八重歯は矯正できる?八重歯の定義や原因、矯正方法

ちょっと出ているだけならチャームポイントになる八重歯ですが、あまりに極端な八重歯はさまざまなデメリットが生じるため歯列矯正の対象となります。

極端な八重歯は、一体どのようなデメリットを引き起こすのでしょうか?また、八重歯の歯列矯正はどのように行われるのでしょうか?この記事では、あまり知られていない八重歯のデメリットや、八重歯の歯列矯正について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯などの治療に有効な歯科レントゲンの種類や特徴

虫歯などの口内の状態は、なかなか目視では確認することができない部分と言われています。そこで役に立つのが、目には見えない部分まで写すことができる歯科レントゲンです。歯科レントゲンは虫歯などの早期発見にはもちろんのこと、治療経過観察にも有効です。今回は、歯科レントゲンの種類や特徴、気になる安全性などについて、歯科アプリ編集部がお届けします。

口臭治療とは?気になる口臭から解放される?

常に口臭を気にしてガムを噛んだりミントを食べたり、自分で出来る口臭ケアを行っている方も多いのではないでしょうか?しかし、こうしたケアでその時だけはカバーできるかもしれませんが、口臭が治るという訳ではありません。気になる口臭から解放されるためには、口臭外来での治療が効果的です。口臭外来では高度な機器を使用した治療を受けることが出来ます。今回は、口臭外来での治療の流れや治療方法など、口臭治療とは何かについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯だらけの歯は歯列矯正できるのか?虫歯と歯列矯正の関係

歯並びをキレイにする歯列矯正。歯列矯正はある程度歯や歯茎に負担がかかるため、「歯が虫歯だらけの場合は歯列矯正できるのだろうか?」と疑問をいだく人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、虫歯だらけの歯であっても歯列矯正は可能です。ただ、歯列矯正を行う前には虫歯治療を先に行う必要があります。

この記事では、虫歯だらけの歯を歯列矯正する場合はどういった治療の流れになるのかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科のラミネートベニア!知っておきたい基礎知識

ラミネートベニアという治療法をご存知でしょうか。ラミネートベニアは付け爪のような形をした材料を歯に取り付けることで、歯の見た目を改善する審美歯科治療です。治療回数も少なく、短時間で治療が完了する治療法なので、前歯の見た目が気になる方にうってつけの方法として知られています。ラミネートベニア治療について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

効果抜群!小児歯科で注目の虫歯予防方法「シーラント」

子どもの虫歯予防のために歯磨きだけでなく、フッ素塗布などをされている人も多いと思いますが、保険の適応にもなる虫歯予防法「シーラント」はご存知でしょうか?

歯の生え始めに行うことでかなり高い虫歯予防効果が実証されている、小児歯科の分野で注目のシーラント。その方法や治療費、注意点についての調査結果を歯科サプリ編集部がお届けします。

小児歯科で笑気麻酔を用いる理由とメリットを解説

小児歯科で用いられる麻酔の一つに、笑気麻酔があります。痛みを軽減させたい時に使用するのではなく、恐怖心を和らげる目的で使用される麻酔で、注射針を刺さずに使用可能です。

他の麻酔と比較すると体への負担も少なく、治療中に子供が動いたりすることも少なくなるため、歯科治療がスムーズになるため、使用されている笑気麻酔。用いる理由やメリットを詳しく解説していきます。

裏側矯正とは?矯正装置が目立たない裏側矯正

裏側矯正とは、歯並びを直す歯科矯正の治療法の一つです。歯の裏側に器具を装着して治療していくため、目立ちにくいなどのメリットがあります。しかし、歯の裏側に器具を装着するため、舌と器具が接触してしまって異物感を感じるなどのデメリットもあります。

「裏側矯正が気になるけど、実際どんなメリットやデメリットがあるのか分からない」「裏側矯正にかかる費用や治療方法が知りたい」など、裏側矯正についてもっと詳しく知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?そこで、この記事では裏側矯正の特徴やメリット・デメリットなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

理想に合わせて選択できる審美歯科の治療方法

お口の審美面に関するトラブルを解決する審美歯科は、口腔疾患の治療を目的とする一般歯科とは治療内容が大きく異なります。社会的にお口の健康意識が高まりつつある昨今、同様に美しさについても意識する人が増えています。健康意識が高い人ほど美意識も高いと言われており、歯科医院の中にはこうした患者の理想を実現できるような審美歯科を専門としているところもあります。そんな審美歯科には目的に応じて様々な治療方法が存在します。審美歯科のさまざまな治療方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療の合併症!早期発見のポイントは歯茎

審美性の高いインプラント治療を選択する人が増えています。ただ、インプラントは人工の歯根や歯でできているため、血液から栄養を受けている天然歯よりも細菌に対する抵抗力が弱く、細菌感染しやすい傾向があります。

「歯磨きをしているから大丈夫」と思う人がいるかもしれませんが、普段の歯磨きだけでは落としきれない汚れがあります。

その磨き残しが原因となってインプラントの合併症である「インプラント周囲炎」になり、次第に歯茎に変調をもたらします。インプラント周囲炎になると歯茎にどのような変化が現れるのか、インプラント周囲炎の特徴とともにセルフチェック方法や予防法などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。