虫歯治療で用いられるプラスチック詰めものの疑問について解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯医者さんで虫歯治療を行った際に、虫歯で空いてしまった部分を埋める材料としてプラスチック素材のものが用いられることがあります。

人工のものを歯に詰めるにあたり、安全な材料なのか、どのくらいの頻度でメンテナンスが必要なのか、など疑問に思ったことのある人も多いかもしれません。

今回は虫歯治療で用いられるプラスチックの詰めものについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

虫歯治療に使用されるプラスチックの安全性

虫歯治療を行う際には、様々な薬品や道具、歯の代わりとなる材料が使われます。専門知識のない患者さんにとっては、それぞれの治療に使われている道具や材料が安心安全なものなのか気になるところです。

虫歯治療に用いられるプラスチックの詰めものについて、安全な材料なのかを詳しく探っていきましょう。基礎知識を備えておくだけで、治療に対する不安が少し解消されることでしょう。

虫歯治療で用いられるプラスチック詰物の正体

虫歯治療で一般的に用いられるプラスチックの白い詰めもの。実際目にしたことのある人も多いと思いますが、いったいどんな材料が使われているのか疑問に思ったことはありませんか。

このプラスチック詰物の正体はコンポジットレジンと呼ばれる樹脂製の補綴物です。プラスチックのような白い色味をしていることから、銀歯での詰めものでは見た目が気になるという人にも選ばれている材料です。また、コンポジットレジンで詰めものをする虫歯治療は、保険適用内の治療のため一般的にも広く周知されている治療方法だと言えます。

コンポジットレジンの原材料について

コンポジットレジンの「レジン」とは、そもそも松ヤニなどの天然樹脂のことを指す言葉でした。しかし、後に合成樹脂についても「レジン」と呼ばれるようになったため、「プラスチック」と類似した意味の言葉となっています。そのため歯医者でも白い詰めもののことを「プラスチックの詰めものを」と説明されることも多々あります。

そして、「コンポジット」とは「混合の」という意味を持つ言葉なので、歯科治療で使われるコンポジットレジンは、合成樹脂に強度強化のためのフィラー(ガラスやセラミックの微粉物)を混ぜたものとなっています。

コンポジットレジンの安全性について

虫歯治療に使われる白いプラスチックの詰めものが「コンポジットレジン」と呼ばれるものであることは分かりました。では、その安全性について探っていきましょう。

医療行為のひとつである虫歯治療に使われる素材のため、もちろん安心・安全なものである必要があります。樹脂製のレジンといえばアクセサリーなど日常生活においても幅広く使われていますが、歯科治療で使われるコンポジットレジンは特に強度や安全性において認められた素材が使われています。そのため、より「自分の歯」に近い感覚で咀嚼行為を行うことができるのも特徴です。

安全性について不安に感じる際には、治療の前に歯医者さんに説明してもらいましょう。

プラスチック詰物のメリットとデメリット

虫歯治療に使われるプラスチック詰めものはコンポジットレジンと呼ばれる歯科治療用の材料です。では、コンポジットレジンを使った治療において、メリット・デメリットを探っていきましょう。治療方法を把握しておくことで、自分に最適な虫歯治療を見つける手助けになるはずです。価格や耐久性など、様々な角度からメリット・デメリットを把握しておくと良いですね。

コンポジットレジンを使うメリット

虫歯治療でコンポジットレジンを使うメリットはいくつかあります。まず、治療が保険適用内であること。そのため、保険適用外の治療に比べて低価格で治療を進めることができます。

銀歯が保険適用内であることはよく知られていますが、天然の歯に近い白い材料を使った治療で尚且つ保険適用内であるものを希望すればコンポジットレジンを勧めてくれる歯医者さんが多いでしょう。また、コンポジットレジンの原材料は樹脂材であるため、金属を使った治療では金属アレルギーの反応が出る人もいますが、その心配がない点もメリットのひとつでしょう。

コンポジットレジンを使うデメリット

では次にコンポジットレジンを使うデメリットをみていきましょう。通常のプラスチック材が時間の経過とともに変色するように、コンポジットレジンも変色を起こす材料です。治療直後は天然の歯と比べても差が分からないほどの色味ですが、時間の経過とともに黄ばんだ色味に変わっていってしまいます。その場合は治療箇所を再度詰めかえるなどのメンテナンスが必要になってくることを覚えておきましょう。

メリットとデメリットを抑えておくことが大切

コンポジットレジンを使った治療にはメリットとデメリットがあることが分かりました。どの虫歯治療にも言えることですが、やはりメリットばかりではありません。虫歯治療においては、保険適用であるかどうかの価格面や治療後の耐久性など、色々な角度からメリットとデメリットを知っておくことが大切です。そうすることで、自分のライフスタイルに合った虫歯治療を選択することに繋がるのです。

プラスチックの詰物で治療が可能な虫歯のパターン

プラスチック詰めものであるコンポジットレジンで虫歯治療を希望する場合、全ての虫歯に対応できるわけではありません。どのような場合はコンポジットレジンが適していて、どのような場合は適していないのかを知っておきましょう。どの治療方法を選ぶ場合にも言えることですが、虫歯治療は早期発見早期治療が大切です。

虫歯が大きくなってしまうと治療方法も限られてしまうので、そうなる前に定期的に歯医者さんで検診してもらいましょう。

大きすぎる虫歯は治療できない

虫歯が進行して大きな穴が空いてしまった場合、コンポジットレジンを使った治療を用いることができません。神経まで達してしまった虫歯や被せものが必要な場合は、コンポジットレジンでの治療は難しいとされています。初期の虫歯であれば削る部分が少なくて済み、削った部分にのみコンポジットレジンを詰めれば良いのですが、歯全体を削ってしまった場合は十分な強度を確保できないため適用できません。

虫歯が進行すればするほど、治療方法も限定されてしまうことを頭におき、早めの治療を心がけましょう。

歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合は適用できない

人が歯を食いしばるとき、奥歯には自分の体重ほどの重力がかかると言われています。コンポジットレジンは樹脂製のプラスチック素材のため金属に比べて多少なりとも強度が劣ってしまいます。

そのため、食いしばりの癖がある人や歯ぎしりの癖がある人は、コンポジットレジンの治療は避けておいた方が良い場合もあります。強い食いしばりや歯ぎしりによって欠けてしまう可能性があるからですが、そのような癖を担当の先生に事前に伝えておいて治療方法を一緒に決めていくと良いですね。

プラスチック詰めものを使った治療はたくさんある虫歯治療法

虫歯治療に使われるプラスチックの詰物は樹脂製の「コンポジットレジン」と言われる素材であることが分かりましたね。コンポジットレジンを使った治療は保険適用内である上に、天然の歯に近い色味で仕上げることができるので現在では一般的な治療方法のひとつです。しかしどの治療方法においても言えることですが、メリットがあればデメリットがあるのも確かです。

また、虫歯治療においては進行してしまうとコンポジットレジンでは対処できない場合も発生してしまいます。初期の虫歯であれば様々な治療方法が選択できることを基礎知識として知っておき、実際に治療を進める際には先生と相談しながらライフスタイルに合った治療方法を選んでみましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

プラザ歯科

電話番号 04-7166-4180
住所 千葉県柏市柏1-2-35 梅林堂ビル5F
アクセス JR・東武野田線 柏駅 東口 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/14:00~20:00
【土曜】10:00~13:00/14:00~17:00
※受付時間は診療終了時刻の30分前までとなります。
※完全予約制
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://plaza-dental.biz/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る