噛み合わせの治療は矯正以外もある?悪くなる原因や治療法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんは普段の生活の中で「噛み合わせ」を意識することはありますか?お肉や硬い食べ物をはじめ何でも食べることができるので問題ないと感じている人の中にも、噛み合わせのバランスが悪いという人はたくさんいます。噛み合わせが悪いままの生活を続けていると、身体にとても大きな悪影響を及ぼしてしまいますよ。

そこで今回は噛み合せにスポットを当てて、噛み合せが悪くなる原因や正しい噛み合わせにするための治療は具体的にどのような方法を行うのか?矯正治療に保険は適用されるのか?など。噛み合わせ治療について疑問に感じやすいことの解説を中心に、歯科サプリ編集部がお届します。

噛み合わせが身体へ及ぼす影響や噛み合わせを悪くさせる原因

まず、噛み合せが悪いことで、私たちの身体にどのような悪影響があるのかについてみてみましょう。また、噛み合せが悪くなってしまう原因についても解説していきます。

噛み合わせが悪いと全身に悪影響を及ぼす

噛み合わせというのは上下の歯の接触の仕方のことを指しますが、正しい噛み合わせの状態になっている人は実はほとんどいないと言ってもいいかもしれません。正しい噛み合わせになっていなくとも自覚症状としては感じにくいため、私たちは自分の噛み合せのバランスの悪さになかなか気づくことがないのです。

しかし噛み合わせが悪いと、口の中や顎周辺ばかりでなく身体全体に悪影響を及ぼしてしまいます。具体的には、肩コリ、腰痛、耳鳴り、頭痛、めまい、鼻づまり、目のかすみ、顎関節症といった症状は、噛み合せの悪さを原因としているケースが多いのです。なぜ、噛み合わせが悪いと全身に悪影響が出てしまうのでしょうか?それは一言で説明すると「身体のバランスが崩れるから」です。

どういうことかといいますと、噛み合わせが悪いと私たちは重心をずらすようにして身体のバランスを取るようになってしまいます。まず頭のバランスが崩れ、その崩れたバランスをもとに戻そうと肩や腰、ヒザなどにアンバランスな力やゆがみが生じてしまい、結果として全身に悪影響を及ぼしてしまいます。

噛み合わせを悪くなる原因とは?

それでは噛み合せが悪くなる原因とは何でしょうか?考えられる原因としては以下のようなものがあります。

・よく噛まないで食事をしている。(柔らかいものばかり食べている)
・姿勢が悪い。
・抜けた歯をそのままにしている。(歯を失う、虫歯・歯周病なども)
・日常的に同じ動作を繰り返して行っている。
・遺伝によって生まれつき歯並びが悪い人や顎の間接がもともと弱いという人もいる。

遺伝によって生まれつき噛み合わせが悪いという人もいますが、多くの人は生活習慣によって自らの噛み合わせを悪くしてしまっているようです。それでは次は悪くなってしまった噛み合わせを治療するために、歯科医院で行っている治療法などについてみていきましょう。

正しい噛み合わせの状態とは?歯科医院での4つの治療法を紹介

噛み合わせが悪いと全身にさまざまな悪影響があることは分かりました。それでは正しい噛み合わせとはどういったものを言うのか?また、正しい噛み合わせを手に入れるために歯科医院で行っている治療法について紹介していきます。

正しい噛み合わせとはどういうものなのか?

そもそも正しい噛み合わせというのは、どこを見て判断するのでしょうか?噛み合わせの研究を30年以上行い「井上式噛み合わせ治療」でも有名な歯科医の井上秀人医師によると、正しい噛みわせとなっているかどうかは次のような点を確認することでわかるようです。

正しい噛み合わせの状態の基準とは?

・顎の中心の位置(オトガイ)が顔の真中にある。
・左右の肩が床と垂直になっており高さが等しくなっている。
・頭蓋骨が前後左右に傾きがなく、左右に回転してない。
・骨盤や肩甲骨などに歪みがない。

正しい噛み合わせの状態というのは歯の高さがあっているかどうかという口の中の部分の問題ばかりでなく、頭蓋骨や身体全体の歪みなども影響してくるようですね。

歯医者で行う噛み合わせを正しくする治療法とは?

それでは歯科医院で行う噛み合わせ治療にはどのような方法があるのでしょうか?ここでは歯科医が行う噛み合せを治すための4つの治療方法について紹介していきます。

矯正治療

矯正治療は歯の位置を移動させることで噛み合わせを改善する治療法であり、その方法にはマウスピース矯正とブラケット矯正の2つの種類があります。ブラケット矯正というのは、歯にブラケットという固定の器具を装着して、そこにワイヤーを張ることで歯列を移動させる方法です。マウスピース矯正は、透明で目立たないマウスピース型の矯正装置を定期的に付け替えていくことによって、理想の歯列へと近づけていく方法です。出っ歯や受け口、スキっ歯などの大きな歯列の乱れに対しては矯正治療が一般的な治療法となります。

被せモノの調整

虫歯の治療などで被せモノがある場合にも噛み合わせが悪くなることがあります。天然の歯と人工物である歯の被せモノは、同じ力で噛んでいてもすり減り方が異なるので噛み合せが悪くなっていくためです。治療法としては、すり減った歯の部分に被せモノをする、既存の被せモノを削って高さを調整する、天然の歯の柔らかさに近い被せモノに変更するといった方法があります。

顎の治療

顎の位置がズレていることによっても噛み合わせは悪くなります。少しのズレであればマウスピースを利用した矯正治療で改善することも可能ですが、大きく顎の位置がズレてしまっている場合には外科的手術が必要となるケースもあります。

入れ歯やブリッジ、インプラントによる治療

歯というのは両隣が支え合うことでバランスを取っているので1本失ってしまっただけでもバランスが崩れてしまいます。ですから歯を失ってしまった部分にはそれを補うために、入れ歯やブリッジ、インプラントといった治療が必要になります。ブリッジというのは失ってしまった歯の両隣の歯を利用して、橋を架けるようにつなぐ方法です。奥歯を失ってしまった場合には、噛む力が強いために入れ歯が余計に沈み噛み合わせが乱れることがあります。そうした際にもインプラントならば、人工歯根が顎の骨に埋め込まれているので沈み込むこともなく安心です。

矯正治療は保険適用されるの?治療費の目安

マウスピースやブラケット矯正などの噛み合わせを治すための矯正治療は、基本的には自費診療が主体です。しかし例外として所定の外科手術が必要な顎変形症や先天的異常と認められた場合などには、健康保険が適用されます。また顎変形症は特殊な病気というわけではなく、出っ歯や受け口、顔の歪みがある人なども該当するので噛み合わせの為の矯正治療に保険を適用することができるという人はそれほど珍しくありません。気になる人は一度歯科医に相談してみることをおすすめします。

矯正治療費の目安はどれくらい?

それでは健康保険が適用されない自費診療として矯正治療を行った場合の治療費の目安を紹介します。矯正治療は大人と子供では治療の仕方が異なるので大人の矯正治療費と子供の矯正治療費に分けて紹介します。

・大人の矯正治療費の目安
・治療前  初診料0円~5,000円 診察・精密検査費用10,000円~60,000円 診断料10,000円~50,000円 
・治療中  治療方法や選択した矯正器具によっても治療費は異なりますが、目立ちにくい裏側矯正装置の場合は100万円~150万円程度。表側矯正装置は60万円~100万円程度。
・治療後  矯正装置を外した後に使用するリテーナー(歯がもとに戻らないようにする装置)代10,000円~60,000円。 定期健診2,000円~10,000円。

大人の矯正治療費の目安は上記の通りです。矯正治療はどうしても矯正装置が高額となってしまうので治療費の合計は最低でも70万くらいは必要なようですね。子供の矯正治療は大人と異なり、1期治療の骨格矯正の後に2期治療として歯列矯正を行います。骨格矯正の治療費は20万円~50万円程度。歯列矯正は30万円~60万円程度必要です。大人の治療費と比較すると若干安いですが、子供の矯正治療の場合も最低でも50万円くらいは必要なようです。

正しい噛み合わせにするには早期の矯正治療が有効

噛み合わせを悪くする原因や主な治療方法、矯正治療費用の目安などについて説明してきました。噛み合わせが悪いと全身に悪影響を及ぼすことがあるので、原因不明の頭痛やめまい、肩の凝りといった症状のある人は一度歯科医に噛み合わせを診てもらった方がいいかもしれませんね。噛み合わせの悪さが原因である可能性もありますよ。

歯科医が行う噛み合わせ治療は歯を削ったり被せモノをしたりといった軽度な治療から、歯列が大きく乱れていたり顎がズレていたりする場合に行う矯正治療や外科手術まで噛み合わせの悪さの程度によっていろいろありました。いずれにしても噛み合わせの治療は早期に行うことが肝心です。特に矯正治療が必要な場合には、大人になるまで放っておくのではなく、子供の内に治療を行う方が費用面、健康面のどちらからみてもメリットが大きいですよ。

嚙み合わせ治療でおすすめの歯医者さん 関東編

ホープデンタルクリニック

電話番号 初診専用:050-7302-4810
再診専用:048-462-4183
住所 埼玉県朝霞市岡1-17-18
アクセス 東武東上線 朝霞駅 徒歩12分
JR武蔵野線 北朝霞駅 徒歩15分
診療時間 【平日】9:30~12:30/14:00~18:00
【土曜】9:30~12:30/14:00~16:30
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://asaka-kiboukai.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る