審美歯科で出っ歯は治せる!出っ歯を治す治療法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出っ歯は顔の印象を大きく変えうるものであり、出っ歯であることをコンプレックスに感じている方も多いのではないでしょうか。芸能人でも出っ歯を治療で治しているという人は多いようです。審美歯科を利用することで、出っ歯も治すことができるのです。出っ歯を治してきれいな歯並びを手に入れる方法について歯科サプリ編集部がお届けします。

出っ歯という状態

出っ歯とは医療用語で上顎前突ともいわれる状態です。主に、上の前歯が強く前に傾斜していたり上の歯並び全体が前に押し出されている状態であり、歯性と呼ばれます。他にも下の顎が小さかったり、下顎が極端に後ろにあることによって出っ歯に見える骨格性ということもあります。出っ歯になる原因はさまざまなことが考えられていますが、歯性である場合は幼少期の長期的な指しゃぶりや舌の癖で歯を前に押し出してしまっていたこと、骨格性である場合は、遺伝的な要素が強いとされています。

出っ歯であることはいけないこと?

出っ歯であることはもちろんダメなことではありません。しかし、出っ歯であることはいくつかのリスクを背負うことになります。

まず1つ目はケガをしやすいということです。歯が前に出ているため、一般的な歯並びの人よりも自分の歯で唇を傷つける可能性は大いにあります。また、物にあたる、ぶつかるという衝撃で歯が出ていない人よりもケガをしやすいことが明確になっています。特に、明らかに歯が出ている出っ歯の人は、そうでない人よりもケガをするリスクが2倍はあるとされています。

2つ目は口を閉じにくいことによるリスクです。歯が出ていることで口を閉じにくくなるということが報告されており、それに伴い、口呼吸となる人が多いそうです。口呼吸になることによって口腔内の唾液量が減り、口の中が乾燥してしまうため虫歯や歯周病になりやすいのです。

3つ目に噛み合わせの悪さです。前に歯が突出しているため、前歯でものを噛むときのかみ合わせが悪いという人が多いようです。これらのリスクは出っ歯である人が自覚していることが少ないのが現状です。見た目だけでなく、機能的なリスクがある出っ歯は、治すに越したことはありません。

出っ歯の治療方法

出っ歯の治療方法には主に2種類の治療が取り入れられています。その治療方法と特徴についてご紹介します。

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法とは歯を全体的に削り、その上からセラミックでできたかぶせ物をすることによって治療をする方法です。歯性である場合に用いられることが多くなります。約2週間ごとに通院し、治療を行います。まずは歯を削ってサイズを測り、型取りをして仮歯を作成します。セラミッククラウンには色合いがさまざまあるため、自分のもとの歯と照らし合わせながら歯の色を決定していきます。これらの作業は約1時間で終了します。その後再通院し、出来上がったセラミッククラウンの装着、型取りを行いセラミッククラウンをはめて終了となります。

セラミッククラウンの色が自分の歯より明らかに浮いてしまう場合は、ホワイトニングなども併行して行い、色味を近づけていく場合もあります。また、セラミッククラウンが出来上がるまでは仮歯を使用します。

セラミッククラウン法によるメリット・デメリットとは?

セラミッククラウン法を行うメリットは歯の色や白さを思い通りにでき、美しい歯に仕上げることができるというところにあります。

色、形を思い通りにできることから審美性も高く、審美歯科の代表格ともいえるでしょう。歯を出して笑うことに抵抗があった、仕事や日常生活において人と接することが多いという人に選ばれる傾向のある治療法です。また、セラミックの材質は陶器と同じであるため、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けることができます。歯肉となじみやすいため、周辺の歯に影響を及ぼすことも少なく、腫れや出血を伴うこともほとんどありません。治療のために歯科に通う回数も少なく短期間で出っ歯を矯正できるというところがメリットです。

一方、デメリットとして最も大きいのは費用です。保険適応外となることが多く、治療費用が高額になる傾向にあります。治療費に関してはそれぞれの歯科で決めているため、治療前に問い合わせてみると良いでしょう。また、審美歯科という分野になるため、行っている歯科が少ないということもデメリットです。さらに、セラミッククラウン法は適応外となる人もいます。セラミックは乳歯にかぶせることができないため、高校生以下の場合は受けることができません。また、重度の歯周病がある場合や麻酔や鎮痛剤でアレルギーを起こした経験のある方も受けられません。治療を受けられる人が限られているという所がデメリットとなると考えられます。

歯列矯正

歯列矯正とは歯に特殊な装置を取り付け、時間をかけてゆっくりと歯を移動させることによって出っ歯を矯正するという方法です。骨格性である場合に行われることの多い治療法です。歯に器具をつけ、その間にワイヤーを通して行う治療が多いです。治療の流れとしてはカウンセリングを行って歯の状態を見てから、プラークコントロールを行います。治療器具が入ると歯磨きがしにくくなるためです。その後、口全体のレントゲン写真をとったり歯型をとるなどして細かいサイズの採寸を行い、矯正器具を挿入し治療が開始されます。約1~2ヶ月ごとに通院し、歯の状態を見せたりワイヤーの調整を行ったりします。ワイヤー治療の平均治療年数は2~3年とされ、治療後もメンテナンスなどで定期的な通院が求められます。

歯列矯正のメリット・デメリット

歯列矯正のメリットは骨格からしっかりと治していくことができるため、治療後は多くの場合永年的に綺麗な歯並びが維持されるということです。また、自分の歯を削るということもないため、歯そのものに傷はつきません。さらに、年齢を問わずどの年齢でも受けることができるので、小学生や中学生も治療ができます。審美歯科の分野であるものの、多くの歯科で実施されている治療法です。審美歯科でなくても矯正をしている歯科に行けば受け入れてもらえるため、治療を受けやすい所がメリットです。

デメリットは、痛みを伴うということです。歯を少しずつ動かしているのですから当然痛みはでてきます。そのため、治療当初は痛み止めを飲まないと治療が継続できないという人もいるようです。また、治療期間が長いこともデメリットとなります。さらに、治療器具が見えてしまうため治療を受けている数年は今まで以上に口を開けたくなくなってしまう方が多いのも事実です。治療中は装置をつけているため歯ブラシをするのも難しくなります。歯のお掃除に関しては歯科の定期検診で行ってもらうことができるものの、歯磨きがしにくくなることをデメリットと感じている人は多いようです。

出っ歯を治して見た目や機能を改善

出っ歯を治すということは見た目だけでなく歯が本来持つ機能を改善し、自分の身体を守ることにもつながります。治療をすることで自分が気付いていなかった状態に気付くことができるかもしれません。

出っ歯が治せる歯科は治療法によります。その治療法によって歯科を選択するということが必要となります。近年では虫歯治療だけでなく矯正などを使用して歯をきれいに見せるという治療を専門とする歯科や審美歯科も増えてきているため、選択肢の幅もぐんと広がっています。

出っ歯が気になる方、改善したいけれど迷っているという方は一度歯科に治療の相談をしてみてはいかがでしょうか。そして自分にぴったりな治療法、歯科を見つけてみてください。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

おおこし歯科クリニック

出典:http://www.0054.info/

電話番号 03-5336-0390
住所 東京都杉並区西荻南2-21-4 B102
アクセス JR中央線 西荻窪駅 徒歩4分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~18:00
【土曜】10:00~13:00/14:30~18:00
※完全予約制
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.0054.info/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る