審美歯科での治療に後悔?その理由は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

審美歯科で治療を受けたことありますか?審美歯科は、より美しい歯で快適に過ごすための一歩進んだ治療を行っています。

では、歯科とは何が違うのでしょうか。受けられる内容に違いはあるのでしょうか?また、審美歯科と言えば高額なイメージがありますが、保険は効くのか、安全なのか、後悔することはないのかなどについて知りたくないですか?

 
審美歯科での治療内容や、高額な治療を後悔なく成功させるためのポイントについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科と一般歯科の違い

一般歯科とは

一般歯科とは、街の歯医者さんで診療している場合が多く、むし歯や歯周病の治療、差し歯の作成などを行います。保険診療が対象の治療というイメージがありますが、差し歯や歯の詰め物で使用する素材によっては、自費診療になる場合もあります。

歯周病の治療には、
・歯石などを除去するスケーリング
・むし歯予防などのために行うブラッシング
・歯の汚れやシミを取り除くクリーニング
なども含まれます。

歯科での診療科目では他に小児歯科・口腔外科・矯正歯科も

・小児歯科
成長発育期の子どもを専門とした、歯の予防・保険指導・治療を行う歯科です。

・口腔外科
顎顔面領域のけがや、炎症、腫瘍などの外科に近いものから、歯槽膿漏や口臭症などの内科的疾患の治療も行います。

・矯正歯科
悪い歯並びをきれいに治す治療を行う歯科のことです。成長期の子供に適切な発育を促すものと、審美的な効果を求めるものがあります。

審美歯科とは

審美歯科とは、歯を白くしたり、歯並びを整えたりすることで、歯の美しさを追求するための治療のことです。治療とは言うものの、疾患があるわけではないため、自費診療です。そのため、高額な費用がかかる場合が多いです。

自由診療のため、同じ施術内容でも、病院によって費用が異なります。後々他の病院を調べると相場より高い治療費で後悔、ということのないように、事前にいくつかの病院の公式サイトなどで確認をしておきましょう。

審美歯科のドクターはどんな資格のドクター?

審美歯科のドクターも、一般歯科と同じように、歯科医です。そのため、むし歯の治療なども行うことが可能です。例えば、ホワイトニングを行う前の検査でむし歯が見つかった場合など、歯科医がいるので先に治療を行うことも基本的には可能です。

つまり、審美歯科のドクターは審美歯科医という名前のドクターではなく、一般歯科と同じように、歯科医です。

日本歯科審美学会

審美歯科医というドクターがいないことで、審美歯科に関する専門性はあるのか疑問に思いませんか?歯科医らで組織される学会の一つに、日本歯科審美学会という学会がありますが、そこでは認定医制度を導入していて、医師によっては登録している場合があります。公式サイトでは認定を受けているドクターの名前や、どのような分野が専門分野で得意なのかなどを調べることができます。

審美歯科で受けられる治療

ホワイトニング

ホワイトニングとは、単に歯についた汚れを落とすだけでなく、歯の表面の色を自然に明るく変えていく技術です。歯にホワイトニング剤を塗ったりさらに光を当てたりします。

ホワイトニングは永続性があるものではないため、定期的に繰り返し行う必要があります。ケアを行うことで、ホワイトニングのもちは長くなります。早い時期に元の色に戻って後悔、という事がないよう日頃からケアを行いましょう。

インプラント

インプラントとは、歯がなくなってしまった場所に人工の歯根を手術で入れて、その上に歯冠をかぶせる治療法のことです。保険診療の差し歯と比べると審美性が高いため、保険適用外です。相場は1本30万円~と、非常に高額な治療ですが、清潔にケアを行わないと炎症などのトラブルがおきて再度高額な治療が必要になってしまうケースもあります。

セラミック差し歯

セラミック差し歯は、インプラント程高額ではありませんが、審美性が高い治療方法です。自分の歯の上に陶器であるセラミックをかぶせます。セラミック自体はインプラントにも用いられることもありますが、セラミック差し歯の場合、歯根を入れる必要がないため、インプラントと比べると費用の負担は少なく済みます。それでも1本10万円前後といわれており、決して安くはありません。

歯列矯正

歯科で行う歯列矯正が数年かけて行う場合が多いのに対し、審美歯科で行う矯正は比較的短期間で行います。1本だけ飛び出ている歯にセラミック差し歯をかぶせて歯並びをきれいにする方法や、外科手術を用いる場合もあります。

審美歯科で治療をうけて後悔しないためのポイント

保険が効かなかった

審美歯科で治療を行う場合、疾患に対して治療を行う訳ではないため、基本的には保険適用外です。ローンを組むことができる場合も多いですが、後々まで支払いが続くことはお財布に痛手なので、事前にしっかりと確認することが大切です。

インプラント治療後に炎症?

インプラント治療を行った人は、自身の歯よりも炎症を起こしやすい場合が多いため、気を付けて清潔に保たなければいけません。特に、歯肉は、インプラント周囲炎という炎症を起こしやすい状態がずっと続きます。インプラント周囲炎は放っておくと歯根を支えているあごの骨まで広がって、最悪骨が溶けてしまうこともあるのです。

インプラント周囲炎の原因となりやすいのが、歯垢や喫煙です。特にたばこは、インプラント治療を行う際に、医師から注意がある場合が多いですが、ついつい吸ってしまうことで、インプラント周囲炎が悪化し、気づいたときには遅かった、ということにもなりかねません。

前歯をオールセラミックにしたけど見た目に違和感

審美的な目的で前歯をオールセラミックにした結果、見た目に違和感があり後悔、という人も中にはいます。治療を受ける前に、サンプルの写真などを見る機会があるはずなので、口元の写真だけでなく顔全体が写った写真を確認すれば、認識の差は少なく済むので失敗する確率は少なくなります。

できるだけ後悔をしないためには

審美歯科は保険診療と比べるとかなり高額な診療費であるにもかかわらず、後悔してしまう人も中にはいます。そうならないためには、事前の情報収集が大切です。インターネットでの情報収集もできますし、施術前に歯科医や歯科衛生士の説明を聞き、治療内容を正しく理解するようにしましょう。

満足できる審美歯科での治療を行い美しい歯

今回は、審美歯科での治療内容や、一般歯科との違いなどについてご説明してきました。一般歯科での治療は疾病に対して行うものがほとんどであるため、保険適用となる場合が多いのですが、審美歯科での治療に疾病は存在せず、ほぼ自由診療となります。一般歯科のドクターも審美歯科のドクターも同じ歯科医であり、治療できる内容は同じです。審美歯科を行っている医師の中には、日本歯科審美学会の認定を受けている場合もあります。

審美歯科では主にホワイトニング・インプラント・セラミック差し歯・歯列矯正等を行っています。何れも審美目的なので保険は適用外です。特にホワイトニングやインプラントなど、長持ちしなかったり後々のケアが必要だったりする場合もあり、そのような点で後悔してしまう人も。後悔を少なくするためにも、事前の情報収集と医師の話をよく聞くことは必須です。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

曽我歯科医院三軒茶屋

電話番号 03-3412-2111
住所 東京都世田谷区上馬2-26-6 チサンマンション三軒茶屋第2-1F
アクセス 東急田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩7分
診療時間 [月・火・水]10:00~13:30/15:00~20:00(最終受付19:00)
[木]10:00~13:30/15:00~19:00(最終受付18:00)
[土・日]10:00~14:00/15:00~17:00(最終受付16:00)
※学会等のイレギュラー等場合は時間が変更することもございます。
休診日 金曜日・祝祭日
URL http://www.soga-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る