【千葉県版】矯正歯科学会認定医・専門医がいる、歯列矯正おすすめ医院♪

矯正歯科学会認定医アイキャッチ

矯正歯科とは、歯並びが悪い状態を正しく矯正したり、かみ合わせが悪い状態を正して、かみ合うように直すことを専門としている歯科の診療分野のひとつです。治療そのものは歯列矯正と呼びます。もしかしたら、子どもの頃にまわりで受けていた人もいた印象の方も多いのではないでしょうか。昔に比べると、多くの歯科医院で歯列矯正治療を受けられるようになりましたが、けっして安い費用ではないですし、もし治療を受けるとしたら上手で評判のいい先生を探したいですよね?に頼るのもいいですが、矯正歯科には専門機関が条件を満たした歯科医師の先生方を認定する制度が存在します。今回は、「日本矯正歯科学会」の認定医・専門医のご紹介を通じて、名医を探すお手伝いをさせて頂きます。

国立市でおすすめの通いたい歯医者さん【2018年】

国立市と聞いて、どんなイメージをもちますか?

国立という名は、当時、中央線の国分寺駅と立川駅の間に駅を開発することが決まっていたため、両方の駅の頭文字をとり「国立」ときまったそうで昭和26年(1951年)4月1日に正式名称の決まりました。国立市には新東京百選に選ばれた、大学通りや、ロマネスク様式を基調とした兼松講堂のある一橋大学、合格祈願でよく祈願される菅原道真公を祀った谷保天満宮などの歴史的名所があります。また、東京の名湧水57選にも選ばれた湧き水、谷保天満宮の常盤の清水、ママ下湧水群などの自然環境が残っています。歴史的財産や自然環境がたくさん残っているとても魅力のある市です。歴史ある市ですが、街づくりなど行政も力に注ぐなど住みやすい街として親しまれています。

私たち歯科サプリ編集部が、これまで収集してきた情報や、歯科医師の先生方から得られた情報をもとに、国立市のおすすめ歯医者さんをご紹介いたします。
※2018年1月現在の歯科サプリ編集部リサーチデータとなります。

痛くない虫歯の治療?レーザー治療の基礎知識まとめ

虫歯の治療というとドリルで削り、痛い思いをするというのが一般的に思われていることなのではないでしょうか。実は最近の虫歯治療ではドリルで削る部分を小さくし、レーザーを使って虫歯の除去を行う治療が浸透し、非常に多くの歯科医院でレーザーを使った治療が導入されているのです。

虫歯のレーザー治療について歯科サプリ編集部がお届けいたします。

裏側矯正は期間が長い!?知っておきたい基礎知識!

矯正の治療を受けている時に気になるのが見た目の問題です。

歯についたブラケットやワイヤーはどうしても見た目の印象を大きく変えてしまう一因になってしまうので、見た目に影響を与えないマウスピース矯正や裏側からの矯正治療に大きな人気が集まっています。

矯正で気になる見た目の問題を解決する裏側矯正の治療期間について、正しい知識を持っておくと矯正治療を受けやすくなります。裏側矯正について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯周病におすすめの歯磨きの仕方

歯周病は歯肉が炎症を起こし、やがて歯の土台となる骨を溶かして大切な歯を失ってしまうことにもつながる病気です。歯周病の治療の基本は、歯周病を引き起こす細菌を増やさないために、適切な歯磨きを行うこと、歯の衛生状態と歯肉の状態を歯科で定期的にチェックすることです。歯周病におすすめの歯磨きの仕方について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯科でのレーザー治療とは?痛みが少ないって本当?

「歯科=痛い」というイメージを持っていて、歯の治療に行きづらいこと、ありませんか?歯科では、レーザー治療を導入することで、出血や痛みが従来より少ない治療を実現しています。では、レーザー治療とはどのような治療で、どのような症状に使われているのでしょうか。また、レーザー機器には、どのような種類があるのでしょうか。今回の記事では、歯科で導入されているレーザー治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療での仮歯の役割と治療中の留意点

インプラントの治療では、初期の人工歯根の手術のあとに「仮歯」を装着することがあります。

この仮歯とはいったいどのようなものであり、インプラントの人工歯とはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、インプラントにおける仮歯使用の有無や仮歯の役割、仮歯を治療で装着する際の期間や耐久性など、インプラントにおける仮歯の役割や治療中の留意点について歯科サプリ編集部が解説いたします。

予防歯科ではセルフケアともに重要なプロケアと検査

予防歯科とは、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、悪くなる前に予防をすることによりむし歯や歯周病にならないようにすることです。
歯をできるだけ長く持たせる、一生自分の歯で食事ができるようにするためには、予防歯科が大切ですよとよく言われます。その為には、まず、かかりつけの歯科医院(歯科医師)を持つことです。
毎日セルフケアを実施し、定期健診において検査してもらいましょう。
ここでは、かかりつけ歯科医院の選び方、歯科医院の設備、口腔内検査・定期健診、プロケアとセルフケア、歯科医院の設備などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラントの可能性が広がる骨移植の種類

失ってしまった歯の代わりに、同じ場所に人工の歯根を埋め込み人工歯を装着するインプラント治療。

インプラント治療を行うには、まず、充分なカウンセリングを行い、インプラントが可能かどうかを調べる必要があります。インプラント治療を行うためには、人工の歯根を顎の骨に埋め込むことが可能かどうかが、大切なポイントになるのです。

インプラントを行いたい部分の顎の骨が薄い、または、充分にない場合は、骨移植という方法で足りない部分の骨を補い、インプラント治療を行う必要があります。インプラント治療の骨移植について、歯科サプリ編集部がお届けします。

子供が予防歯科に取り組むことの重要性をご存知ですか?

子供というのはお菓子をはじめとした間食が多かったり、歯磨きなどの口腔ケアが不十分だったりすることが多く、大人と比べて虫歯になりやすい傾向があります。子供の頃の口腔環境というのは大人になった時の口腔環境にも大きく影響してくるので、子供の時こそ虫歯などの口腔疾患にならないよう“予防”に努めることが大切です。

そんな口腔疾患の予防に重きを置いた歯科分野として“予防歯科”が存在しています。ここでは子供が予防歯科に取り組むことの重要性について、歯科サプリ編集部がお届けします。