口の中の出血は虫歯が原因?考えられる原因と治療法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんは普段歯を磨いた後のうがいした水に血が混ざっていたり、歯ブラシに血が付いていたりしたことはありませんか?

口の中からの出血はたとえそれが少量であっても気になるものですよね。歯医者になかなか通うことができず、虫歯を長年放置してしまっている場合は当然悪くなっている箇所から出血することもありえます。

しかし口の中からの出血には他にもさまざまな原因が考えられるのです。そこで今回は、口の中から出血した時に考えられる原因と治療法について、歯科サプリ編集部がお届します。

 

虫歯から出血?口の中の出血で考えられる原因

口の中の出血は歯を磨いた時に気づきやすいものですが、それ以外にも痛みを伴う出血や、痛みも何もないのに気付いたら血が出ているなんてこともあります。実は口の中での出血には単に虫歯が悪化した箇所から血が出ているケースばかりでなく他にもさまざまな原因があるのです。

そこで最初に、口の中で出血がおこった時に考えられる原因について紹介していきます。

原因その1 虫歯の浸食が歯茎まで達している

虫歯の治療を放置していると、虫歯菌による浸食が歯茎にまで達してしまい出血する場合があります。この段階の歯の状態はおそらく虫歯によって大きく穴が空いてしまっている状態です。虫歯菌が歯茎の中まで侵入してしまうと、歯の神経を破壊して根っこの部分は細菌のたまり場を作ってしまいます。たまった細菌はやがて骨を溶かし出血を伴うようになります。

原因その2 歯周病による出血

歯を磨いた時に気づく出血の原因の多くはこの歯周病です。歯周病は簡単に説明すると歯茎が炎症を起こしている状態です。その炎症した部分に歯ブラシが当たることで出血してしまうのですね。実は虫歯が進行して出血してしまっているような状態の時には、同時に歯周病も発症しているケースが非常に多いのです。

原因その3 詰めものや被せものがあっていない

治療箇所の詰めものや被せものがあっていない場合はその部分から出血することもあります。その原因は詰めものや被せものが歯茎を圧迫してしまっているからです。このような場合は圧迫されている歯茎部分は慢性的な炎症をおこしていることも考えられるので、すぐに歯科医に診てもらう必要があります。

原因その4 歯になにか詰まっている

歯茎や歯の間になにかが詰まっている場合も、詰まっているものが歯茎を傷付けてしまい炎症を引き起こすことがあります。詰まっているものを放置してしまうと、そこから細菌が増殖し出血や口臭、虫歯の原因となってしまうのですぐに取り除く必要があります。

原因その5 体調不良 

体調が優れないときには、体の免疫力が低下しやすいので歯周病菌などに抵抗できなくなった歯茎が炎症を起こし出血することもあります。免疫力が下がってしまう原因としては、寝不足や過度のストレスや疲れ、風邪などが考えられます。普段から健康管理には気をつけましょう。

虫歯から出血している時に疑うべきは慢性増殖性歯髄炎

虫歯を放置し続けると虫歯菌が歯茎にまで侵入してしまい、その結果炎症を引き起こし出血する場合があることは説明したとおりです。おそらくこの場合の虫歯は大きな穴となっており痛みも伴うので、本人には自覚症状がはっきりとあるはずです。しかし虫歯が原因となって出血している場合でも、痛みがそれほどないので自覚症状を感じにくく、多くの人が放置してしまいがちな症状というのがあります。

それが「慢性増殖性歯髄炎」と呼ばれる症状です。それではこの慢性増殖性歯髄炎とはどのような症状なのかについて詳しく紹介していきます。

慢性増殖性歯髄炎とは?

慢性増殖性歯髄炎とは、虫歯菌によって刺激を受け続けた歯の内部の歯髄が膨らんでくる症状のことです。奥歯などにできやすく、虫歯によってできてしまった穴の奥からまるで歯茎が盛り上がってきているように見えるのが特徴です。

比較的若い人に多くみられる症状であり、虫歯が進行してぽっかりと大きな穴が空いていたとしても痛みが無いことも多いです。しかし食事や歯磨きの際にこの盛り上がった歯髄部分に食べものや歯ブラシが触れたりすると痛みや出血を伴うことがあります。慢性増殖性歯髄炎の進行具合をまとめると以下のようになります。

慢性増殖性歯髄炎の進行具合

進行その1
奥歯の歯の噛み合わせ箇所によくみられます。初期段階では他の虫歯と同じようにあまり痛みはなく、冷たいものを飲んだり食べたりした時にしみる程度ですがほとんど症状はありません。

進行その2
たまに痛くなったり、冷たいものがしみたりすることはありますがそれほど激しい痛みを感じることはないので、自覚症状のないままどんどん虫歯の症状は進行し深くなっていきます。

進行その3
やがて虫歯が神経に到達してしまいますが、それでも痛みを感じないので放置されてしまうケースがほとんどです。

最終段階
最終的には虫歯によって空いた穴から腫れあがった歯髄が見えるようになります。食事や歯磨きの際に、この腫れた歯髄に食べものや歯ブラシが触れることによって激痛を感じたり、出血が起きたりすることがあるのです。

慢性増殖性歯髄炎の治療法

自覚症状がないので多くの人が放置してしまいがちである慢性増殖性歯髄炎ですが、出血してしまうまで進行してしまった場合は歯科医ではどのような治療を行うのでしょうか?それでは慢性増殖性歯髄炎の治療方法について解説します。

歯科医で行う慢性増殖性歯髄炎の治療法とは?

歯科医による慢性増殖性歯髄炎の治療法は、基本的には虫歯が歯髄まで進行してしまっている場合と同じような治療を行います。それでは治療の過程を順追って説明します。

治療その1
慢性増殖性歯髄炎は本人に痛みがないケースがほとんどですが、残された歯の神経は当然痛みを感じるのでまずは麻酔を行います。

治療その2
ポリープ状に腫れあがっている歯髄部分を切除します。

治療その3
歯の内部の神経を取り除く。大人の場合は一般的には歯の根っこの先まで神経を取ってしまいますが、子供の場合には神経を残すこともあります。

治療その4
神経を取ってしまった部分を綺麗に洗浄して、再び感染しないように薬を詰めて根管内を封鎖します。これを何度か繰り返して、根管が完全に綺麗になったら神経を取り除いたスペースに詰めものを入れます。

治療その5
出血するほどの慢性増殖性歯髄炎の場合は、とても大きな虫歯となっている場合がほとんどです。穴が空いている部分にはしっかりと詰めものや被せものをして噛み合わせの力から保護します。

以上が歯科医で行う慢性増殖性歯髄炎の治療方法です。痛みがないために進行が進みやすい慢性増殖性歯髄炎ですが、なるべく早期に治療を行うことが体や歯の健康のためにも大切ですよ。

虫歯から出血している時にはすぐに歯科医に相談

口の中から出血している場合に考えられる主な原因などについて詳しく紹介してきました。みなさんの出血のケースにもあてはまるものがあったのではないでしょうか。

虫歯が進行し歯茎まで達してしまっている場合の出血は、そうなる前に痛みがあるはずなので早い段階で治療を受けることで防ぐことができます。しかし今回紹介した慢性増殖性歯髄炎の場合は、虫歯が進行したとしても痛みを感じることがほとんどないので多くの人が放置してしまい、治療の開始が遅れてしまうということが珍しくない症状です。

治療の開始が遅れれば遅れるほど、虫歯部分は大きくなるので治療をしても元の形を取り戻すことが困難になります。そのため慢性増殖性歯髄炎の発見が遅れると最悪の場合、歯を失うことになるかもしれません。冷たいものがしみる、痛みはないけど虫歯によって空いた穴があるといった場合にはすぐに歯科医に相談することが大切です。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

谷在家歯科医院

出典:http://www.yazaike-dc.com/

電話番号 03-3899-9942
住所 東京都足立区谷在家1-23-11 WIZビル201号
アクセス 日暮里・舎人ライナー 谷在家駅 東口 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~19:00
【土曜】10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.yazaike-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る