くわしく知りたい!起こりがちな歯周病の症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯周病は、年を取った人が感染する病気」だと思っている方もいることでしょう。しかし、日本においては、30歳以上の8割程度が歯周病に陥る可能性があるとされています。そのため、若い世代の方も安心できず、日頃からの注意が必要です。歯周病の症状を中心に、その原因や予防について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯周病とはどういう病気

歯周病とは、細菌の感染により生じる病気です。昔は「歯周病は治らない」とされていた時期もありましたが、現代では正しい予防を行うことで、感染を防ぐことが可能となっています。しかし、歯周病は初期段階では自覚症状がないため、歯茎の痛みや異常を感じた場合は随分と進行している場合もあるのです。以前、歯周病は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていましたが、現在では「歯周病」という正式名称に改められました。

歯周病菌が原因となる

歯周病の主な原因は、歯周病菌が関わることで発症します。歯周病菌は、プラーク(歯垢)の中に他の細菌とともに存在しているとされています。また、プラークが「歯周ポケット」に入り込むことによって歯周病菌が増殖し、毒素を出すため、歯茎に炎症が起こるのです。この毒素に対抗するため、身体からサイトカインという物質が分泌されますが、サイトカインは骨を破壊する細胞を活性化させるという働きを持ちます。そのため、歯を支えている骨が吸収され、結果的には歯を支えることができなくなってしまうのです。

歯周病菌の感染が原因となることも

自分は歯周病菌による炎症が起きていないという場合でも、他人との接触によって歯周病に感染することがあります。たとえば、歯周病菌を持った親が赤ちゃんに口移しで物を食べさせることで歯周病菌が入り込み、感染しやすくなってしまいます。生まれたての赤ちゃんには歯周病菌が存在しないことから、子どもが歯周病になるケースも高いとされています。また、大人でも夫婦や恋人間のキスや食器の共用で感染することもありますので、パートナーに歯周病の疑いがあるときには注意をしましょう。

歯周病の症状

歯周病は、さまざまな症状が出現します。歯周病はその進行具合で、「歯肉炎」と「歯周炎」に分類されます。歯肉炎は初期の段階で、痛みを感じることも少ないため、歯科受診をすることで治癒も早いとされています。また、「歯周炎」は、進行が進んでいる状態で痛みが伴ったり、そのまま放置しておくと歯が抜けてしまったりすることもあります。

歯茎が腫れる

歯周病の初期には、歯茎の部分のみに炎症が起こります。そのため、歯茎が赤く腫れて見えることが特徴です。健康な状態の歯茎はピンク色をしており、はっきりとした三角形になっています。しかし、歯周病になると、歯茎が腫れることで、三角形の部分が丸みを帯びたような状態になるのです。また、それ以外にも、起床時に口の中がネバネバした感覚に襲われることもあります。

歯茎から出血がある

初期の段階でも、歯磨きをしていると歯茎から血が出ることがあります。しかし、何もしないときに出血することはありません。歯周病がもう少し進むと、歯周病菌が活発に動き出し、毒素を発生するようになります。そのため、歯茎を触らなくても出血したり、膿が出たりすることもあります。

口臭が強くなり歯がぐらつく

歯周病が中程度ぐらいになると、口臭に悩まされることが多いとされています。これは、歯周病菌が出すガスである「メチルメルカプタン」が原因となるものです。メチルメルカプタンは、硫黄化合物の一種で、口の中で細菌がタンパク質を分解するときに出されます。もともとメチルメルカプタンは、ニオイがひどいとされています。そのうえ、歯周病に感染している人は、歯周病菌の増加で、他の硫黄化合物も増えるため、口臭が強くなる傾向にあるのです。また、毒素により、歯を支えている骨が溶け始め、歯がぐらつくという症状も見られるようになります。

激しい歯のぐらつきや痛み

歯周病が中程度よりも進行すると、歯を支えている骨の多くが吸収されます。つまり、歯を支えることができなくなるため、激しく歯がぐらつくようになるのです。それと同時に、痛みも伴い、食事を摂ることも困難になることでしょう。歯の噛み合わせが上手く行かず、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすくもなります。

知覚過敏や歯が抜ける

歯周病も末期になると、歯茎が下がり、歯根が露出して見えるようになります。そのため、知覚過敏を引き起こします。なぜなら、歯根には歯を守るエナメル質が存在しないからです。さらに、歯根には神経につながっている穴が数多くあるため、ちょっとした刺激でも敏感に感じやすくなるとされています。また、歯を支えている骨がほとんど吸収され、歯が抜けてしまうこともめずらしくありません。

歯周病の予防

歯周病に陥ると、日常生活にさまざまな支障が出てきてしまいます。しかし、歯周病は心がけしだいで予防ができる病気です。歯周病に感染してしまうと、歯を完全に元の状態に戻すことは難しいため、日頃から意識して、セルフケアに取り組むことが大切です。

歯周病菌が存在しても歯周病にならないこともある

歯周病は歯周病菌によって発生する病気です。しかし、口の中に歯周病菌が存在したとしても、必ずしも歯周病になるとは限らないとされています。歯周病菌は、プラーク(歯垢)が歯に付着することと、ストレスや生活習慣の乱れが進行に影響しますので、その点に気を付けましょう。

プラーク(歯垢)をしっかりとケアする

プラーク(歯垢)は、歯周病菌の棲家になり、これを放置しておくと歯周病が進行していく場合が多いとされています。そのため、プラークを取り除くための正しい歯磨きの方法を覚えましょう。歯磨きは毎食後に行うことが理想的ですが、毎回磨くことができない場合もあり得ます。しかし、1日に1回は必ず行うように心がけてください。

歯磨きの際には力を入れて磨くのではなく、親指と人差し指、中指を使ってやさしく歯ブラシを握り、丁寧に磨くことがおすすめです。特に、歯と歯茎の部分や歯の裏側などは磨き残しが多い箇所なので、より丁寧に磨くことが必要となります。歯磨き以外にも、プラークが溜まりやすい歯の間に歯間ブラシなどを使うと、より効果的です。

生活習慣を改善する

歯周病は、不規則な生活やストレスなどの影響で、免疫力が低下することによっても生じるとされています。免疫力が低下すると、歯周病菌に対抗する力も弱まりますので、歯周病に感染する確率が高くなるのです。そのため、夜更かしをせず、十分に睡眠を取ったり、ストレスを感じたりしたときは、趣味に精力を使って発散することが重要となります。

歯周病の症状を知り早期発見

歯周病の難しいところは、感染しても初期段階では自覚症状が現れないことです。そのため、何かしらの違和感があっても気に留めないことがあるかもしれません。しかし、自覚できる程度の症状が現れたときには、すでに歯周病が進行していることが多いものです。歯周病が重症になると、歯が抜けることも多く、食事を摂ることをはじめ、その後の人生が過ごしにくくなる場合もあります。そのため、初期段階の歯茎の炎症が見られた時点で、すぐに歯科を受診し、治療をすると回復も早くなるのです。

歯周病の症状をしっかりと理解し、予防にも力を入れることで、感染する割合が低くなります。日頃からその点を忘れずに、セルフケアを心がけましょう。

歯周病治療でおすすめの歯医者さん 関東編

吉田歯科クリニック

出典:http://www.yoshida-shikaclinic.com/

電話番号 045-211-8108
住所 神奈川県横浜市港南区港南台7-8-44
アクセス 京浜東北線根岸線 港南台駅 徒歩15分
診療時間 【月〜土】9:30~13:00/14:30~18:30
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.yoshida-shikaclinic.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る