歯列矯正に使われるリテーナーとは?目的や種類、費用や注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯列矯正は歯並びが整ったら終わり」と考えている人もいますが、実はその後も歯を固定して「保定」と呼ばれるメンテナンスを行う必要があります。その保定をするために使用されるのが、今回紹介する「リテーナー」という装置です。

この記事では、歯列矯正後に重要な役割を果たしているリテーナーについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

リテーナーの概要と種類

そもそも、リテーナーとは一体どういうものなのでしょうか?また、リテーナーにはどんな種類があるのでしょうか?ここからは、リテーナーの概要と種類について解説していきます。

リテーナーの概要

リテーナーとは、矯正治療で歯の移動が終わったあと、移動し終わった歯が動かないように固定する装置のことです。

リテーナーは矯正装置と違って歯を動かすのではなく、歯を固定するための装置なので取り付けることによる痛みはありません。矯正した直後の歯はまだしっかりと固定されておらず不安定です。そのまま放っておくと、どんどんまた元の歯並びに戻ってしまうでしょう。

そのため、歯列矯正とリテーナーは切っても切れない関係なのです。よっぽど軽微な歯列矯正でない限り、治療後はほぼ100%リテーナーを設置することになります。

リテーナーの種類

リテーナーには、取り外し可能な「可動式」と、取り外し不可の「固定式」の2タイプがあります。

可動式タイプはさらに「プレート」と「マウスピース」の2タイプにわかれますが、歯を固定する力はプレートタイプの方が上です。プレートタイプはワイヤーとプレートを用いて歯を固定し、マウスピースタイプはマウスピースのように歯にそのままはめるようにして固定します。

一方、固定式タイプは歯の裏面にワイヤーを設置することによって固定するため、可動式タイプよりも固定する力は上です。ただ、可動式と違って自分で取り外すことができないため、汚れがたまらないようにしっかりとメンテナンスすることが求められます。

リテーナーの使用期間と注意点

ここからは、リテーナーの使用期間と使用する際の注意点についてみていきましょう。

最低使用期間は歯列矯正と同じくらい

リテーナーの使用期間には個人差がありますが、一般的には1~3年ほどと言われています。

使用期間を大きく左右するのは「患者の歯列矯正にどれくらい時間がかかったか?」という点で、例えば1年で歯列矯正を終えた人はリテーナーを使用するのも1年ぐらいになる、といった具合です。この期間は24時間ずっとリテーナーをつけておく必要があるでしょう。

ただ、これはあくまで「最低の使用期間」であり、3年たったからといってリテーナーをつけなくてよい、というわけではありません。というのも、人の歯には生活の中で絶え間なく何らかの負荷がかかっており、リテーナーを外すとどうしても動いてしまうからです。

そのため、もし「歯列矯正後も一生ずっとキレイな歯並びでいたい!」というのであれば、最低試用期間が終わった後は就寝中だけでもリテーナーをつけるようにしましょう。

リテーナーを使用する際の注意点

リテーナーを使用する際は、以下の3つに気をつけてください。

1:自己判断で外さない
リテーナーをしている人によくありがちなのは自分で「もう固定できたみたいだし、大丈夫だろう」と思って外すことです。歯は一見しっかり固定できたように見えても、実は不安定でまだまだ固定が必要なケースもあります。固定式であればこういった心配はありませんが、可動式を使用する場合は気をつけてください。矯正の結果を無駄にしないためにも、必ず医師の指示に従いましょう。

2:キレイに保つ
可動式の場合は、取り外したときにしっかり洗浄してリテーナーをキレイに保つようにしましょう。また、固定式の場合は、リテーナーがあることによって普通の歯に比べ磨きにくくなります。丁寧なブラッシングを心がけましょう。

3:なるべく効果の高いものを使う
歯を固定する力が強いのは、固定式>可動式(プレート)>可動式(マウスピース)の順番です。マウスピースタイプはもっとも目立ちにくいものの、後戻り防止を優先するのであれば固定式をおすすめします。

リテーナーにかかる費用

リテーナーにかかる費用は3~5万円が一般的です。

歯科医院によって差が大きいため、事前に必ず確認しておくようにしましょう。料金は基本的に目立つ固定式タイプの方が安く、目立ちにくい可動式タイプの方が高くなっています。目立つタイプの方が歯を固定する効果は高いため、自分が優先しているのが「歯の固定」なのか「見た目」なのかでどのタイプを選ぶかは変わってくるでしょう。矯正歯科の治療は先天的なものが原因でない限り、基本的には全額自己負担なので慎重に検討してください。

場合によっては、「1年目の不安定な時期は固定式、2年目は安定してきたから可動式」といったように使い分けてもよいでしょう。ちなみに、歯科医院によってはリテーナーの料金が歯列矯正の料金に含まれている場合もあります。この点に関しても事前確認が必要です。

そのほか、歯列矯正の中には歯並びをキレイにしたい部分をピンポイントで削ってセラミックをかぶせる「セラミック矯正」という方法もあります。この方法であればリテーナーをする必要もないので、軽微な歯列矯正であればこうした方法を検討してみるのもよいでしょう。

リテーナーは歯列矯正後のサポートに欠かせない装置

リテーナーとは、歯列矯正の後に取り付ける装置で、矯正で移動させた不安定な歯を固定する働きがあります。

リテーナーをしていないと、せっかくキレイになった歯並びも時間が経つにつれ後戻りしてしまうので、歯列矯正後は、ほぼすべてのケースでリテーナーの装着が必須です。最低でも自分が歯列矯正に要した期間と同じくらいの期間(1~3年)は24時間装着しておく必要があるでしょう。また、ずっとキレイな歯並びを維持したければ、目安となる期間が経過した後も就寝中はリテーナーを装着しておくことをおすすめします。

リテーナーの種類には「固定式」と「可動式(プレートタイプ、マウスピースタイプ)」があり、歯を固定する効果は固定式の方が上ですが、目立ちにくさや使い勝手の良さは可動式に分があります。また、費用も歯科医院によってさまざまです。そのため、リテーナー選びは自分の中にある優先順位(例:見た目、歯並びの維持)をはっきりさせてから行うとよいでしょう。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 九州編

サトウ・ヤスナガ矯正歯科

出典:http://www.sato.or.jp/

電話番号 092-731-0649
住所 福岡県福岡市中央区渡辺通5-14-10 サトウビル3F
アクセス 西鉄天神大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩5分
診療時間 【平日】10:00~18:00(夜間診療日のみ:10:00~21:00)
※受付時間 10:00~17:00(夜間診療日のみ:14:00~20:00)
休診日 毎週木曜日・一部の土曜日・日曜日
URL http://www.sato.or.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る