予防歯科で一生健康な歯に!予防歯科の基本と歯科医の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近耳にすることも多い「予防歯科」。興味はあるけれど実際どんなことをするのか分からない方も多いのではないでしょうか。
欧米など海外では80歳でも20本近くも自分の歯が残っている人が多いのに対し、日本人ではその半分以下のケースが多いということが分かっています。 病気同様歯のトラブルは、発生原因を予防することでトラブルを防止できます。予防歯科で適切なケアをしていれば、一生健康な歯をキープしやすい状態を作ることが可能です。
今回はそんな予防歯科について、そして予防歯科を受ける場合の「良い歯科医の選び方」について、歯科サプリ編集部がお届けします。

予防歯科の基本

最近よく耳にする予防歯科。まずはその基本と現状について見ていきましょう。

歯のトラブルを予防する予防歯科

虫歯や歯周病などの歯のトラブルは、なってしまう前にケアをすることでその大部分を予防することができます。予防歯科とは、このように「悪くなったら治す」のではなく、「悪くなる前にトラブルを防ぐ」こと。

歯のトラブルは病気の原因となったり前向きな気持ちになれないなど、毎日の生活の質を下げる原因になりかねません。そうならないように、歯のトラブルを予防する予防歯科が、今注目されています。

欧米では予防歯科が当たり前

欧米では歯科医院などで定期的に検診を受けることが以前から習慣化されています。2014年のライオン株式会社の調査では、アメリカでは1年間に平均で2回歯科検診を受けていたのに対し、日本では半数以上の人が一度も歯科検診を受けていないという結果が出ています。

欧米では歯の審美に対する意識が高いことに加え、例えばスウェーデンでは矯正を含む予防歯科が無料であるなど、国全体を挙げて予防治療が根付いています。また治療費が高額になることが多いアメリカでは「歯のトラブルは予防する」という意識が根付いているのです。

一方日本では歯科治療も手軽な費用で行うことができるため、これまで「悪くなってから治療する」と考えられることが多かったと言えます。しかし最近は日本でも、歯のトラブルと全身疾患や認知症との関係性が認知されるようになり、歯科予防が注目を集めています。

予防歯科のポイント

歯のトラブルを予防するためにはいくつか知っておくべきポイントがあります。予防歯科を考えるにあたって、押さえるべきポイントを確認していきましょう。

歯みがきでは細菌が除去しきれない

毎日歯を磨いていても、気がついたら虫歯になってしまっていたという経験はありませんか?どうしても自力のケアだけではみがけない部分が出てきてしまい、いわゆる「みがき残し」部分の細菌が悪い作用をしてしまうことになります。そのため毎日の歯磨きに加えて予防歯科による処置が、健康な歯を保つために大切なのです。

健康な歯を保つために重要なポイント

歯を健康に保つためには知っておいてほしいポイントがあります。

フッ素を歯に残す

フッ素は骨を作るために欠かせない成分で、歯のエナメル質の修復を促進したり、エナメル質を酸にとけにくく強くしてくれる働きを持っています。

歯垢(プラーク)を落として細菌を増やさない

「プラークコントロール」という言葉を聞いたことはありませんか?プラークとは歯垢のことで、1mgの歯垢には約2〜3億個もの細菌が存在すると言われています。この歯垢が虫歯・歯周病などの歯のトラブルの原因となります。

予防歯科の選び方と種類

これらのポイントを抑えて予防歯科を行う方法はさまざまありますが、大きく歯石除去やPMTCなど専門の器具を用いて歯科医で行う「プロケア」と、歯磨きやデンタルフロスなど自分で行う「セルフケア」の二つに分けられます。

プロケアによる予防歯科

まずは、プロケアの詳細を紹介します。

歯磨きで落ちない汚れをキレイにするPMTC

歯科医によるプロケアの代表的なケアの一つが、PMTC。PMTCとは、歯石や歯垢を専門器具で除去する治療で、プロフェッショナル(Professional)・メカニカル(Mechanical)・トゥース(Tooth)・クリーニング(Creaning)の略です。

歯みがきをしても落ちない細かい部分などをキレイにクリーニングすることで、トラブルの元となる細菌を落とし、口のトラブルを防止します。歯石を取るような強い刺激はなく、心地が良く治療後は口の中がさっぱりとします。費用は数千円〜20,000円程度とクリニックによって幅があります。

虫歯予防に効果があるフッ素塗布

フッ素は歯の表面のエナメル質を強くする成分で、歯科医院などで歯の表面にフッ素を塗布してもらうことで効果を発揮します。フッ素塗布は乳幼児の生えたてのまだ強くない歯に特に効果的ですが、大人の歯への塗布も有効です。特に歯周病などで歯茎がやせてしまうなど歯茎で覆われているはずのセメント質や象牙質が露出してしまった場合、フッ素を散布することで虫歯のリスクが下がると言われています。

1年に2〜4回、塗布を継続することで20〜40%の虫歯予防効果があると言われています。費用は1回500円程度のところが多く、気軽に受けることができます。

セルフケアによる予防歯科

続いてセルフケアの詳細を紹介します。

フッ素配合の歯みがき剤を使う

フッ素が配合された歯磨き粉はたくさん種類がありますが、ただみがくだけではフッ素の効果があまりありません。フッ素を歯に残すために、正しい用法でみがきましょう。3分を目安として、じっくり丁寧にみがき、1回だけ少量の水ですすぎます。

デンタルリンスで殺菌

歯磨きでみがききれない部分をカバーするデンタルリンス。液体なので、口に含ませることで口腔内の隅々を殺菌、歯をリンスでコートし菌がつきにくい状態を保つことができます。特に就寝前に行うことで、寝ている間に増殖しやすい虫歯の原因菌の繁殖を防いでくれる効果があります。

デンタルフロス

歯と歯茎の間の歯垢をダイレクトに除去することができるデンタルフロス。ライオン株式会社の調査によると、歯をみがいた後にデンタルフロスを使用すると、歯垢の除去率が約30%アップするという結果が出ています。

予防歯科の選び方は?

予防歯科はプロケアとセルフケアを両方しっかりと行っていくことが大切です。それではプロケアを検討する際、チェックすべきポイントについて見ていきましょう。

予防についてのコンセプトが明確

ホームページに予防についての方針が明記されているかどうかが、予防歯科を選ぶ時に参考にすべき一つのポイントと言えます。診療方針に、予防歯科について書かれているところが良いでしょう。

写真やレントゲンで経過観察を行う

虫歯を例に挙げると、写真による経過観察を行うことで「虫歯が進行中」なのか、あるいは「これ以上進行しないのか」を見極めることができ、虫歯だからといってむやみに削らず必要な処置だけを施すことができます。こういった診察方針をとっている歯科医はおすすめと言えます。

唾液検査を行っている

歯にまつわるトラブルの原因は、歯みがきだけではありません。歯みがきの指導はもちろんのこと、唾液検査を行うなど歯のトラブルの原因を徹底的に調べてくれる姿勢があることが、予防歯科を選ぶ際に大切なポイントとなります。

予防歯科で何歳になっても健康な歯をキープ

歯の健康は身体の健康そのものにも大きく関係するほか、審美的な面にでも他人が受ける印象に大きく影響します。

一度虫歯や歯周病になってしまうと元には戻せませんが、定期的にケアをしていくことで歯にまつわるトラブルを未然に防ぐことは可能です。欧米では当たり前のこの予防歯科の考え方が、日本でも多くの方に認知されるようになりました。セルフケアはもちろんのこと、個人のケアでは限界がある歯の手入れをプロによるケアと組み合わせることによって健康な歯を保ち、毎日を快適に過ごすことができるのです。

自分に合った歯科医を見つけて、何歳になっても健康な歯と体をキープできるよう、予防歯科でしっかり自分の歯をケアをしていきましょう。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

仁愛会歯科 武蔵小杉クリニック

出典:http://www.jin-ai-kai.com/musashikosugi/

電話番号 044-738-4618
住所 神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉タワープレイス1F
アクセス 東急東横線 武蔵小杉駅 北口 徒歩約2分
診療時間 【平日】10:00~13:30/14:30~19:00
【土曜】10:00~13:30/14:30~18:30
(受付時間 9:30~診療終了時)
休診日 木曜日・日曜日・祝日 ※祝日のある週の木曜日は診療致します。
URL http://www.jin-ai-kai.com/musashikosugi/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る