親知らずの概要と矯正歯科における親知らずの治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人によっては放っておくと強烈な痛みを伴う「親知らず」。親知らずには「生えてきたらすぐに抜くべき」という意見もあれば、「無理して抜かなくてもいい」という意見もあります。そもそも、親知らずとはどういったもので、抜歯する基準等はあるのでしょうか。

この記事では、それらについて、矯正歯科における治療内容もふまえつつ、わかりやすい解説を歯科サプリ編集部がお届けします。

親知らずの概要

そもそも親知らずとはどういった歯を指すのでしょうか。ここでは、親知らずの概要とそのデメリットについて解説していきます。

親知らずとは何か

親知らずとは、大人の奥歯のもっとも後ろに生えてくる歯のことで、永久歯の中でも最後に生え揃います。人の永久歯はおおむね15歳までに生え揃いますが、親知らずだけは10代前半~20代前半に遅れて生えてくるのが一般的です。

また、親知らずは上あごの左右と下あごの左右計4本あるのが普通です。ただ、親知らずは大人になってもまったく生えてこない人、4本中3本未満しか生えてこない人、完全には生え切らず1/2程度で成長が止まる人など、その発生や成長に個人差があります。なお、親知らずが生えてこないからといって、それが日常生活に支障をきたすことはありません。

親知らずのデメリット

親知らずがあってもなくても、歯や口腔内が健康であれば問題はありません。ただ、親知らずはそのまま放置しておくと以下のようなデメリットを発生させる恐れがあります。

  • 炎症
  • 親知らずは他の歯を押しのけて無理に生えてくることがあります。そうした親知らずは周りの歯茎や歯を傷つけ、炎症を起こしてしまうことがあるのです。

  • 虫歯、歯周病、口臭
  • 親知らずはとても奥にあるため、歯ブラシが届かないケースも珍しくありません。そのため、歯垢がたまりやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因になってしまいます。

  • 歯並びの悪化
  • 親知らずが他の歯を押しのけることによって、歯並びが悪化してしまいます。また、押しのけられた歯はそのまま溶けてしまうケースもあります。

  • 顎関節症や骨折
  • 親知らずが適切な位置に生えてこないと、噛み合わせが悪くなって顎に負担がかかり、結果として顎関節症になってしまうことがあります。また、親知らずが生えきらず深い部分に埋まった状態だと、何らかの衝撃が加わったときに顎が骨折してしまうケースも珍しくありません。

親知らずを抜歯する基準

親知らずは生えてくるだけでデメリットが発生するわけではありません。抜かなくても大丈夫な親知らずもあります。ここからは、抜歯した方がよい親知らずの基準、そして抜かなくてもよい親知らずの基準について解説していきます。

抜歯した方がよいケース1:親知らずが虫歯や痛み等の原因になっている場合

先に解説した通り、親知らずは他の歯に比べて磨きにくいため、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。もし、親知らずが原因で虫歯になってしまったり、親知らず自体が虫歯になってしまったり、炎症を起こして痛みを伴ったりしている場合は、速やかに抜歯した方がよいでしょう。

抜歯した方がよいケース2:生える向きがおかしい場合

通常、歯は真上もしくは真下に生えるものです。しかし、親知らずは人によって横や斜めに生えることも多く、それが周りの歯や歯茎を圧迫して炎症や痛みの原因になってしまうケースがあります。親知らずの生える向きが明らかにおかしい場合は、痛みや炎症が出ていなくても、抜歯した方がよいでしょう。

抜歯した方がよいケース3:いつも食べカスや歯垢が溜まっている場合

繰り返しになりますが、親知らずは歯の中でもっとも磨きにくい場所です。そのため、食べカスや歯垢が溜まり、それが炎症や口臭の原因になるケースも多々あります。食事中に食べ物が親知らずにいつも挟まってしまうという人は、抜歯しておいた方がよいでしょう。

抜歯しなくてよいケース1:キレイに生えている場合

親知らずが左右上下各1本ずつキレイに生え揃っている場合は、無理して抜歯する必要はありません。キレイに生えている親知らずは、曲がって生えているものに比べて歯磨きもしやすいので、毎日丁寧に磨いてあげるようにしましょう。

抜歯しなくて方がよいケース2:骨の中に完全に埋まっている場合

親知らずは存在していても、生えてこずに骨にそのまま埋まっている場合もあります。もし、それによって何らかのトラブルが発生していないのであれば、抜歯する必要は特にないでしょう。

矯正歯科における親知らずの治療

ここからは、矯正歯科における親知らずの治療やその扱いについて解説していきます。

歯科医院によって親知らずの治療は方針が異なりますが、共通しているのは、

  • トラブルが発生していれば基本的に抜歯になる
  • 場合によっては矯正歯科の治療に利用する

のふたつです。

まず、親知らずが虫歯や口臭、痛みの原因になっている場合は抜歯する必要があります。また、明らかに生え方がおかしく、今は症状が出ていないものの、将来的には悪影響が予想される場合も抜歯が適用になるでしょう。なお、抜歯は矯正歯科ではなく一般歯科や口腔外科でも行っているので、無理して矯正歯科で受ける必要はありません。むしろ、親知らずが歯の神経などに深く影響を及ぼしている場合や、親知らずが顎の骨の深くに存在している場合は、口腔内の外科手術を専門としている口腔外科を受診した方がよいでしょう。

次に、親知らずを矯正歯科の治療で利用するケースについてです。親知らずより手前にある歯が何らかの理由ですでにない場合、親知らずを移動させ、その歯の代わりに噛み合わせに参加させることもあります。また、手前の歯がある場合でも、親知らずをまっすぐに矯正できるようであれば、親知らず自体を矯正することもあります。

なお、歯科医院によっては「親知らずは百害あって一利なし」「抜歯しても日常生活にまったく支障はない」とする施設もあるため、治療の際は自分が納得できるまでしっかりと説明を受けておきましょう。

親知らずはトラブルになる前に抜歯

親知らずはそのままキレイに生えてくれれば何の問題もありませんが、そうでないケースが大半です。

生え方がおかしく虫歯や痛みの原因になってしまうことも多いでしょう。明らかに生え方がおかしい場合や、いつも親知らずに食べ物が挟まってしまう場合は、できるだけ早く抜歯した方が得策です。もちろん、それぞれの親知らずがまっすぐキレイに生え揃っていたり、そもそも骨の中にあって表面に出てきていかなったりする場合は無理に抜歯する必要歯ありません。

矯正歯科における親知らずの治療は、「抜歯」もしくは「親知らずを利用して噛み合わせを改善」のふたつがメインですが、抜歯の場合は矯正歯科でなくても対応可能です。もし、すでに親知らずによって神経がかなり傷んでいる場合などは、口腔外科への受診も検討してみるとよいでしょう。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

オリーブ歯科・矯正歯科 MARK IS みなとみらい店

出典:http://olive-dc.ne.jp/clinic5.html

電話番号 045-226-4618
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 地下4F
アクセス みなとみらい線 みなとみらい駅 徒歩1分
診療時間 【月〜日】10:00~14:00/16:00~20:00
休診日 祝日
URL http://olive-dc.ne.jp/clinic5.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る