予防歯科をより効果的にするレントゲン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

予防歯科は、治療が必要となる前に適切な予防をすることで、健康な歯を保つことを目指します。予防歯科でのレントゲンの使用は効果的に予防対策をするうえでとても重要な役割を果たします。この分野でのレントゲン検査はなぜ重要なのでしょうか。また、予防歯科のレントゲンは安全なのでしょうか。

予防歯科におけるレントゲンの使用について、歯科サプリ編集部がお届けします。

レントゲンは予防歯科でも重要

レントゲンは、予防歯科でも重要であるといえる理由を取り上げてみましょう。

目視できない範囲を観察できる

まず、レントゲン撮影によって得られる画像によって、歯科医師が目視できないところを確認することができます。熟練した技術を持つ歯科医師でも、自分の目ですべての口内の状態を確認することは不可能です。レントゲン写真を参考にすることによって、歯と歯の間のすき間の部分がどうなっているのかなどの情報を容易に得ることができます。

経過を観察できる

さらに、定期的に検診を受けている歯科医院で予防歯科のためにレントゲン撮影をしているなら、それぞれの歯の状態の経過を細かく確認することができます。時間軸別のレントゲン写真を比較することで、状態の変化が把握できます。急いで治療をする必要があるのかどうか、治療における重要な決定を下すための助けになるでしょう。場合によっては経過を観察して、最善の治療法を用いることができる状態で治療した方がよいこともあります。

患者さんが歯の状態を理解できる

また、患者さんが歯の状態をビジュアル的に理解するのにレントゲン写真が助けになります。多くの歯科医院では、レントゲン写真を患者さんとコミュニケーションを取る際に使用しています。予防歯科の分野でもこの方法はとても実用的です。しっかりした予防をするためには、患者さん自身が自分の歯の状態を深く認識することが大切です。レントゲン写真を見ながら歯科医師の説明を聞くと、日々のお口のケアでどこを改善すべきであるのかを体得できるでしょう。歯の磨き方を改善するなど、予防意識が高まり、歯科医師が勧める予防歯科の方針に納得しやすくなります。

予防歯科のレントゲンの種類

では、予防歯科の際に用いるレントゲンの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

パノラマレントゲン

パノラマレントゲンとは、歯科医院のレントゲン室で撮影するレントゲンです。顔の周りをカメラが撮影しながらぐるっと1周回って、1枚のレントゲン写真フィルムに口内の状態をすべて映すことができる撮影方法で、予防歯科でもよく用いられます。撮影できる範囲は、歯だけでなく、歯を支える顎の骨の状態や顎関節の状態も入っており、広範囲で病変がないかどうかをチェックできます。

本来はU字型に並んでいる歯を一直線上に並んだ画像にするために、パノラマレントゲンの写真は歪みが生じてしまいます。そのため、本来の形や位置を正確に示すことができません。しかし、虫歯などの歯のトラブルを予防するために広い範囲を確認できるため、予防歯科での使用には適しています。

デンタルレントゲン

デンタルレントゲンは、歯科医院の診療台に備えられているか、レントゲン室で撮影します。1~3本の歯に焦点を合わせて撮影するため、口内のある部分の詳細な状態を観察する際によく用いられます。予防歯科でも、全体のおおまかな撮影をパノラマレントゲンで撮ったのちに、さらに詳しく診る必要のある歯の周辺をデンタルレントゲンで撮影するようなケースで使用されます。

また、デンタルレントゲンで口内のすべての歯をそれぞれ撮影し、予防歯科の段階ですべての歯の詳細な状態を把握するという方法が用いられることもあります。

歯科用CT

歯科用CTも予防歯科で用いられます。顎周辺をさまざまな角度からレントゲン撮影し、コンピューターで画像を解析します。パノラマレントゲンやデンタルレントゲンは平面画像しか取得できないのですが、歯科用CTでは立体的な情報を取得することが可能です。口内の立体的な構造をそのまま再現した写真を撮ることができるため、予防のための観察をするのにとても長けています。また、口内の断面の状態を再現した画像を作成することもできます。

予防歯科のレントゲンの安全性

予防歯科で使用するレントゲンの安全性はどうでしょうか。レントゲン撮影のために、少量の放射能を浴びることになります。気をつけるポイントがあるでしょうか。

レントゲンの放射能はごく少量

予防歯科で使用するレントゲンは、他の医療用レントゲンよりさらに少ない放射線量で撮影されます。使用箇所が歯と顎の周辺のみですから、身体全体を映し出すレントゲンよりさらに安全であるといえます。普通に生活しているだけでも放射線を浴びていますし、テレビや電子レンジからも放射線が出ています。飛行機に乗って上空にいる間にも数十枚分のレントゲン撮影に相当する放射線を浴びます。

また、食物にも放射線が含まれていることもあります。予防歯科のために数枚のレントゲン写真を撮るぐらいなら、生活の中で自然に受けている放射線と同じように、問題なく受け入れることができるでしょう。

レントゲン撮影で気をつけるポイント

妊娠中の女性やお子さんが予防歯科でレントゲンを受ける場合も、通常の予防歯科と同様に、心配することなくレントゲン撮影をすることができるでしょう。どうしても気になる場合は、レントゲン用の防護服を着用することができます。ほとんどの歯科医院では、歯科で使用するレントゲンの放射線量がごく微量であることもあり、防護服の用意をしていない場合が多いと思われます。

防護服を使いたい場合は、歯科医院に事前に問い合わせて、予防歯科のためにどんなレントゲンをどれくらい使用する予定なのかを尋ねてみましょう。その際に、防護服の有無を確認することもできます。

予防歯科をより効果的にするために欠かせないレントゲン

予防歯科をより効果的にするためにレントゲン撮影は欠かせません。歯科医師が目視で見えないところもレントゲン写真があれば、詳しく観察できます。通院のたびにレントゲンを撮っていれば、長期間の経過の記録を参照しながら治療方法を選択することもできます。患者さん自身も、画像で見ると自分の口内環境がどうなっているかがよく分かるでしょう。

また、予防歯科で主に使用するレントゲンは、パノラマレントゲン・デンタルレントゲン・歯科用CTで、それぞれの用途に応じて使い分けることができます。他の医療用レントゲンより範囲が小さいため、予防歯科でのレントゲンの安全性は、ほぼ心配する必要がない程度であるということも分かりました。

レントゲンを使った予防歯科で的確なオーラルケアをして、健康な歯を大切にしましょう。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

北大塚歯科

電話番号 03-3918-0576
住所 東京都豊島区北大塚2-29-8 西島ビル2階
アクセス JR山手線 大塚駅 北口 徒歩2分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:00~19:00
【土曜】10:00~13:00/14:00~17:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
URL http://www.otsukadental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る