スピーディーに歯列矯正を行うことが可能なセラミック矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

セラミック矯正は、一般的なワイヤー矯正やマウスピース矯正による歯列矯正とは異なった方法によって歯並びの改善をはかります。

スピーディーに治療を終えることができる反面、歯を大きく削る必要があるため、治療前にはそのメリットだけでなく注意点についてもよく理解する必要があります。若い世代から注目を集めるセラミック矯正について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

短期間で歯並びの改善を目指すことができるセラミック矯正

歯並びの乱れを改善するための歯列矯正には、いくつかの治療方法があります。

金属製の矯正装置を歯に取り付けて行うオーソドックスなワイヤー矯正のほか、マウスピースを取り付けて行う歯列矯正も診療の現場で採用されるケースが増えています。これらの治療方法は、いずれも専用の矯正装置を使用して行われる治療で、治療期間が長期にわたる場合がほとんどです。

口元の見た目のコンプレックスに悩む方も、治療期間の長さや目立ちやすい矯正装置に対して抵抗を感じてしまい、治療の開始に二の足を踏んでしまうことも少なくありません。そのような方から大きな注目を集めている歯列矯正の方法のひとつにセラミック矯正があります。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの一般的な矯正治療

一般的な歯列矯正では、顎の骨の上に並んでいる歯を適切な位置に移動させることによって歯並びを改善します。ワイヤー矯正では歯の表側や裏側にブラケットを取り付け、奥歯を起点にして歯に力をかけることで理想的な位置に少しずつ動かしていきます。顎の骨に歯が並びきるだけのスペースが不足している場合には、抜歯が行われるケースも珍しくありません。

マウスピース矯正では、状態に合わせて作られたマウスピースを定期的に付け替えながら、徐々に歯並びを整えていきます。これらの矯正方法に共通しているのは、歯の位置そのものを動かすことで歯並びの改善を目指すという点です。多くの場合、年単位の長期に及ぶ治療が必要となり、生活上の不便や継続的な通院などが負担に感じられてしまうことがあります。とくにワイヤー矯正は矯正装置が口元で目立ちやすいため、治療を受けることを敬遠される方も少なくありません。

矯正装置を使わないセラミック矯正

セラミック矯正は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正とは異なり、歯の位置を動かすことなく、歯並びの見た目を改善する歯列矯正です。「補綴矯正」ともいわれるセラミック矯正では、矯正装置を使用しません。歯を削ってセラミックの被せ物を取り付けることで美しく整った見た目の口元を実現していきます。

ワイヤー矯正やマウスピース矯正が数年にわたる治療期間や保定期間を必要とするのに対し、セラミック矯正はごく短期間で治療を終えて歯列矯正を実現させることが可能です。治療の範囲によっても異なりますが、短い場合には2ヶ月程度で歯並びを整えることができます。

また、ワイヤー矯正やマウスピース矯正のように歯の後戻りが起こらないため、治療期間後に保定期間を設定する必要がありません。歯に取り付ける被せ物は審美性にすぐれたセラミックを使用するため、天然歯が持つ自然な白さや透明感を追求することができます。

セラミック矯正の具体的な治療方法

セラミック矯正による歯列矯正は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正のように長期間にわたる定期的な通院や矯正装置の調整の必要がありません。虫歯の治療のように数回の通院で治療を終えることも可能です。スピーディーに歯列矯正を行いたい方に選択されるケースが多く見られますが、事前に治療の流れについて知ることが大事です。

セラミック矯正による治療の流れ

治療を行う場合には、歯や歯並びの状態を確認し、患者の希望なども踏まえて治療計画が設計されます。歯を削る範囲や被せ物の形状、色みなども事前に入念に検討されます。歯の切削を行ってから、セラミックの被せ物が完成するまでのあいだは仮歯が取り付けられますが、治療を開始したその日に仮歯の取り付けまでを行う歯科医院もあります。

また、歯並びの状態によっては、セラミックの被せ物を取り付ける前に歯の神経を取り除く抜髄や抜歯の処置が行われます。また、セラミック矯正を行う部分の歯に虫歯や破折、ひびなどがある場合には、セラミックの被せ物の土台となるファイバー製やレジン製のコアが作製される場合があります。

審美性や機能性にすぐれたセラミック素材の選択

セラミック矯正では、被せ物として使用する素材を幅広く選択することができます。メタルボンドは内部に金属製の土台を持つセラミックの被せ物です。自然な色みを備え、高い耐久性も期待することができます。

施術する場所の制限を受けにくいため、セラミック矯正でも使用される頻度の高い素材です。ジルコニアセラミックは天然歯と見分けがつかないほどの自然な見た目と高い強度を兼ね備えた素材です。治療費用はやや高額となりますが、満足度の高い治療結果を得やすいセラミックです。オールセラミックは素材全体がセラミックでできている被せ物です。変色が起こりにくく、表面に汚れも付きにくいため、治療後も長きにわたって美しい見た目の口元を保つことができます。

セラミックの被せ物は歯科技工士によって作製されます。歯の白さや歯並びの状態についての希望をしっかりと歯科医師に伝えて、理想の口元に近付けやすくなります。

セラミック矯正を受ける前に知っておきたい注意点

セラミック矯正はスピーディーかつ手軽に歯並びの改善をはかることができる治療方法です。しかし、治療を行う場合には健康な歯質を大きく削る必要があります。

削る歯は複数本にわたることが多いため、治療を受ける前には、本当にセラミック矯正が必要であるのかどうかについての慎重な検討が望まれます。また、セラミック矯正によって、噛み合わせが短期間のうちに大きく変化する場合があります。口元の見た目が美しくなっても、しっかり噛むことなどの歯の基本的な機能が損なわれることは避けたいものです。

治療を行う歯科医師に治療後の歯並びの状態のほか、噛み合わせの機能や清掃性の低下などのリスクがどの程度あるのかについてしっかりと相談することが大切です。

健康な歯を削ることのリスク

歯の治療の多くは不可逆的であり、一度削られた歯質を元の状態に戻すことは不可能です。歯は一度でも切削を行うと本来備わっていた丈夫さが失われて、寿命も短くなることがほとんどであるため、現在のお口の状態だけでなく、将来的なお口の健康状態も考慮して治療を検討すべきです。

セラミック矯正を受けるかどうか迷っている方は、ワイヤー矯正などの一般的な矯正治療を専門的に行っている歯科医院に足を運んでセカンドオピニオンを求めることもひとつの方法です。専門的な立場から、歯並びの状態を踏まえたアドバイスや適切な治療プランの案内を受けることが可能です。

大切なのは将来にわたるお口の健康

セラミックを使った歯列矯正は、治療期間が長期間に及ぶことが多いワイヤー矯正やマウスピース矯正よりもスピーディーに歯並びの改善をはかることができる治療方法です。矯正装置を使用する必要もないため、手軽な歯列矯正方法として注目を集めています。

セラミック矯正は歯そのものの位置を移動させる一般的な矯正治療とは異なり、歯の一部を削ってセラミックの被せ物を取り付けることで歯並びの見た目を整えていきます。しかし、歯を削ることで歯が弱くなってしまうリスクが高まるため、治療にあたっては口元の見た目の美しさだけでなく、将来的なお口の健康も視野に入れる必要があります。

セラミック矯正をお考えの方は、一度、矯正治療を専門的に行っている歯科医師にご相談ください。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

マーレ歯科クリニック

出典:http://www.mare-shika.com/

電話番号 046-252-3456
住所 神奈川県座間市さがみ野1-3-7
アクセス 相鉄本線 さがみ野駅 徒歩8分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:30~19:30
【土曜】8:00~12:00/13:00~17:00
【日曜】8:00~10:00/13:00~16:30
休診日 祝日
URL http://www.mare-shika.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る