マウスピースで噛み合わせ治療?知っておきたいマウスピース矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんは噛み合わせに違和感を覚えたり、噛み合わせが悪くて顎が疲れたりしたことはないでしょうか。実は噛み合わせというのは非常に重要な働きがあります。上顎の歯と下顎の歯がしっかりと噛み合うことはお口の健康を守るうえで欠かすことができません。噛み合わせをしっかりと安定させるために必要なのが矯正治療や補綴治療です。今回はマウスピースで噛み合わせの改善が望める矯正治療について、歯科サプリ編集部がお届けいたします。

噛み合わせが変わる原因

皆さんは噛み合わせがどのような原因で変化するかご存知でしょうか。噛み合わせというのは毎日の生活の習慣や話し方の癖、歯の大きさや顎の大きさなど、さまざまな要素で変化することが知られています。
噛み合わせが変わる原因について詳しくご紹介いたします。

習慣で噛み合わせが変わる

噛み合わせが変わる原因の一つとして知られているのが毎日の習慣です。人間には無意識にしてしまう習慣があり、この習慣が原因で噛み合わせが大きく変化することが知られています。例えば話し方の癖でサ行の発音に異常がある場合には前歯が飛び出してしまうことがありますし、口を動かす癖や歯軋りの有無などで歯並びやかみ合わせは日々変化していきます。

このような毎日の生活の習慣はなかなか簡単に取り除くことができないので、習慣によって歯並びが大きく変わってしまって最終的に噛み合わせにも影響が出てしまい、お口のトラブルにつながってしまう可能性があるのです。

顔の発育も重要

歯並びや噛み合わせで大切なものは習慣以外にも生まれつきの顔の発育が非常に重要視されます。上顎や下顎の成長が不足していたり、逆に成長が過度になっていたりすると出っ歯や受け口などのトラブルが起こりやすくなり、その場合しっかりと治療を施さなければ歯並びに異常が出てきてしまう可能性があります。成長途中の顔の発育を補正するには小児期からの矯正治療を欠かすことができません。顎の発育が問題なく行われるように手助けをする治療を行うこともできるので、もしもお子さんの歯並びが気になる場合には矯正専門の歯医者に相談するといいでしょう。

歯並びは顎の発育だけでなく、歯の大きさや生えてくる方向によっても大きく変わってくることがあります。このような影響を排除するためにも、歯並びと噛み合わせに問題がないかどうか、しっかりとこまめに確認するように心がけましょう。

マウスピースを使った矯正治療

矯正歯科ではワイヤーを使用した治療を中心に行われていますが、最近では矯正の治療が徐々に変わりつつあり、ワイヤーだけでなく、透明なマウスピースを歯に取り付けて矯正治療ができるようになってきました。ここではマウスピース矯正とメリットとデメリットについて紹介します。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正というのはマウスピースを使って歯に力をかけ、時間をかけてゆっくりと調整していく矯正方法です。歯型を元にコンピューターで作成されたマウスピースを使用します。マウスピースの交換は1ヶ月に1〜2回程度です。矯正のためにブラケットを使ったエッジワイズ法などとは異なり、口内炎などの不快な症状や虫歯の発症リスクの低下など、その魅力は多岐に渡ります。透明なマウスピースなので、目立つことなく矯正治療が受けられるため、現在人気のある治療法です。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリットとしてあげられるのが手軽さです。マウスピースをはめ込むだけなので、簡単に矯正を始めることができます。透明なマウスピースを使うことでブラケットが外から目立つ心配もありません。

マウスピース矯正と同じように目立たない矯正として、舌側矯正がありますが、舌側矯正は歯の裏側に矯正装置を取り付けるので、どうしても舌に矯正装置が当たってしまい、口内炎が発症してしまうことがあり、生活に支障が出てしまう可能性を否定できません。マウスピース矯正で治療可能な症例が徐々に拡大し、現在多くの患者さんが矯正治療を受けられるようになっているので、興味がある方は歯医者に相談をしてみましょう。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正は歯並びの状態によっては治療を受けることができないケースがあります。マウスピースをはめるだけの矯正なので、歯に力をかけづらいような歯並びや、マウスピースがはめ込みにくいような歯並びの場合にはある程度ワイヤーを使ってマウスピースがはまりやすい状態になるまで歯を動かす必要があるので、すべての方がすぐに治療を受けられるというわけではありません。また、食事の時間を除き、常にマウスピースを取り付けていなくてはならないので、最初のうちは違和感があります。

マウスピース矯正の治療期間

マウスピース矯正では、上の歯のみ、下の歯のみ、上下の歯を動かすといったかたちで、部分的な治療が可能です。これに加えて、歯を動かす移動量や使用するマウスピースの種類によって期間が大きく影響されるため、患者さんごとに治療期間や費用にも大きなばらつきがあるのが実際です。しかも、ブラケット矯正とは異なり、マウスピース矯正の場合には患者さん自身でマウスピースを装着していただく必要があります。この協力がいかに仰げるのか否かによって治療期間には大きな違いが生じますが、前歯だけの部分的な矯正治療の期間は半年から1年ほどとお考えください。この期間中は、マウスピースを交換するために、2週間に1回程度の通院が必要になります。また、一度は矯正治療で動いた歯も、それを放置していれば、必ずもとに戻ろうとします。それを防ぐための「保定」が必要ですが、マウスピース矯正の場合は、このマウスピースをそのまま保定装置として使用するケースが多数にのぼります。

マウスピース矯正の費用

マウスピース矯正の場合は、治療を開始してから治療を終えるまでにいくつのマウスピースが必要になるかがが、変動する費用のポイントとなります。そのため、歯を動かすのに多数のマウスピースが必要になる場合は、その費用もおのずと高くなります。費用の目安としては、上下のいずれかのマウスピース矯正で30万円から40万円程度、上下両方のマウスピース矯正で60万円から80万円程度になります。さらに、マウスピース矯正で歯を動かす距離が大きな場合は、100万円から120万円とお考えください。

噛み合わせの改善のメリット

矯正によって噛み合わせが改善することで得られるのは、食べ物の噛みやすさだけではありません。噛み合わせを改善することでさまざまなメリットを享受することができます。実は噛み合わせの改善は、歯周病や虫歯などの改善に大きく貢献するといわれています。矯正治療を受けて噛み合わせを改善することのメリットについて詳しく紹介します。

噛み合わせの改善で病気を防ぐ

噛み合わせが改善することで得られるうれしい現象のひとつに、お口の病気の予防ができることがあげられます。歯周病や虫歯などの病気は歯に付着する歯垢という汚れが原因で発症するため、矯正治療を受けた後の、歯と歯の隙間が少ない歯並びでは汚れがたまりにくい分、清潔な状態を保ちやすくなります。矯正治療を受けると歯の見た目が綺麗になるだけでなく、病気の予防効果もあるというのはあまり知られていません。また、マウスピースをはめるだけの矯正治療は歯磨きがしやすいので、矯正中も矯正後もお口の中を清潔に保ちやすくなります。

噛み合わせを改善するマウスピース治療

マウスピース矯正は、歯並びによってはすぐに治療を受けられない可能性があるものの、お口にマウスピースをはめ込むだけで噛み合わせの改善を望める手軽さが大きな魅力です。また、使用するマウスピースは透明なので、目立ちにくいのも良い点といえます。そのほか、矯正治療を行うことで噛み合わせの改善が望めるだけでなく、虫歯や歯周病といった病気を予防することもできます。特に歯周病を予防できるのはお口の健康だけでなく全身の健康にもうれしいポイントです。マウスピースを使用した矯正治療に興味がある方は、是非歯医者と相談をしてみましょう。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

青山外苑矯正歯科

出典:http://www.aoyama-kyosei.jp/

電話番号 03-3404-0418
※初診相談は無料です。お気軽にご相談ください。
住所 東京都港区南青山2-26-37 VORT外苑前I8F
アクセス 東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a出口 徒歩0分
診療時間 【平日】10:00~20:00
【土曜】10:00~19:00
【日曜】10:00~18:00
休診日 水曜日・祝日
URL http://www.aoyama-kyosei.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る