予防歯科のために歯科医院に行く必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

QOL(クオリティー・オブ・ライフ)という考え方が浸透して、高齢になっても丈夫な歯をたくさん保っておけるようにすることについての関心が高まっているようです。そのためには、予防歯科のために歯科医院に診てもらうことが勧められます。予防歯科のために歯科医院に行く必要があるのでしょうか。予防歯科の必要性について、歯科サプリ編集部がお届けします。

経済的なメリット

予防歯科のために歯科医院に行くことは、歯が痛くなってから虫歯治療のために歯科医院に行くことと比較して、経済的なメリットが十分にあります。

予防歯科と虫歯治療の違い

予防歯科に行くにも、レントゲン撮影やプロによるメンテナンスなどの費用がかかります。また、シーラントやフッ素塗布などをして虫歯を予防するにもお金が必要です。しかし、予防をせずに歯が痛くなり出してから治療に行くことと比べるなら、予防歯科で歯科医院に行く方が経済的には格段に安く済みます。また、ほとんどの成人は、歯周病などの歯のトラブルを抱えています。虫歯は予防しなければ進行してしまいますから、放っておけばよくなることはありません。

そうであれば、歯科医院の費用が抑えられる予防歯科の方が上手な投資方法だといえるのではないでしょうか。

インプラントなどの大掛かりな処置の可能性を減らす

また、歯のトラブルを長期間放置すると、歯の状態はますます悪くなってしまい、抜歯しなければならなくなる場合も多くあります。抜歯をすると、歯の噛み合わせが悪化してしまいます。そうなれば、思うように食事ができなくなったり、顔が変形してしまったり、トラブルが発生することになります。抜歯後のクオリティー・オブ・ライフをよいものに保つために、何らかの処置をしなければなりません。

そのような場合には、インプラントをして人工的に歯の本数を保つことができます。インプラントは保険適用外の治療方法ですから、費用がたいへん高額になってしまいます。1本の抜けた歯を治療するのに、数十万から百万円以上もかかる場合があります。こういった高額の治療が必要になる原因の多くは、予防歯科をしておくことによって防ぐことができたものもたくさんあります。

健康面でのメリット

予防歯科の重要性を知る他のポイントは、健康面でのメリットがあることです。予防歯科をするなら、虫歯の治療のために歯科医院へ行く場合より、より健康な歯を保つことができる可能性が高くなります。

削っていく治療より守るための予防

虫歯になってしまったら、悪くなった部分の歯を削り取らなければなりません。虫歯のもととなる菌が、その箇所に住み着いてしまっているからです。歯を削る治療を続けていると、歯もより小さく弱くなっていき、最後には、神経を抜かなければならなくなったり、抜歯しなければならなくなったりします。

予防歯科のために歯科医院に通えば、歯を削るのではなく、歯を守ることができます。PMTCなどの適切なメンテナンスによって、虫歯になる前の歯をよりよい質の歯にし、虫歯の菌に負けない口内環境づくりを推進します。

治療も予防も同じように歯科医院に通うことになりますが、その目的がより歯の健康に役立つことになる予防歯科の方が価値のあることだといえるのではないでしょうか。

問題の早期発見が可能

予防歯科では、歯のレントゲンを定期的に撮影し、口内の環境の経過についてレントゲンフィルムを通して知ることができます。過去のレントゲンと見比べて、なんらかの変化が観察されるなら、病変が起こってしまったことが疑われます。このように、予防歯科をすることによって、口内のトラブルを早い段階で発見し、問題が小さいうちに治療などの対策を講じることができます。

予防歯科を受けないのであれは、口内の異変を知るチャンスは、本人が歯の痛みに気付くようになるまで隠されたままになってしまうことでしょう。予防歯科は、問題の早期発見にも大きな役割を果たしてくれるのです。

クオリティー面でのメリット

最後に、予防歯科をすることによって、どのように生活のクオリティーを高く保つことができるようになるかについてみていきましょう。

「8020運動」

80歳まで、健康な天然の歯を20本以上保つことを目指すキャンペーン「8020(ハチマルニイマル)運動」が展開されています。20本の歯があれば健康的に食生活を十分に楽しむことができるといわれています。食生活を楽しめるということは、生活の質を高いものに保つ大きなポイントとなるのではないでしょうか。

予防歯科をすることによって、末永く健康な歯を保つことができるようになり、80歳まで20本以上の歯を保つことができるようになってきています。予防歯科によって生活の質が保たれる可能性が高まるのです。

美しさを保てる

予防歯科では、歯をつるつるできれいな状態に保つためのメンテナンスが施されます。つるつるでキレイにすることで、虫歯のもととなる菌が歯に付着することを最大限に防ぐことができます。予防歯科のメンテナンスをしていると、虫歯にならないだけでなく、歯の美しさをキープするのにも役立つのです。歯並びや歯の色の美しさが保たれているなら、気持ちの面でも明るく積極的になれるのではないでしょうか。予防歯科をすると生活のクオリティーを高く保つことができるといえます。

メリットがたくさんある予防歯科

予防歯科は虫歯治療に比べてたくさんのメリットがあることが分かりました。虫歯治療では、すでに虫歯になってしまった歯のために、たくさんのお金が必要となります。また、治療のたびに歯が削られ、弱くなってしまいます。老後を入れ歯や人口の歯で過ごさなければならず、決してクオリティー・オブ・ライフが高いとはいえない状態です。

予防歯科を行えば、不必要な歯科医院への通院を避けることができ、高額なインプラント治療などの必要性も下がり、経済的に大きなメリットがあります。

また、強い歯を末永く保つことができるようになり、歯のトラブルを早い段階で発見することができるなど、健康面でのメリットも見逃せません。さらに、生活のクオリティーにおいても、入れ歯や人口の歯ではなくいつまでも自分の歯で食事を楽しむことができる、美しい歯を保つことができる、といったすばらしいメリットを体験できます。

予防歯科は価値が高くたいへん必要性のあるものであることが分かりました。今から予防をはじめるとしても決して遅いわけではありませんから、ぜひ予防歯科のメンテナンスを始めてみてください。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 中部編

ササキデンタルクリニック

出典:http://www.sasaden55.com/

電話番号 0568-78-1288
住所 愛知県小牧市大字池之内妙堂3421-5
アクセス JR「春日井駅」より、名鉄バス「桃花台センター」下車 徒歩10分
診療時間 【月〜土】9:00〜12:30/14:00〜18:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
※祝日のある週は木曜日診療あり
※急患随時受付
URL http://www.sasaden55.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る