歯列矯正治療の流れとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯列矯正は不具合のある歯並びや噛み合わせの機能改善を目的として行われます。審美的な面の改善とともに、歯並びの悪さによる心理的な影響の改善にも役立ちます。歯列矯正は矯正歯科治療として行われ、初回の相談、検査、診断、治療、保定、経過観察の流れで行われます。

歯列矯正の流れについて、歯科アプリ編集部がお届けします。

まずは、初回の受診で歯並びや噛み合わせについて気になっていることや悩み、治療について心配なことや疑問について相談を行います。どういったことに困っているのか、どうなりたいのかなどの希望を聞き、実際の歯並びや噛み合わせの状態のチェック、顔貌のバランスをみます。

そこでどういった治療が考えられるか、治療の大まかな流れや見通し、見積もりなどの説明が行なわれます。矯正の方法や矯正装置の種類は歯科によって扱っているものが異なります。歯科医師の技術によっても選択できるものとできないものがあります。

歯科によって初回の相談は無料となるところと相談料を設定しているところがあり、料金も様々です。

歯列矯正では、矯正装置の装着により、歯磨きが行いにくくなります。矯正装置に汚れもつきやすくなるため、虫歯になる確率が高くなります。

虫歯のかかりやすさを調べるために、口腔内の状態をチェックします。虫歯がないか、治療した歯や虫歯が原因で抜いた歯の有無、プラークの付き具合や歯周病の状態の検査が行われます。

また、歯列矯正に必要な画像検査(X線検査、CT検査)、歯の模型の型どり、歯並びや顔貌の写真、生活習慣(歯磨きや食事の回数など)や嗜好品(喫煙、コーヒーなど)、既往歴、現病歴など、矯正歯科治療を行ううえで必要な問診も行われます。

検査結果と患者さんの希望から最適な治療方法を診断し、治療にかかる期間、治療にかかる費用など、歯列矯正の治療方針の具体的な説明が行われます。歯列矯正を行う矯正装置の種類はいくつかあり、歯科によって扱っている矯正装置の種類も異なります。

永久歯の矯正装置ではマルチブランケットが一般的ですが、ブランケットにも色々な種類があります。銀色の装置とワイヤーでできたメタルブランケット装置が昔から使われている装置です。

他にも、一見歯の矯正をしているとはわかりにくい裏側矯正のリンガルブラケットや、セラミックでできた目立ちにくいセラミックブランケット、裏側装置とセラミック装置を組み合わせたハーフリンガルブランケットなどもあります。

それぞれ素材が異なり、強度や衛生面、口の中に装着したときの感触、価格が異なり、個々の患者さんの状態や希望に合わせて選択することになります。それぞれのメリット、デメリットをよく理解し、納得したうえで治療にあたることが大切です。

治療

矯正装置をはめると装置に汚れがつきやすく、歯磨きも行いにくくなるため、虫歯になる確率が高まります。装置を装着する前に、虫歯や歯周病にならないように、歯のクリーニングを行って綺麗な状態にします。

歯磨き指導など、口腔内を良い状態に保つための指導も行われます。歯ブラシの当て方や磨き方、仕上げのフロスの使用法など細かく指導があります。虫歯や歯周病がある場合、歯列矯正より優先して治療を行うこともあります。

矯正装置は個人にあったものが用いられ、口もとの形や顔貌のバランスまでみて1本1本ずれのないように装着されます。1時間半ほどかけて装着する場合が多いようです。

永久歯の歯列矯正治療は二期治療と呼ばれます。二期治療でよく用いられるのは、歯につけた装置に細いワイヤーを通して、ワイヤーの弾力性を利用して歯並びを矯正するマルチブラケット装置です。インプラントを顎の骨に埋入し、矯正治療を行うインプラント矯正では、インプラントを埋入する手術が必要となります。

大人の歯列矯正を二期治療と呼ぶのに対し、成長期の子どもに行われる歯列矯正は一期治療と呼ばれます。

一期治療では、骨格不正がみられる場合、顎を広げる装置を口の中に入れる治療や、頭にヘッドギアやチンキャップと呼ばれるものをかぶり骨格性不正を矯正する治療法があります。骨格性不正の程度が強く、下顎を切断して後方に下げるなどの外科的な手術が必要となる場合もあります。

この場合は、手術前に歯並びを矯正で整えてから、手術を行い、骨格の不正を改善します。再度、手術後に仕上げの矯正治療を行います。その後は保定、経過観察の流れとなります。

歯科矯正装置を装着した後は定期的に通院して、装置が壊れていないか、虫歯や歯周病は進んでいないかなどのチェックを行います。器具やワイヤーの微調整や部品の交換も行われます。

歯列矯正治療に抜歯が必要な場合は抜歯が行なわれることもあります。歯並びや噛み合わせの状態の程度によって治療期間は異なります。約2年かかる人もいれば、半年で終了する人もいます。

保定と経過観察

保定

歯列矯正が終了し、矯正装置を外した後は、まだ歯が不安定な状態で元に戻ろうとするため、装置で矯正した状態を保つために歯型をとって保定装置を作成し、装着します。保定装置の装着は人によって約6ヶ月~2年程度必要です。

経過観察

数ヶ月ごとに矯正した歯並びが安定して維持できるように経過観察を行います。徐々に保定装置の装着時間を減らし、歯並びと咬み合わせが安定すれば歯列矯正の治療は終了となります。

受診前に確認事項をまとめておくことが大切

歯列矯正治療を行っている歯科は、大学病院の矯正歯科や矯正歯科専門歯科、歯科の矯正歯科部門、矯正歯科専門の歯科医師が通いで担当する場合などがあります。歯並びや噛み合わせの不具合が重度の骨格不正から起こっている場合は顎の骨の手術や抜歯が必要となることもあり、これらの処置を行える歯科施設が限られる場合もあります。

初回の相談で「どのような歯や顎の状態が気になっていて、どうなりたいのか」、「どのような治療法の選択肢があるのか」、「どのくらいの治療期間がかかるのか」、「費用はどのくらい掛かるのか」などあらかじめ、確認したいことを伝えられるようにまとめておくことが大切です。

いくつかの歯科で相談して納得のいく歯科で治療を受けることもよいでしょう。歯列矯正の治療は短期間で終了するものではなく年単位での治療が必要となってきます。通いやすい場所を選択することもひとつの考え方でしょう。歯列矯正治療の流れを知って、治療を受ける時の参考としてみてください。

歯列矯正でおすすめの矯正歯科 関東編

栗林歯科医院

出典:http://www.kuribayashi-dc.com/

電話番号 047-700-7211
住所 千葉県浦安市高洲2-4-10-2F インシップ医療モール内
アクセス JR京葉線 新浦安駅 バス6分
JR京葉線 舞浜駅 車で9分
JR京葉線 新浦安駅 南口より東京ベイシティバス 系統10・19番 「高洲保育園入口」徒歩1分、系統15番 「東京学館前」約6分
診療時間 【平日】9:00〜12:00/14:00〜19:00
【土・日・祝】9:00〜12:00/13:00〜18:00
休診日 年末年始(12月30日~1月3日),GW(5/3~5/5),12/23日
URL http://www.kuribayashi-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る