の費用に補助金が出る場合もありますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

セルフケア用品を活用して行うフッ素塗布

フッ素塗布は自宅でも行うことができます。歯科医院で使用されるフッ素は高濃度フッ素ですが、家庭用の歯磨き粉をフッ素入りのものにすることで、自宅でも手軽にフッ素塗布を行うことが可能です。ジェルタイプのものやフッ素を配合した洗口剤も市販されています。これらのケア用品を活用することで、予防効果を高めることができます。

フッ素塗布で治ることもある初期虫歯

症状が初期にとどまっている虫歯の治療では、歯を削らずに症状の改善をはかる場合があります。そのような場合にもフッ素塗布が行われます。

高濃度フッ素のはたらきで再石灰化を促進

小さなお子様の歯は歯質が弱く、虫歯になりやすい傾向があります。しかし、治療を嫌がってしまうお子様も多く、歯の切削などを伴う治療が困難なケースも少なくありません。そのような場合には、高濃度フッ素の塗布を行うことで虫歯の進行を抑える処置が検討されることがあります。症状があまり進行していない初期虫歯に有効であるとされ、再石灰化が進むことで虫歯が治ることもあります。

予防の中心はホームケアと定期検診

フッ素塗布はお子様の虫歯予防に効果を期待することができます。しかし、フッ素塗布を行っていれば虫歯にならないというわけではありません。予防の取り組みのなかで、もっとも大きな役割を担うのは毎日のブラッシングです。ご家庭で親御様がしっかりと仕上げ磨きを行い、フッ素塗布でさらに予防効果を高めるという考え方に立ってフッ素塗布を活用することが大事です。また、フッ素塗布であらゆる虫歯が治るわけではありません。フッ素塗布の効果を過信することなくホームケアや定期検診にもしっかり取り組んでいただきたいと思います。

虫歯の予防効果をさらに高めるために利用したいフッ素塗布

フッ素塗布は虫歯予防に大きな効果を期待することができる処置です。歯の再石灰化を促す作用があるため、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治ることもあるほどです。自費診療で数ヶ月に一度、フッ素塗布を行う場合も、数百円から千円程度と費用が大きくないため、手軽に利用することができます。

また、一般的なフッ素塗布で使用されるフッ化物は人体に悪影響を及ぼすものではありません、正しい方法でフッ素塗布を行うことで大きなメリットを得られます。歯質が弱い小さなお子様の予防の取り組みにも積極的に取り入れていただきたいと思います。毎日のブラッシングや定期検診にフッ素塗布を加えることで、予防効果をさらに高めることができます。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

駒込歯科クリニック

出典:http://www.komagome-dc.com/

電話番号 03-5842-1717
住所 東京都北区田端3-8-9 コンシェリア駒込ANNEX1F
アクセス JR山手線 駒込駅 徒歩5分
診療時間 【平日】9:00~13:00/14:30~19:00
【土曜】9:00~13:00/14:00~17:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.komagome-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る