すきっ歯は治すべき?審美歯科でのすきっ歯治療の実際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

顔の印象に意外と大きく影響するすきっ歯。そんなすきっ歯が「気になるけれどどうしたらいいかわからず放置している」という人も少なくないと思います。

そこで今回は、審美歯科で行うすきっ歯治療について解説します。すきっ歯の一般的な治療方法やその費用、方法別のメリット・デメリットとともに、すきっ歯になる理由や放置しておくリスクについてもお話いたします。

すきっ歯が気になっている人は、ぜひ参考にしてみくださいね。

すきっ歯になる理由

まずは、なぜすきっ歯になるのか、その理由を見ていきましょう。

先天的な問題

すきっ歯にはもともとの(先天的な)体質の問題で起こることがあります。その原因としては

・顎と歯の大きさのバランスが取れていない(顎が大きい・歯が小さい)
・歯の本数が少ない(本来映えるべき歯が生えていない)
・生えている歯の向きがずれている

などがあります。子供の頃からずっとすきっ歯であるという人は、先天的な問題である可能性が高いです。

後天的な問題

一方、もともとすきっ歯ではないのに、何らかの原因によりすきっ歯になってしまう人もいます。その原因は

・虫歯や歯周病、外傷などによって歯が抜けた
・歯周病などで顎の骨が弱くなり、歯がぐらついた
・舌で歯を押してしまい、歯が動いた

などになります。昔はすきっ歯ではなかったのに気づいたら歯と歯の間に隙間ができていたという場合には、以上のような後天的な原因がある可能性が高いです。

すきっ歯を治した方がいい理由

すきっ歯は見た目だけの問題ではありません。放置すると意外な身体的・精神的な不健康につながる可能性があります。

虫歯や歯周病のリスクが高くなる

すきっ歯があるとその隙間に食べ物が挟まりやすくなります。食べ物が挟まった状態が続くと、細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、奥歯の間に隙間が空いていることで口の中が乾燥し、さらに虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

活舌が悪くなる

歯は食べ物を噛み砕くためだけにあるわけではありません。しゃべる時に口の中に息をためて、思い通りの音を出すことを助ける働きもあります。そのため、すきっ歯があると、強い音を出すサ行やタ行の音を出すときに音が漏れてしまい、活舌が悪くなるといわれています。

自信をなくす

特に前歯のすきっ歯があると、見た目を気にしてコンプレックスを抱く人が多いようです。そのせいで、うまく笑えなかったり、人前で口を開けることを恥ずかしがってうまくしゃべれず、自信を失ってしまったりする人もいます。中には、人目を気にしすぎて対人恐怖症になってしまう人もいるようです。

すきっ歯を気にしている人は、治療を行うことで自信を取り戻せたり、性格が明るくなったりする可能性もあるのです。

審美歯科によるすきっ歯の治療法

審美歯科によるすきっ歯の治療には、以下のような方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあり適応も異なるため、自分に最適な方法を選べるよう、治療法の基礎知識を付けておきましょう。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングは、歯を削ることなく、それぞれの歯にプラスチックの「つけ歯」を付けて、隙間を埋めるように歯の形を整える治療法です。最も簡単で手早くできるすきっ歯治療であり、費用は約5万円になります。

ダイレクトボンディングのメリット

ダイレクトボンディングは、歯を削る必要がなく、1回で治療が終わるという手軽さが大きなメリットになる治療です。また、根本的に歯を移動させるわけではないので、何か問題が起きたときに再治療が容易であるというのもメリットの一つです。

さらに、虫歯治療と同時に行うと保険適応になることもあるため、虫歯治療と並行して行うときには費用を抑えることができます。

ダイレクトボンディングのデメリット

ダイレクトボンディングにはプラスチック素材を使うため、硬いものを食べたときに割れたり欠けたりする可能性があります。また、数年たつと徐々に変色してしまうことがあるというのもデメリットになります。さらに、すきっ歯の隙間が広いとダイレクトボンディングでは隙間を埋めることができず、適応外になってしまいます。

ラミネートべニア

歯の表面を少し削り、その表面にセラミックを張り付けて隙間を埋める治療方法です。歯の位置を変えるわけではないですが、歯を削るためダイレクトボンディングよりは手間のかかる方法です。ラミネートべニアは保険適応外であり、1本10万円程度の費用がかかります。

ラミネートべニアのメリット

ラミネートべニアは、歯の表面にセラミックを付けるため、ホワイトニングの効果があり、歯の形を整えることもできます。つまり、ラミネートべニアによってすきっ歯だけでなく、色や形など、歯の見た目をよくすることができます。

また、セラミックですので、プラスチックを使うダイレクトボンディングよりも耐久性が高く、変色しないというのもメリットになります。

ラミネートべニアのデメリット

ラミネートべニアをするためには、セラミックを付けるために健康な歯を削る必要があります。また、ダイレクトボンディングと違い、数回の通院が必要にもなり、費用もダイレクトボンディングより高額になります。

マウスピース

無色透明のマウスピースを使い、歯の矯正を行って隙間を埋めていく治療方法です。歯の状態に合ったマウスピースを、治療の段階によって作り変えて使用していきます。

マウスピースによるすきっ歯治療は健康保険の適応にならず、20~80万円と比較的高額な費用が掛かります。

マウスピースのメリット

マウスピースは歯の矯正治療になりますので、歯にプラスチックやセラミックを付けるような方法と違い、根本的な歯並びの改善につながります。

また、無色透明ですので目立ちにくく、ワイヤーなどと違い違和感も少ないというメリットもあります。食事や歯磨きのときなど、マウスピースが邪魔になる時には取り外しも可能です。さらに、マウスピースで矯正治療をしながら、それを使ってホワイトニング治療を同時に行うこともできます。

マウスピースのデメリット

マウスピースでの治療は徐々に歯を移動させるため、時間がどうしてもかかります。歯の隙間を埋めるためには、通常3~12か月くらいかかると言われています。

マウスピースは取り外し可能ですが、1日20時間以上は装着していないと治療期間がさらに長くなってしまいます。また、歯並びがかなり悪く、抜歯が必要なケースはマウスピースの適応外になるケースもあります。

ワイヤー治療

ワイヤー治療は、一般的によくイメージする歯科矯正の方法です。ブラケットと呼ばれる歯に装着するパーツにワイヤーを通して、歯に力を加え続けることで、理想的な位置に歯を移動させます。

ブラケットの種類(メタル・審美・リンガル)によっても値段が変わりますが、20~110万円程度が相場になります。

ワイヤー治療のメリット

ワイヤーによる矯正は比較的大きな力をくわえることができるため、可動距離が大きく、大きな隙間があるすきっ歯の方でも矯正が可能です。もちろん、マウスピースと同じく根本的な歯並びの矯正ができます。また、歯の内側に付けるリンガルブラケットを使った治療を選択すれば、矯正していることに気付かれないというメリットもあります。

ワイヤー治療のデメリット

ワイヤーは取り外すことができないため、24時間つけておかないといけないというデメリットがあります。治療には数か月~1年程度と比較的長い期間かかってきます。また、メタルブラケットによるワイヤー治療を行うと、費用を抑えることはできますが、金属のブラケットが非常に目立つというデメリットがあります。

自分に合ったすきっ歯治療で得る健康的な生活

すきっ歯にはいくつかの治療オプションがあります。以前であれば金属の矯正器具を入れるような目立つ治療方法が主でしたが、最近では1日でできる手軽なものや歯の裏側に付ける矯正器具など、他の人に気付かれにくい治療方法もあります。

それぞれの治療法にはその適応範囲やメリット・デメリットがあり、治療費の幅も広いため、自分に合う治療方法を選択するためには、この記事を参考にしつつ治療方法の知識を頭に入れておくことが大切です。

すきっ歯を放置しておくと、虫歯や歯周病のリスクが上がったり活舌が悪くなったりするだけでなく、見た目を気にして精神的にも不健康になってしまうことがあります。身体的にも精神的にも健康的な生活を送るため、すきっ歯のある人は審美歯科による歯科矯正も考えてみてくださいね!

審美歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

マニーデンタル

出典:https://www.haisha-guide.jp/clinic/1287

電話番号 03-6411-9464
住所 東京都世田谷区成城6-16-30 キクビル2F
アクセス 小田急小田原線 成城学園前駅 北口 徒歩1分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:00
【土曜】9:30~13:00/14:30~17:00
※午前午後の最終受付は診療終了時間の30分前です
休診日 水曜日・日曜日・祝日
URL http://www.mannydental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る