歯科矯正に使うブラケット紹介!種類別のメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯列矯正に使うブラケット。種類がいろいろとあり、どれを選んだら良いのか分からない、という人もいるのではないでしょうか。歯列矯正に使用するブラケットには、大きく分けて3種類あり、価格や審美的な面でそれぞれ特徴を持っています。予算や治療のスピード、審美的な部分も加味して選びたいですね。歯列矯正に使う各種ブラケットの紹介と、そのメリットデメリットについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯列矯正に使う矯正装置

歯列矯正に使用される矯正装置には、大きく分けてブラケットとマウスピースに分類されます。ブラケットは、歯に装着して場所を移動させていきます。一方、マウスピースは、治療段階に応じて歯に被せる透明のマウスピースを作り、歯を少しずつ矯正していきます。

ブラケットはマウスピースに比べると治療期間が短い傾向があります。一方、マウスピースは痛みが少なく矯正していることが見えにくく、また費用もブラケットに比べると安価という点がメリットです。

マウスピースは近年人気の矯正方法ですが、難しい症例には使えない点がデメリットといえるでしょう。それでは、ブラケットの素類について説明していきましょう。

歯列矯正に使うブラケットは3種類

歯列矯正に使用されるブラケットには大きく分けて3種類あります。

・メタルを使ったブラケット
・プラスチックなどを使ったブラケット
・リンガルブラケット

それぞれ、メリットとデメリットがありますので順番に紹介していきますね。

メタルを使ったブラケット

昔から歯列矯正で使われてきたブラケットです。歯の矯正と聞いた時、一番に思い浮かぶブラケットといっていいでしょう。歯の一本一本に装着し、1つの針金でつなげられます。歯の表側に装着するのでかなり目立つ点が特徴です。また、複雑な症例でも使用できる点もポイント。歯列矯正のブラケットの中でも基本形といえます。

メタルブラケットのメリットとデメリット

金属製のメタルブラケットは丈夫で、多くの不正咬合の種類に対応することができます。また、他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができます。

メタルブラケットのメリットは、他のブラケットに比べると安価で、矯正の期間も比較的短い点ですね。歯列矯正を考えるなら、最初に選択肢のひとつとして紹介したいブラケットです。

逆にデメリットは、歯の表側に装着するのでとても目立ってしまう点。いかにも「歯を矯正しています」と周囲にアピールするような見え方で、歯列矯正にためらいを覚える人がいるほどです。

セルフライゲーションブラケット

デーモンシステムやクリッピーシステムなど、出しているメーカーによって名前が変わりますが、従来のメタルブラケットよりも弱い力で歯を矯正していくブラケットです。従来よりも弱い力なのに、治療期間はメタルブラケットに比べて2割程度短縮される点が最大の特徴。

痛みも少なく治療期間が短くなる点、ブラケット自体が小さいので、歯磨きがしやすい点はメリットです。逆に、デメリットは審美的な面ではメタルを使わないといけない点でしょう。

プラスチックなどを使ったブラケット

メタル以外の材質で作っているブラケットも何種類かあります。メタルブラケットよりも目立たないか、あるいはファッショナブルなデザインで、審美的な面で優れている点が特徴です。

・セラミックブラケット
・プラスチックブラケット
・ホワイトワイヤー
・カラーエラスティック

セラミックブラケット

セラミックは歯に近い色なので、目立ちにくいブラケットです。ただし、金属に比べると若干強度が劣る点が難点。

プラスチックブラケット

透明なので目立ちにくいブラケットです。ただし、長期間装着していると色が変色する場合があります。

ホワイトワイヤー

ブラケットだけでなくワイヤーも白くなっていて、ここまでご紹介してきたブラケットの中では一番目立ちにくいブラケットです。ただ、コーティングが剥げてくる場合も。

カラーエラスティック

歯の矯正をしていることが分からないように、目立たないように工夫している他の非メタル系ブラケットの中で異色な存在がカラーエラスティック。ブラケットがカラフルになっていて、歯の矯正にファッション性を持たせようとしている点が大きな特徴です。

プラスチックなどを使ったブラケットのメリット・デメリット

プラスチックなどを使ったブラケットは、全般的なメリットとして、メタルブラケットに比べて目立ちにくいという点があげられます。ただ、価格はメタルブラケットに比べると高めです。

リンガルブラケット

ここまでご紹介してきたブラケットは、歯の表側に装着するブラケットでした。それに対してリンガルブラケットは、歯の裏側に装着する点が最大の特徴です。歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーで固定するのはかなりの技術が必要とされます。また、歯の裏側に装着されるため、慣れるまでは違和感があり、しゃべりにくくなる場合もある。ちょっと癖のあるブラケットです。

こんなリンガルブラケットですが、リンガルブラケットを使用するメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。続けてみていきましょう。

リンガルブラケットのメリットとデメリット

リンガルブラケットのメリットは、歯の裏側に装置があるため、「見えない矯正」ともいわれるほど審美性が高いことです。プラスチックやセラミックなど、見えにくい材質を使っているとはいえ、やはり歯の表面にブラケットが装着されていると、間近で見ていれば見えます。それに比べて、リンガルブラケットは歯の裏側、しかも根元に装着しますので早々見えることはありません。また、リンガルブラケットはメタルブラケットと同じように複雑な症例でも対応できます。

リンガルブラケットのデメリットは、特殊な技術が必要なため、最も高価だという点です。先ほど説明した口の中の違和感もデメリットになるでしょう。

メリットデメリットを把握して選びたい歯列矯正のブラケット

歯科矯正のブラケットについて、各種類の紹介とメリットデメリットを見てきました。ここまで見てきたことを今一度おさらいします。

・歯科矯正のブラケットは大きく分けて3種類ある
・メタルブラケットは、安価でどのような症例にも対応できるが口元を見るとすぐに歯列矯正をしていることが分かってしまう
・非メタルブラケットには、材質によって、セラミック、プラスティック、ホワイトワイヤー、カラーエラスティックがある
・非メタルブラケットのメリットは審美性に優れている点、デメリットはメタルブラケットに比べると値段が高い点
・リンガルブラケットは、歯の裏側で見えずに固定できるブラケットだが価格が高くなりがち

定番とも言えるメタルブラケットは、今でも一番価格的に安く歯列矯正を受ける前には、第一候補にしたいですね。接客業などで審美的に余り見えないものをという場合は、非メタル系のブラケットを選ぶと良いでしょう。

値段や審美的な話など、いろいろな要因を加味して、自分に合ったブラケットを扱っているところを選んでくださいね。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

大見歯科医院

出典:http://www.omi-dc.com/

電話番号 0566-74-4180
住所 愛知県安城市明治本町16-3
アクセス 名鉄西尾線 北安城駅 徒歩1分
JR東海道本線 安城駅 徒歩8分
診療時間 【月〜土】9:00~12:30/14:00~18:00
※木曜日は保険外治療のみの受付となります
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.omi-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る