虫歯が欠けるとどんな治療が必要になる?治療法と対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯が進行すると、痛みが増すだけではなく、欠けるリスクも高まります。虫歯になると、虫歯菌により歯のエナメル質が侵食され、次第にもろくなり、欠けやすくなってしまうのです。歯が欠けたときは、詰め物や被せ物で治療を受ける必要があります。今回は、虫歯が欠けるときの治療法や虫歯の進行を抑える対策法について、歯科サプリがお届けします。

虫歯ができる原因とメカニズム

虫歯が欠ける前に対処するために、虫歯がどのようにできるのか、毎日の生活習慣の中にある原因と虫歯が作られるメカニズムを理解しましょう。原因とメカニズムを知れば、毎日の歯の手入れに力が入り、虫歯の進行を抑えられるはずです。

虫歯が作られるメカニズム

虫歯は、ミュータンス菌とラクトバチルス菌という、二つの虫歯菌によって作られます。虫歯菌は、歯に残った食べカスや歯垢を分解して取り出した糖を餌にして増殖し、糖を摂取すると酸を発生させます。歯はエナメル質で酸に弱いため、菌が増殖して酸が発生し続けると、次第に溶けてしまいます。歯が溶けると歯に空洞ができ、菌がさらに付着しやすくなり、次々と歯が侵食されていきます。一度虫歯ができると、適切な手入れをしない限り、虫歯菌がどんどん増殖して歯が侵食される負のスパイラルができてしまうのです。

虫歯菌が増殖しやすくなる原因

虫歯菌は糖を餌に増殖するため、口の中に糖を含む食べカスがあると、虫歯ができやすくなります。甘いものやジュースをよく摂取する、ダラダラと間食することが多いという方は、無意識のうちに虫歯菌に糖の餌を与え続けているのです。また、歯磨きに時間をかけず、口の中がスッキリした時点で歯磨きを終えてしまうと、歯垢が歯に残り、虫歯菌が増殖する原因になります。このように、毎日の食生活や歯磨きの習慣が虫歯菌が増殖する原因となっているため、虫歯の進行を抑えるためには、毎日の習慣を改善しなければいけないのです。

虫歯の進行段階と症状

虫歯は進行の度合いによってCO~C4の5つの段階に分けられます。虫歯は進行するにつれて、歯がもろくなり、欠けやすくなるのです。もし、虫歯が欠けることがあったら、歯医者ではどのような治療が施されるのでしょうか。まずは、虫歯の5つの段階を解説します。

虫歯の自覚症状がない段階

COは、虫歯の初期段階で、歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌が発生させる酸によって溶かされ始めています。見た目は溝が茶色く変色したり、白く濁った色になりますが、自覚症状はありません。再石灰化の治療で虫歯の進行を抑えることが可能です。COが進行すると、C1という段階に入ります。C1は、エナメル質がさらに侵食され、小さな穴が開き始めます。この段階でも痛みやしみるといった症状は現れません。

虫歯の自覚症状が出始める段階

C2になると、冷たいものを摂取した時にしみるようになります。歯のエナメル質の下には象牙質というものがあるのですが、虫歯が象牙質まで達すると、刺激を受けやすくなるのです。C2の段階が進行すると、甘いものや温かいものを摂取しただけでしみるようになります。

虫歯の痛みがピークになる段階

C3は歯の奥深くにある歯髄にまで虫歯が達した状態です。この段階になると、歯髄が炎症を起こし、次第に激しい痛みを生じるようになります。温かいものを摂取するだけで痛みを感じるため、食事をするのが困難になることもあるのです。

虫歯が末期状態になる段階

C4になると痛みは感じなくなりますが、歯髄が細菌によって死滅し、歯は根元部分しか存在しなくなります。C4の状態を放置すると、歯茎に膿ができたり、細菌が顎にまで達して顎が腫れ上がり、抜歯せざるを得なくなることもあります。

虫歯で歯が欠ける場合の治療法

虫歯で歯が欠ける時は、虫歯の進行度合いによって治療法が異なります。欠けた部分が少ない場合は被せ物をして補填をし、虫歯菌による侵食が多い場合は削ったのち、歯冠修復治療という治療を行います。歯が欠けた状態を放置すると、虫歯菌が増殖し続けるため、虫歯の進行を抑えるように治療を行うのです。

虫歯の状態がC1〜C2の場合

C1、C2の状態の虫歯で歯が欠けている場合は、詰め物で穴を補填します。治療は、患部に穴を開け、金属とプラスチックを詰めて完成です。治療費はどのようなものを詰めるかで変わり、一番安いプラスチックなら保険適用で1,000円から、金属なら2,000円から治療を受けられます。セラミックはプラスチック、金属より値段が高くなりますが、元の歯の色に合わせやすく、より自然な見た目に仕上げられるという点や、耐久性が強いというメリットがあります。

欠けた部分が大きい場合

虫歯が欠けた部分が大きい場合は、被せ物で補填します。この場合は、被せ物に合わせて歯を削るので、歯本体が少なくなり、虫歯が再発した場合は抜歯をする必要があるのです。被せ物に使われるのは、保険適用で銀、適用外で金、セラミックと種類があり、値段が高いほど耐久性は強くなります。

虫歯が欠けるのを防ぐ対策方法

虫歯が欠けるのは、虫歯菌によるエナメル質の侵食が進むことが原因です。虫歯菌の活動を抑えて虫歯の進行を食い止めることで、虫歯が欠けるのを予防しましょう。毎日の食習慣、歯磨き習慣に加えて、定期的に歯医者で検診を受けると、虫歯の進行が抑えられます。

甘いものの摂取を控える

虫歯菌は糖を餌に増殖するので、糖の摂取を控えて餌を与えないようにしましょう。甘いものやジュースを頻繁に摂取する人は、少しずつ量を少なくして、摂取を控えるようにしてください。甘いものの代わりにキシリトールガムを噛むのがおすすめです。ガムを噛むと、唾液が分泌され、虫歯菌によって酸性に傾いた口内を中性化し、虫歯菌の増殖を防ぐ効果が期待できます。飲み物は、ミネラルウォーターや糖分を含まないお茶などを摂取しましょう。

歯磨きはフッ素配合の歯磨き粉で丁寧に

フッ素には、虫歯菌の活動と増殖を抑える働きがあります。フッ素配合の歯磨き粉で歯を1本ずつ丁寧に磨きましょう。歯磨き粉は泡立つことで口の中がスッキリしますが、歯を全部磨き終わるまではすすがないようにしてください。また、すすぎは軽めにして、フッ素を洗い流さないようにしましょう。

食後はできるだけ早めに歯磨き

食後は、口の中に糖がある状態、つまり虫歯菌の餌が豊富にある状態です。できるだけ早めに歯磨きをして、口の中を清潔にしましょう。歯磨きをする時間がない、という方はうがい薬を使用して口の中を洗浄してください。マウスウォッシュは、アルコール成分が含まれているものが多く、虫歯に刺激を与えるので控えるべきです。

虫歯が欠けるのを防ぐ習慣

今回は虫歯が欠けた場合の治療法を中心に、虫歯について解説しました。虫歯が欠けて治療を受ける前に、欠けないように毎日歯をいたわることが大切です。虫歯菌を増殖させないように食習慣を改善、歯垢を残さないように丁寧な歯磨きを心がけるだけでも、虫歯の進行を抑えられます。もし虫歯が欠けた場合は、虫歯の進行度合いによって治療が異なるので、あらかじめ自分の虫歯の状態がどの段階なのか、定期検診を受けて把握することも大切です。また、虫歯が欠けた時の治療は、どのような素材を使って欠けた部分をカバーするかで治療費が変わります。素材の耐久性も大事ですが、まずは自分の予算内で治療できるかどうか、担当医と相談して決めましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

山の手デンタルオフィス田町三田

電話番号 03-6400-6480 ※電話受付時間は火曜日〜土曜日の診療時間内になります。
住所 東京都港区芝4-12-1 グランシャリオ1F
アクセス JR山手線 田町駅 西口(三田口) 徒歩3分
診療時間 【月・水・土】9:30~19:30
【火】8:00~19:30
【木・金】9:30~21:00
【日】9:30~15:00
休診日 祝日
URL http://yamanotedent.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る