歯周病の原因はこれだ!プラークができてしまう日常の生活習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

口の中の代表的な病気である歯周病。その患者数は300万人を超えており、近年増加傾向にあります。歯周病は歯茎の細菌感染によって起こりますが、細菌の温床として重要なのがプラークです。

プラークが作られる原因は、日常生活の中にたくさんあります。今回は歯周病の原因について、歯科サプリ編集部がお届けいたします。

 

歯周病とは~歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏との相違点

歯周病は、名前の通り、歯の周りに起こる病気をさします。歯の周りの病気には歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏などがありますが、これらの病気はすべてすべて歯周病に含まれます。歯肉炎は歯肉に炎症が限局した病気であり、歯肉の赤みや出血などの症状を起こします。歯肉炎は歯周病の最も初期の段階になります。

歯肉炎が歯の根元の方に進行してくると、歯周炎が発症します。歯周炎は進行度によって軽度歯肉炎・中等度歯肉炎・重度歯肉炎に分類され、進行するにしたがって赤みや出血、歯のぐらつき具合などがひどくなってきます。

CMなどでよく耳にする歯槽膿漏も歯周病の一種です。重度の歯周炎により、顎の骨(歯槽骨)まで炎症が波及してしまうと歯槽膿漏と呼ばれる状態になります。

歯周病発生のメカニズム

歯周病は歯茎の細菌感染によって起こります。歯周病がどのように発生するのかを見ていきましょう。

細菌による歯茎の炎症が歯周病の原因

我々の口の中には実に300~500種類もの細菌が棲んでいると言われています。つまり、健康な口の中にもたくさんの菌が住んでいるのですが、たくさん細菌がいても歯茎が健康な状態であれば特に害を及ぼしません。

ただし、細菌が異常に増えてしまうような状況ができると歯茎に炎症が起こり、歯周病が発症してしまいます。

歯周病を引き起こすプラーク

歯茎に炎症を引き起こす原因物質がプラーク(歯石)です。プラークは細菌とその代謝物の塊であり、歯の表面に付いた汚れや食べかすなどを放置することで、そこに細菌が繁殖してプラークが形成されます。1mgのプラークの中に実に約1億の細菌が住んでいるとされています。プラークの中の細菌のすべての種類が歯周病を起こすわけではなく、そのうち10種類くらいが歯周病を起こす歯周病菌だと考えられています。

プラークには、歯茎の上で目に見える部分につく「歯肉縁上プラーク」と、歯と歯茎の間につく「歯肉縁下プラーク」がありますが、特に注意が必要なのが歯肉縁下プラークです。

歯肉縁下プラークは目に見えないため気付きにくく、通常の歯磨きでは落としにくいやっかいなプラークです。その上、歯肉縁下プラークに生息する細菌には嫌気性菌が多く、周りに強力なバリアを作って我々の免疫から身を守りながら増殖してしまいます。

プラークの中の細菌が歯周病を起こす

プラークが大きくなり、歯周病菌が増殖すると、それらの細菌が歯肉に侵入したり、細菌が出すたんぱく分解酵素が歯肉に炎症を引き起こしたりします。

最初は歯茎が赤くなる歯肉炎から始まり、歯の奥まで進行してくると歯がぐらつき、歯の奥に膿を持つ歯周炎や歯槽膿漏に進行してしまいます。特に歯肉縁下プラークの細菌は、歯茎や骨を溶かして重度の歯周病や歯槽膿漏の原因となりますので、歯肉縁下プラークには要注意です。

歯周病の原因となる生活習慣

歯周病はプラークの形成からスタートしますが、プラークができる原因としていくつかの生活習慣がかかわっているとされています。

不適切な歯磨き

プラークを作る基となるのは、歯に付いた汚れや食べかすなどです。歯磨きをしっかりしないと、その汚れや食べかすに細菌が繁殖してプラークができやすくなり、歯周病が進行する原因になります。

また、歯磨きをしていても、そのやり方がまずいと汚れが落ちずにプラークになってしまうことがあります。特に歯と歯茎の間や歯と歯の間には汚れが残りやすいため、しっかり歯磨きをできているかどうか不安な人は、歯磨きの方法の指導を受けたり、歯間ブラシを併用したりすることも大切です。

よく噛んで食べない

よく噛んで物を食べることは、歯や歯周組織へ刺激を与え、歯茎の血流を増加してくれます。また、よく噛むことで唾液の分泌が増加しますが、唾液が増えることで歯の表面の汚れが流れ落ちやすくなるとともに、唾液に含まれるラクトフェリンなどの抗菌物質が歯周病を抑えてくれます。

つまり、よく噛んで食べないと歯茎の血流が悪くなり、唾液の分泌が低下してしまうためプラークができやすく歯周病へ進行しやすくなってしまいます。早食いの人の場合は、よく噛んで食べるように注意が必要です。

口が乾きやすい

口が乾きやすい人も、唾液の分泌が不足している証拠であり、歯周病のリスクが高くなります。

口が乾く理由の一つが口呼吸です。鼻炎などで鼻が弱い人だけでなく、いびきが多い人も夜中に口呼吸になっていることが多いです。特に朝起きると口が乾いて口臭がきついという人は、寝ている間に口呼吸で唾液が減っているため、夜中の間に歯周病が進行しやすい状態になっている可能性があります。

食生活

食べ物の種類も歯周病の原因であるプラーク形成に影響します。

特に気を付けたいのが甘いものと粘り気の強いものです。甘いものはプラークを作る細菌の活動を高め、粘着性の強いものは歯の表面にへばりついてプラークの原因になります。こういったものを食べた後は、できるだけ早めに丁寧な歯磨きをしましょう。

喫煙習慣

タバコを吸うと、歯周病が進行しやすくなると言われています。

理由の一つがタバコに含まれるニコチンの血管収縮作用。血管が収縮して歯茎の血流が悪くなることで歯周病が悪化すると言われています。

また、タバコの成分により、歯茎が硬くなったり、出血しにくくなったりするため、歯周病の発見が遅くなり、歯周病が進行してしまう要因になると言われています。

歯周病の原因を知ってしっかり予防

歯周病は歯茎の細菌感染です。歯肉炎から進行して歯周炎や歯槽膿漏になると、口のにおいがきつくなったり、歯がぐらぐらしたりするなどの口の中の問題だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化のリスクを高めたり、関節炎や腎炎などさまざまな全身の病気を併発してしまうこともあります。

歯周病を引き起こすプラークを作ってしまう原因は、日常生活の中にたくさん潜んでいます。歯磨きの方法や食生活、喫煙習慣など、普段の生活で知らず知らずのうちに歯周病のリスクを高くしてしまっていませんか?

全身に影響する歯周病を予防できるよう、この記事を参考に歯周病の原因の知識をしっかりつけておいてくださいね!

歯周病治療でおすすめの歯医者さん 関東編

アイル歯科クリニック

出典:http://www.ail-shika.com/

電話番号 044-819-4182
住所 神奈川県川崎市高津区溝口1-8-3 Mizonokuchi exビル3F
アクセス 東急田園都市線 溝の口駅 徒歩1分
JR南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩1分
診療時間 【月・木・土・日・祝】10:00~14:00/16:00~19:00
【火・金】10:00~14:00/16:00~21:00
休診日 水曜日・祝日の翌日
URL http://www.ail-shika.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る