予防歯科で行う歯石除去の効果と必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯をしっかりと磨いていても歯垢が残ってしまい歯石になってしまうことがあります。歯石になってしまうと、歯磨きで取り除くことは困難になります。歯石をそのままにしておくと歯周病や虫歯の原因になることが多いので、歯石はしっかりと取り除くことが大切です。予防歯科で歯石除去をすることの効果や歯石除去の方法など、予防歯科での歯石除去について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯垢と歯石

歯を磨いた時や爪などで触った時に、歯に白くてネバネバしたものが付着していることに気がつくことがありますが、これが歯垢と呼ばれるものです。歯垢といっても、その正体は垢ではなく細菌です。唾液の成分が歯を守るために透明な膜となって歯を覆うのですが、これに細菌が付着して、さらに食事の糖分を栄養源にして増殖をしてネバネバしたものが歯垢です。

歯垢の段階では歯磨きで取り除くことが可能ですが、歯磨きで除ききれなかった歯垢が唾液中のミネラルと結合して硬くなったものが歯石です。一旦歯石になってしまうと歯磨きだけでは取り除くことができず、予防歯科での除去が必要になってきます。

予防歯科の歯石除去の効果

歯磨きで除去することができない歯石は予防歯科で除去してもらうようにしなければなりません。予防歯科で行う歯石除去は、ただ歯をきれいにするということの他にも、いろいろな相乗効果があります。歯石を除去するとどういう効果があるのかを説明してみます。

歯周病予防効果

歯石そのものが歯周病の原因になるわけではありませんが、歯石はざらざらとしているので歯垢が溜まりやすくなります。そこから細菌が無増殖して毒素を出すので、歯肉の炎症が悪化していき、結果的に歯周病を起こしてしまうことになります。歯周病は心臓病や脳卒中などの合併症を起こす危険がありますので、歯石が溜まったら取り除いて歯周病になりにくい口内環境を作ることが大切です。

口臭予防効果

口臭の原因は口内の汚れや細菌である場合が多いです。歯石自体は口臭の原因にはなりませんが、ざらざらしているために歯垢が付着しやすい状態になっています。歯石除去を行うことで同時に歯垢や汚れも落とすことができるので、口臭を予防することにつながります。

歯茎の引き締め効果

歯石が付着した状態は汚れが溜まりやすい状態であり、歯茎の炎症が起こりやすくなります。歯茎がぶよぶよしている場合は、歯石が原因になっていることがあります。歯石を除去することで歯茎の腫れも治まり、引き締まった歯茎にすることができます。

歯のホワイトニング効果

歯石が付着している歯は黄色がかってくすんだ色になります。歯石除去をすることで、歯が本来持っている白さを取り戻すことができます。歯石除去をすると同時に、歯の汚れも落とすことができるので、歯石が付着している状態と比べると、明るく白い歯になります。

歯茎の出血予防

歯石が付着している歯は炎症を起こしやすく、出血しやすい状態になります。歯石除去によって出血することがありますが、少しずつ炎症も治まってきて出血も止まってきます。

予防歯科での歯石除去の方法

予防歯科で歯石を除去する場合、スケーリングという方法が行われます。スケーリングには歯石が付着している場所によって2つの種類に分けられます。

スケーリング

超音波の振動で歯石を破壊して除去していく方法です。柔らかい歯石は簡単に取り除くことができるので、定期的に除去することで歯石が原因の症状を防ぎ、きれいな状態の歯をキープすることができます。

ディープスケーリング

歯茎の中に付いてしまった歯石は、通常よりも細い器具を使用して、丁寧に取り除いていきます。この方法をディープスケーリングと呼びます。時間がかかるために、全ての歯石を一度で除去することはできません。何度かの通院が必要になります。歯と歯茎の隙間を歯周ポケットと言いますが、ディープスケーリングは4mmまでの歯周ポケットまでしか器具が届きません。歯周病が進んでいる場合の歯石除去は外科的な処置が必要になる場合もあります。

歯石の予防方法

歯垢が溜まると2日で歯石になってしまいます。歯石になってしまうと歯磨きで取り除くことは困難になりますので、歯石の予防は歯垢の段階で歯磨きにより取り除くことが必要です。そこで普段の歯磨きでどうすれば歯石を予防することができるのかを紹介します。

正しい歯磨き

正しい歯磨きをしないと、歯石の予防にならないだけでなく歯や歯茎を傷めてしまう場合もあります。一日に2回は時間をかけて丁寧に歯磨きをするようにしましょう。奥歯などは磨き残しが多いので、特に丁寧に行いたいです。歯磨きの方法がよくわからない場合は予防歯科で指導を受けることができますので、遠慮なく尋ねてみましょう。

電動歯ブラシの利用

電動歯ブラシは手で磨くよりも細かい動きをするので、歯垢を取り除くのに効果的です。歯と歯茎の間など、歯垢が溜まりやすいところも、手で磨くよりもきれいに取り除くことができます。

歯間ブラシの利用

歯間ブラシは、歯と歯の間の歯垢を取り除くためのケア用品です。歯と歯の間の歯垢は歯ブラシだけでは取り除くことが難しいことがあり、歯間ブラシを利用することで効果的に取り除くことができます。使用するときには歯茎を傷つけないように気をつけるようにしましょう。

歯間ブラシにはサイズがありますので、歯の隙間に合った歯間ブラシを選ぶようにしなければなりません。

デンタルフロスの利用

デンタルフロスは歯ブラシが当たりにくく歯石が溜まりやすい歯の隣接面のケア用品です。歯間ブラシを使うほど歯の隙間がない場合に使用することができます。デンタルフロスを利用するときも歯茎を傷つけてしまわないように注意しましょう。1日に1回、就寝前の利用が効果的です。

利用にはコツが必要なケア用品ですので、利用の仕方がわからない場合は、予防歯科に尋ねてみるといいでしょう。

健康な歯を長くキープする秘訣は予防歯科での歯石除去

健康な歯をキープするには歯石が溜まらないようにすることが一番です。歯石はどうしても付着してしまうものなので、予防歯科で定期的に除去してもらうようにすると、歯周病を防ぐこともできて、健康で美しい歯をキープしていくことができます。

歯科医院は歯の治療にだけ行くところではありません。予防歯科の考えでは、歯石除去はとても大切なことです。普段からしっかりと歯磨きなどのケアを行うと同時に、定期的に歯石除去をするために歯科医院を訪れることを習慣にしておきたいです。歯石は歯茎の奥に溜まってしまうと取り除くことが大変になりますので、そうなる前に歯石が溜まらないようにケアしていくようにしましょう。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

ラウレア歯科クリニック

出典:http://www.laulea-dc.com/

電話番号 048-951-3210
住所 埼玉県草加市中央2-2-17-2
アクセス 東武スカイツリーライン 草加駅 徒歩6分
診療時間 【平日】9:30〜13:00/14:30〜19:00
【土曜】9:30〜13:00/14:30〜18:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.laulea-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る