親知らずは抜歯するべき?しないほうが良い?

誰もが一度は親知らずに悩まされたことがあるのではないでしょうか?

親知らずがあることは分かっていても痛みをほとんど感じない場合、抜歯する必要があるのかどうか迷ってしまいます。

また、親知らずを抜こうと決めていながら、抜歯する痛みが怖くてなかなか踏み出せない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、親知らずは必ず抜歯しないといけないという訳ではありません。

むしろ、親知らずを抜歯せずに残しておいたほうが良いという場合もあるのです。

そこで今回は、親知らずを抜歯するメリットやデメリット、抜歯する際の痛みなど、親知らずの抜歯について歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
喜島 裕剛 歯科医師 きじま歯科医院 院長

「小児矯正はいつから始めれば良いの?」という疑問に答えます

小児矯正はいつから始めれば良いか、いまいちわからないという声が多く聞かれます。3歳を過ぎた頃から矯正治療は可能となりますが、できるだけ早めに1期治療を開始することで顎の骨を広げやすくなり、よりスムーズな2期治療に繋げることができます。

2つの段階に分けて行われる矯正治療や、より早期の治療開始が望まれるケースについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

噛み合わせが悪いと体調にも影響?その原因と治療法

虫歯の治療のために歯科医院に行くことはあっても、噛み合わせの治療のために歯科医院を訪れるという人は少ないかもしれません。実は噛み合わせが悪いことで、さまざまな体調不良を起こしてしまう場合があるのです。肩こりや頭痛に悩まされることが多い方は、その原因が嚙み合わせの悪さによるものかもしれません。そこで今回は、噛み合わせが悪くなる原因や起こり得る体調不良、そして治療法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯列矯正は抜歯しなければならないのか?抜歯の必要性について 

歯列矯正を行う上で健康な歯を抜かなければならない場合があります。そこまでして歯並びをよくしたいという個人の問題もありますが、必ずしも抜歯が必要なわけではありません。抜歯をせずに歯列矯正行う方法もありますが、なぜ抜歯が必要なのか、抜歯しないとどうなるのかなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラントと併せて行うオーバーデンチャーという治療とは?

インプラントによって入れ歯を保持する治療の1つにオーバーデンチャーというものがあります。

医療現場でも多く使われる治療法で、その需要も年々高まってきています。

オーバーデンチャーという治療を行うことのメリット、デメリットは何なのか、どのような人に適した治療法なのか、歯科サプリ編集部が詳しくお届けします。

この記事の監修ドクター:
神保 良 歯科医師 RYO JINBO DENTAL 院長

人気ランキングを参考にしつつ、自分に合う審美歯科を選ぶコツ

ホワイトニングなどで人気の審美歯科ですが、みなさんは歯科医院を選ぶとき、何か基準を持って選んでいますか?

「審美歯科,人気」などで検索すると上位に上がってくる人気ランキングは、果たしてどこまで信用できるのでしょうか?

この記事では、ネットにある人気ランキングを参考にしつつも、自分自身の判断でよい審美歯科を選ぶ具体的なコツについてまとめました。

歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
平野 恭吉 医師 ヒラノデンタルオフィス 院長

自宅で簡単にできる!虫歯のチェック法

ほとんどの人にとって、虫歯とは痛く辛いもの。

虫歯には早期発見と早期治療が大切だと頭では分かっていても、なかなか歯医者へ足を向ける意欲や時間がないのも事実のことだと思います。

そこで今回は自宅でも簡単に虫歯を早期発見できるチェック方法を紹介します。

ぜひ一度お気軽に試してください。

虫歯のチェック方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
矢島 昇悟 歯科医師 青山通り歯科 院長

虫歯が欠けるとどんな治療が必要になる?治療法と対策法

虫歯が進行すると、痛みが増すだけではなく、欠けるリスクも高まります。虫歯になると、虫歯菌により歯のエナメル質が侵食され、次第にもろくなり、欠けやすくなってしまうのです。歯が欠けたときは、詰め物や被せ物で治療を受ける必要があります。今回は、虫歯が欠けるときの治療法や虫歯の進行を抑える対策法について、歯科サプリがお届けします。

虫歯から歯に膿が溜まることで起こる病気は?症状と治療法を紹介

虫歯は歯に細菌が繁殖し、酸で歯を溶かしたことによって発生します。その細菌が歯の根元まで進み、毒素を出すことで嚢胞(のうほう)と呼ばれる膿の袋ができる場合があります。

嚢胞を放置したままだと、蓄膿症などの大きな病気に繋がる可能性もあるのです。そうならないように、どんな病気なのか、どんな症状があるのかを知り早く適切な治療をおこないましょう。

今回は虫歯から膿が溜まることで起こる病気について、歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科でセラミッククラウンにするメリット・注意点

「歯を美しく見せたい」そう思ったことがみなさん一度はあるのではないでしょうか。昔は歯並びを治す手段といえば矯正でしたが、現代では審美歯科という新しいジャンルも確立しセラミッククラウンによる治療も徐々に広まってきました。

興味があるとはいえセラミッククラウンというものがどのようなものであるか不安に思う人も多いと思います。ここでは審美歯科で行えるセラミッククラウンの治療について歯科サプリ編集部がお届けします。