詰め物や被せ物にセラミックを使って虫歯治療を行うメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯の治療を行う場合、詰め物や被せ物として使う素材を選択することができます。保険診療ではおもに銀歯が使用されますが、自費診療ではセラミックなどの素材をチョイスすることが可能です。メタル素材である銀歯は2次虫歯のリスクが高く、金属アレルギーのリスクも存在しますが、セラミックはそのような心配の少ない素材です。詰め物や被せ物にセラミックを選ぶことのメリットについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

詰め物や被せ物を歯に取り付ける虫歯治療

虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯質が徐々に溶かされていく病気です。う蝕が歯の表面のエナメル質から象牙質に及ぶと歯に穴が開き、やがて痛みを感じるようになります。虫歯の治療では、う蝕が見られる歯質をきれいに削り取って、詰め物や被せ物で穴を塞ぐ処置を行います。失われた歯質が少ない場合には詰め物を使いますが、歯質が大きく失われた場合には被せ物を使って穴を塞ぎます。

銀歯を使った虫歯の保険治療

虫歯の治療を保険診療で行う場合、詰め物や被せ物にはコンポジットレジンや銀歯が使用されるケースがほとんどです。

コンポジットレジンは歯科用の白色のプラスチックで、小さな穴を塞ぐのに適しています。銀歯は症状がある程度進行した虫歯の治療で使用されるオーソドックスな被せ物です。

また、第一小臼歯と第二小臼歯の虫歯治療では、ハイブリッドセラミックの被せ物を選択することができます。

セラミックをチョイスできる自費診療

自費診療で虫歯の治療を行う場合には、豊富な選択肢のなかから詰め物や被せ物として使用する素材をチョイスすることができます。とくにセラミックは自費診療で選択されることが多く、より良い治療結果を求めたいというニーズにしっかりと応えてくれる素材です。

保険診療による虫歯治療の注意点

詰め物やコンポジットレジンや銀歯を使った治療は保険が適用されるため、治療費用を軽減することができます。しかし、治療後に注意すべき点があるため、これらの素材や治療方法の特徴を正しく理解し、十分に納得してから治療に臨むことが大切です。

治療箇所に起こりやすい2次虫歯

虫歯のなかには、治療を行った部分に起こる「2次虫歯」があります。歯に取り付けた詰め物や被せ物と歯の隙間に虫歯菌が侵入することで起こる虫歯ですが、銀歯などを使った治療では、この2次虫歯が起こりやすい傾向があります。

セラミック素材は専用の接着剤を使って歯にぴったりと隙間なく取り付けられますが、銀歯はセメントを使って歯に合着させている状態となるため、治療から数年経つと2次虫歯が起こって再治療が必要となってしまう可能性があります。

再治療を繰り返すことで歯の寿命が短くなってしまうため、銀歯を使った治療を受ける場合には注意が必要です。

口元で目立ちやすい銀歯

銀歯は口元で目立ちやすい素材です。口を開いたときに詰め物や被せ物が目立ってしまうため、治療後に口元の見た目に不満が残ってしまうことも珍しくありません。

とくに下顎の歯に取り付けた銀歯は目立ちやすく、周辺の歯茎にも黒ずみが生じてしまうことがあります。治療後の口元の見た目が気になるという方は、治療前の段階で歯科医師に十分に相談することが大切です。

さまざまな症状を伴う金属アレルギー

歯に取り付けられた銀歯は、まれに金属アレルギーを引き起こすことがあります。銀歯からは金属イオンが少しずつ唾液に溶出しますが、この金属イオンが体内のタンパク質と結びつくことでアレルギー症状が出てしまいます。

銀歯が原因となって起こる金属アレルギーの症状には、口内炎や舌炎、口腔扁平苔癬、味覚障害、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)のほかアトピー性皮膚炎や脱毛症などを引き起こすケースも見られます。金属アレルギーは原因に気付きにくく、長期間にわたって症状に悩まされる方も珍しくありません。症状をおさえるためには銀歯を取り外す必要があります。金属製のアクセサリーなどでアレルギー反応が出てしまう方はとくに注意が必要です。

セラミックを使った自費診療による虫歯治療

セラミックを使った詰め物や被せ物の治療の多くは自費診療で行われます。治療費用は全額自己負担となるため、金銭的な負担は大きくなりますが、セラミックには銀歯などを使った治療では得られない多くのメリットがあります。詰め物や被せ物にセラミックを使った虫歯治療を考える場合、そのメリットを正しく理解することが大切です。

治療歯を長持ちさせやすいセラミック

詰め物や被せ物として使用されるセラミックは歯科技工士が作製します。自費診療で精巧な型取りを行い、高い精度で作製されるセラミックの詰め物や被せ物は、歯との高い適合精度を期待することができます。そのため2次虫歯が起こりにくく、銀歯よりも長期間にわたって使い続けることが可能です。変形が少なく丈夫なため、破折などが起こる可能性も低い傾向があります。

また、セラミックは表面が滑らかにできているため汚れが付きにくく、口腔内をより清潔に保ちやすくなります。末永く歯の健康を守るという観点からもセラミックには多くのメリットがあります。

口元への自信に繋がる高い審美性

高い審美性はセラミックの大きなメリットのひとつです。セラミックは天然歯が持つ白さや透明感を再現しやすい素材で、詰め物や被せ物の作製の際に入念に色合わせを行うことで、天然歯とほとんど見分けが付かない見た目を実現することができます。隣り合う歯や噛み合う歯とも見た目の違和感が少なく、笑顔に自信が持てるようになり、お食事や会話のときに口元を気にしてしまうこともありません。

また、歯の形状にも要望を反映させやすいため、口元の見た目に対してこだわりのある方にも、満足度の高い治療を追求することが可能です。

さまざまなセラミック素材

セラミックにもいくつかの種類があります。オールセラミックスは全体がセラミックでできている素材で天然歯に近い白さや透明感を備えています。人工ダイアモンドとしても知られるジルコニアは高い強度を備えたセラミックで、奥歯など強い力がかかる部分にも問題なく使用することができます。e-maxは、ガラスを主成分とするセラミックで、高い透明感に特徴があります。

ほかに、歯科用プラスチックとの混合素材であるハイブリッドセラミックや、内部に金属製の土台を持つメタルボンドなどがあります。治療箇所や審美性に対する希望、予算に応じてチョイスすることができますので、治療前に歯科医師と十分に相談することをお勧めします。

虫歯の治療前に理解しておきたい素材の特徴や注意点

虫歯の治療では、虫歯菌によってう蝕が進んだ歯質を残らず削り取り、空いた穴を詰め物や被せ物で塞ぐ必要があり、保険診療では銀歯やコンポジットレジンを使った治療が行われます。しかし、とくに銀歯による治療は2次虫歯が起こりやすく、金属アレルギーの心配がつきまといます。また、口元の審美性に不満が残ってしまうことも少なくありません。

自費診療でセラミックを使った治療を受けることで、このような不安を払拭することができます。現在、高い審美性と機能性を備えたさまざまなセラミックがあり、治療に対する幅広いニーズに柔軟に対応することができるようになっています。虫歯の治療で詰め物や被せ物の素材を選択する際には、素材ごとのメリットや注意点を正しく理解することが大切です。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

今井歯科

出典:http://www.identalofficeimai.com/

電話番号 048-940-1150
住所 埼玉県八潮市大瀬1-1-3フレスポ八潮2階
アクセス つくばエクスプレス 八潮駅 徒歩1分
診療時間 【月〜土】9:30~18:00(最終受付17:30)
【日曜】9:00~14:00(最終受付13:30)
休診日 祝日
URL http://www.identalofficeimai.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る