親知らずは抜歯するべき?しないほうが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰もが一度は親知らずに悩まされたことがあるのではないでしょうか?親知らずがあることは分かっていても痛みがほとんどない場合、抜歯する必要があるのかどうか分からずに放置している人も多くいます。親知らずを抜こうと決めていても、抜歯する痛みが怖くてなかなか踏み出せない方も。

しかし、親知らずは必ず抜歯しないといけないという訳ではありません。むしろ、親知らずを抜歯せずに残しておいたほうが良いという場合もあるんです。そこで今回は、親知らずを抜歯するメリットやデメリット、抜歯する際の痛みなど、親知らずの抜歯について歯科サプリ編集部がお届けします。

親知らずとは?

親知らずが生える人と生えてこない人がいる

親知らずは第3臼歯とも言われていて、上下左右大臼歯の一番奥に生えてきます。親知らずが生えてくるのは、大体平均10代後半〜20代前半頃です。しかし、まれに30代〜40代頃に生えてくる場合もあります。親知らずは、必ず上下左右1本づつ計4本出ててくるという訳ではありません。中には、1本も親知らずが生えてこないという方もいて、その割合は4人に1人と言われています。また、4本の内の数本のみが生えてくる場合もあります。

親知らずは痛い?

親知らずは痛いというのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?親知らずは歯肉を押し上げて生えてきますが、その時に歯肉を噛んでしまって痛みを感じることがあります。また、親知らずの周りに食べカスや歯垢などの汚れが溜まってしまうと、歯茎が炎症を起こしてしまい、強い痛みを感じる場合があります。ひどくなると、熱が出たり大きく腫れあがってしまう場合もあります。その他、親知らずの生え方によっては対合の歯茎を噛んでしまったり、親知らずが隣の歯を強く押して痛みを感じることがあります。

親知らずは、抜歯した方が良いと言われる理由

虫歯や歯周病になりやすい

親知らずが横向きに生えていたり傾いて生えている場合は、食べカスや汚れが詰まりやすく、歯ブラシは入りにくくなります。歯ブラシで歯を磨くことが出来ないと、汚れを洗い流すことが出来ずに虫歯や歯周病を引き起こしてしまう原因となります。また、親知らずの歯だけではなくその隣の歯も虫歯になってしまいます。その他、親知らずの周りに溜まった汚れが原因で強い口臭を発生させたり、歯槽膿漏になってしまう場合もあります。したがって、親知らずは抜いておいた方が良いと言われています。

顎関節症になる恐れがある

親知らずが原因で噛み合わせが悪くなると、顎の負担も偏ってしまい顎関節症を引き起こしてしまう場合があります。顎関節症が酷くなると、頭痛、腰痛、肩こりなどを引き起こすケースもあります。顎関節症の主な症状として、顎の痛み、口を大きく開けられない、口を動かす時に顎からカクカクやジャリジャリといった音がなる、などが挙げられます。これらの症状が見られる場合、早めに受診することをおすすめします。

親知らずの治療方法

親知らずを抜歯するまでの流れ

親知らずを治療するのにかかる時間は、親知らずの生え方にもよりますが大体約10分~30分程度です。まずは、レントゲンやCTを使用して親知らずの検査を行います。検査では、親知らずの生え方や骨の状態などを見て治療の計画を立てていきます。親知らずを抜歯した方が良いと判断された場合、麻酔をしてから専用の器具で抜歯を行います。親知らずの生え方によって骨を削ったり歯を割ってから歯を歯茎から引き離します。歯を抜いた後は、糸で傷口を縫います。抜糸まで消毒を行い、歯を抜いてから約1週間後に抜糸して治療完了となります。

親知らず治療にかかる費用

親知らず治療にかかる費用は、親知らずの生え方によって変わります。親知らずが真っ直ぐに生えている場合の治療費は約2,000円~3,000円ほど。横向きに生えているなど歯茎を切開する必要がある場合は、大体3,000円前後。完全に親知らずが歯茎の中に埋まっている場合、4,000円~5,000円ほどの治療費がかかります。

親知らずを抜歯する際の痛みはある?

親知らずを抜歯する際は、麻酔の注射が痛いと思われている方も多いかと思います。しかし、表面麻酔や局所麻酔を行いますので痛みはほとんどありません。まず、歯茎に表面麻酔をして、その上から注射針で局所麻酔を行います。こうすることで、注射針が歯茎に刺さる痛みを和らげてくれます。治療中は局所麻酔が効いているため、ほとんど痛みは感じられません。しかし、麻酔が十分に効いておらず、少しでも痛みが感じられたら直ちに伝え、追加の麻酔を打ってもらいましょう。

親知らず抜歯後の痛みや腫れ

親知らずを抜いた後は、治療箇所が大きく腫れ上がる場合がほとんどです。この腫れは、大体3日程でおさまります。しかし、激しい運動を行ったりお風呂に長くつかったりすると、血行が良くなるため痛みを感じやすくなったり、傷が治るスピードを遅くしてしまいます。そのため、歯医者さんにも抜歯後は出来るだけ安静にするようにと伝えられます。痛みや腫れを和らげるためには、治療箇所を冷やすと良いでしょう。ビニール袋などに氷を入れて感覚がなくなるくらいまでじっくりと冷やすことが大切です。

まれに、抜歯から1週間以上痛みが続く場合もあります。抜歯後は治療した部分に穴が出来ますが、通常この穴は血液で覆われます。しかし、ドライソケットといって血液で覆われずに骨がむき出しになってしまう状態になる場合があります。強い痛みが長く続く場合は、このドライソケットになっている可能性が高くなりますので、早めに受診されることをおすすめします。ドライソケットにならないためには、1日に何度もうがいをし過ぎないことが大切です。

親知らずの抜歯は出来るだけ早めに!

親知らずについてご紹介してきました。親知らずが気になる方は、すぐに抜歯が必要かどうか受診することをおすすめします。親知らずは必ずしも抜歯が必要とは限りません。しかし、歯科で抜歯が必要と判断された場合は、出来るだけ早めに治療を始めましょう。親知らずが原因で虫歯や歯周病が出来ていたり、炎症を起こしている場合、放置しておくと親知らずの隣の歯も失なってしまう恐れがあります。

抜歯する痛みが不安な方も多いかと思いますが、治療中は麻酔を行い、治療後は痛み止めを飲んだり冷やすことで痛みが抑えられます。ただし、抜歯後の腫れは大体2~3日続きますので仕事や学校が休みの時に治療を行うことをおすすめします。まずは、歯科で受診してじっくりと親知らずの治療計画を立てましょう。

親知らず治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

きじま歯科医院

出典:http://kijimadc.com/

電話番号 06-6310-8818
住所 大阪府吹田市佐井寺南が丘12-1
アクセス JR吹田駅からのバス10分
阪急千里線 千里山駅 徒歩17分
診療時間 【月〜土】9:30~18:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://kijimadc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る