歯列矯正をすると小顔になる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯列矯正をすると小顔になる」こういった話をどこかで聞いたことはありませんか?

結論から言うと、歯列矯正をすると小顔になるケースはあります。しかし、全員が全員歯列矯正をしたからといって小顔になるわけではありません。歯列矯正で小顔になる人とならない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?そもそも、一体どうして歯列矯正をすると顔が小さくなるのでしょうか?

この記事では、歯列矯正と小顔の関係、顔が大きくなる原因、そして実際に用いられている歯列矯正の方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

歯並びの歪みが顔の大きさに与える影響

歯列矯正をすると小顔になるということは、言い換えると歯並びが顔の大きさに影響を与えているということです。では、歯並びのどういった要素が顔の大きさに影響を与えているのでしょうか?

ここからは、歯並びや歯が顔の大きさに及ぼす影響について解説していきます。

噛み合わせが悪いと余計な筋肉がついてしまう

歯並びが悪いと、食事のときに歯に無駄な力がかかってしまいます。こうした状態が続くと口周りの筋肉が緊張・発達し、最終的にはエラの張ったような輪郭になってしまうのです。もちろん、エラが張っているのは骨格が原因の人もいますが、中には「ずっと骨格の問題と思っていたけど、実は筋肉の問題だった」という人もいます。歯並びが悪いと無駄な筋肉がつき、それが顔を大きく見せてしまうのです。

噛みグセがあるがある場合も余計な筋肉がついてしまう

食事のときに片方の歯だけで噛むようなクセがある人も、左右のバランスが崩れて余計な筋肉がつきがちです。このようなクセは、「片方の歯並びが悪くて噛みにくいから、もう片方のみで噛む」といった理由で作られることも珍しくありません。

歯並びが悪いと噛む回数が減り太りやすくなってしまう

これは間接的な要因ですが、歯並びが悪い人は食事のときに噛む回数が少ない傾向にあります。それによって満腹中枢がきちんと刺激されず、食べ過ぎにつながってしまうケースも少なくありません。

歯並びが悪い→噛む回数が減る→満腹中枢が刺激されない→食べ過ぎてしまう→太ってしまう→顔にも肉がついて大きくなる、というわけです。

小顔になるための歯列矯正

歯並びと顔の大きさにはどういった関係があるかはわかっていただけたでしょうか?歯並びの悪さが顔を大きく見せてしまう原因であるならば、その原因を取り除くために行われる治療が歯列矯正です。ここからは、実際に歯科医院で行われている歯列矯正の方法について解説していきます。

ワイヤー矯正

歯列矯正の中でもっとも代表的な方法です。ワイヤーを通した「ブラケット」と呼ばれる専用の矯正装置を歯の表側に装着して徐々に歯並びを整えていきます。この方法は歯列矯正効果が高いものの、一目見て「歯列矯正しているのがわかる」のが難点です。ただ、最近では目立たないようにブラケットを歯の裏側(=舌側)だけに装着する方法もあるので、見た目が気になる人はそちらを検討してみるとよいでしょう。

なお、ブラケットに用いられる素材は金属、セラミック、ジルコニアなどいくつか種類があります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着して矯正する方法です。この方法はワイヤー矯正と違ってパッと見ただけでは矯正していることはほぼわかりません。そのため、ワイヤー矯正に抵抗のある人におすすめです。

ただ、マウスピース矯正は大幅な歯列矯正には利用できないので、その点は気をつけてください。また、ワイヤーと違って自分で取り外しできるため、徹底した自己管理が求められます。

部分矯正

歯を抜歯したり、八重歯の隣にある歯を削ってスペースを作ったりする方法です。歯並びが乱れている部分が少ない場合に用いられます。例えば、「犬歯だけが八重歯になっている」という場合には部分矯正で十分に対応できるでしょう。

ただ、この方法もマウスピース矯正と同じく大幅な歯列矯正には対応できません。

歯並び以外に顔が大きくなる原因

ここまでは歯列矯正と顔の大きさの関係について解説してきました。しかし、顔が大きくなる原因はひとつではありません。以下のような原因に心当たりのある人は、歯列矯正をしても顔が小さくなる可能性は低いので気をつけてください。

むくみ

むくみとは、体内の水分が溜まって皮膚の下が膨らんでいる状態です。むくみはリンパや血液の流れが滞っているときに起こるため、歯並びは関係ありません。

むくみを解消するには、全身の血行を促進してくれる有酸素運動や顔周辺のマッサージなどが効果的です。また、ストレスや生活習慣が原因でむくんでしまうこともあるため、ストレスはなるべく溜めず、食事を中心とした生活習慣の改善にもつとめましょう。

脂肪

先ほど「歯並びの悪さは間接的に肥満の原因になっている」と解説しましたが、歯並びがよいのに太っている人の場合、歯並びは関係ありません。適度な運動、バランスのとれた食生活、質の高い睡眠を3本柱とし、ダイエットに励みましょう。

たるみ

人は年を重ねるとどうしても皮膚がたるんでしまいます。それによって、見た目的に「どこか輪郭がぼやけている」といった印象を与えてしまうこともあるでしょう。たるみは肥満によって皮膚が垂れ下がってしまうことも原因のひとつですが、その他にも紫外線、乾燥、睡眠不足といったものが老化に拍車をかけて発生してしまうケースが大半です。普段から紫外線対策や保湿を行い、睡眠時間をしっかり確保するようにしましょう。

歯列矯正をすると多くの人が実感できる小顔効果

歯並びが悪いと、余計な筋肉が口周りについてしまうため、顔が大きくなってしまうことがあります。「顔が大きい=生まれつきだから治らない」というわけではないのです。

特にエラが張っている人は、骨ではなく筋肉が発達しているため、そう見えているだけのケースがあります。また、歯並びが悪い人は噛む回数が少なくなりがちなので、それが間接的に「肥満」→「顔が大きくなる」というようにつながっている場合もあります。

歯列矯正にはワイヤー矯正、マウスピース矯正、部分矯正といった方法があり、それぞれ特徴が異なります。基本的に「矯正器具が目立つ方法ほど矯正効果は高い」ということを覚えておきましょう。マウスピース矯正は目立ちにくい矯正方法ですが、大幅な歯列矯正には適用できません。

その他、顔が大きくなってしまう原因は歯並びだけではありません。歯並びがよくても顔が大きいと感じてしまう人や、歯列矯正をしたのに顔が小さくならない人は、むくみやたるみ、肥満が原因の場合があります。規則正しい生活、節制した食事、適度な運動を心がけましょう。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

マーレ歯科クリニック登戸

出典:http://www.mare-shika.net/

電話番号 044-932-1188
住所 神奈川県川崎市多摩区中野島2325-1 いなげや1F
アクセス 小田急小田原線 登戸駅 徒歩17分
診療時間 【平日】9:00~13:00/14:30~19:30
【土・日】9:00~13:00/14:30~18:30
休診日 水曜日・祝日
URL http://www.mare-shika.net/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る