審美歯科の治療内容と施術期間の目安

審美歯科は、口周りを美しくしてくれる分野です。歯がきれいになると、顔全体の印象を良くすることができるメリットなどもあります。笑顔にも自信が持てるようになり、自然と表情が明るくなる方もいることでしょう。今回は、審美歯科の治療の種類ごとに、それぞれの治療の流れや治療に要する期間の目安をご紹介します。審美歯科治療を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

印西市でおすすめの通いたい歯医者さん【2018年】

印西市で歯医者さんをお探しですか?

印西市は千葉県の市のひとつで、日曜診療や、無痛治療に対応してしているなど様々な歯医者さんの選択肢があります。

私たち歯科サプリ編集部が、これまで収集してきた患者さんの口コミや、歯科医師の先生方から得られた情報をもとに、印西市のおすすめ歯医者さんをご紹介いたします。
※2018年2月現在の歯科サプリ編集部リサーチデータとなります。

妊娠中から始める赤ちゃんのための虫歯予防

虫歯は感染症の一つですから予防をすることが可能です。しかも、赤ちゃんのころに虫歯に感染しなければ、のちのちのケアが楽だともいわれています。赤ちゃんのころに虫歯に感染しないためには、実は、妊娠しているころから注意をするべきことがあります。赤ちゃんに虫歯を作らせない習慣について歯科サプリ編集がお届けします。

すぐに結果を手に入れたい!即日可能な審美歯科治療

審美歯科治療というのは時間がかかるものと思っていないでしょうか。実は最近の治療では短時間で治療が完了し、即日治療を終え歯科医院から出たときにはもう綺麗な歯になっているという治療が広く行われるようになっているのです。そのように即日で完了する審美歯科治療の裏には治療技術の発達があります。即日で完了する歯科治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯の抜歯は最終手段!歯を守るための虫歯の神経の抜き方

虫歯が進行してしまい自然治癒が難しい状態になった時、考えられる一番単純な治療方法は抜歯です。虫歯になって悪くなった歯を丸ごと抜いてしまえば、虫歯が原因の歯の痛みもなくすことができます。

しかし、歯は抜いてしまえば二度と生えてくることはありません。そこで虫歯を抜いてしまうのではなく、神経を抜いて歯は残しておくという治療も行われます。抜歯ではなく神経を抜く治療のメリットやデメリット、神経の抜き方などについて歯科サプリ編集部がお届けします。

審美歯科の人工歯e-maxは耐久性と審美性が高い

一昔前までは、歯の治療と言えば銀歯が使われていました。しかし銀歯は目立ってしまい見た目があまり良くないことから現在は他の素材を使った審美歯科を希望する方が多いです。

審美歯科に使われる素材としてはセラミックがあげられますが、セラミックと言っても様々な種類があります。その1つがe-maxです。審美歯科に使われるe-maxについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

顎関節症とは?どんな症状?何が原因?

顎を動かすという動作は、生活の中の基本的な動作のひとつです。話したり食べたりするときにはもちろん、重いものを持ち上げようとするときにも、顎と歯を食いしばって作業をするのではないでしょうか。顎が正しく機能することはとても大切であるといえます。

最近では顎の不調をうったえる方が多くなっているといわれています。顎関節症と診断されるケースも多いようです。顎関節症とはどんな症状なのでしょうか。
顎関節症について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラントはどれくらい持つ!?インプラントの耐用年数

インプラント治療を考えている人にとって気になるのはどれくらい持つのかという、インプラントの耐用年数ではないでしょうか。今回は、インプラントの平均的な耐用年数と、長持ちさせるためにはどうしたら良いのかをわかりやすく解説します。
インプラントは自分の歯と同じように食事ができるありがたい治療方法です。大切にしてできるだけ長くお付き合いしましょう。

インプラントの耐用年数について、歯科サプリ編集部がお届けします。

初期虫歯が治ることもあるフッ素塗布の予防上のメリット

フッ素塗布には虫歯を予防するはたらきがあり、お子様の歯を虫歯から守るために検討している親御様が多くいらっしゃいます。また、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布を行うことで治るケースもあると言われています。フッ素塗布が歯を虫歯から守る仕組み、フッ素塗布の安全性のほか、具体的な処置の流れやその費用について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯が痛むときに冷やすべき?冷やし方のポイントや注意点を紹介

虫歯が痛むときには温めるよりも冷やすほうがいいと言われています。また、虫歯を冷やすときにはいくつかポイントがあるそう。このポイントさえ抑えておけば、急に歯が痛くなっても応急処置をすることができますよ。今回は、虫歯が痛むときに冷やしたほうがいい理由や冷やし方のポイントなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。