親知らずって抜かないとだめ?虫歯の親知らずに要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

親知らずというのは顎の一番奥に生えてくる大臼歯で、多くの方は10代の後半になってから生えてくる歯です。

親知らずがしっかりと生えるには十分なスペースが必要になるので人によっては歯がうまく生えてこないことがあります。親知らずの治療について不安を感じている方は多いはずです。しっかりと安心して治療を受けることができるように知識をつけることが重要になります。

親知らずの虫歯治療について歯科サプリ編集部がお届けします。

親知らずの治療

そもそも親知らずの抜歯は必要なの?

親知らずは誰の顎にも生えてくる歯です。大体10代後半から20代前半にかけて生えてくることが多いのですが、この時に顎に十分に歯が生えるスペースがないと親知らずが顎の内部に埋まってしまい、トラブルを起こしてしまうことがあります。

親知らずのエナメル質は隣接している歯の根よりも十分に硬いので、歯の根を押しやってしまいやがて歯が壊れてしまうことがあります。

親知らずが中途半端に生えていると、隣の歯に悪影響を与えてしまい、最終的に歯並びが悪くなってしまうことがあるのです。歯並びが悪くなると親知らずを除去しても完全に元に戻るわけではありません。親知らずの抜歯を行なった後に矯正歯科の治療を行わなければならないこともあります。

とくに親知らずに虫歯ができてしまった時には注意が必要です。親知らずは生えてくるまでにある程度時間がかかり、親知らずが生えてきた時には顎の中で虫歯になってしまっていたということもあるので、しっかりと診断を受ける必要があります。

親知らずを抜かないのも一つの手

親知らずは必ず抜く必要があるのかというのはみなさん誰しもが持つ疑問かもしれません。親知らずは最近注目を集めていて、歯を失った時の移植のために親知らずを残しておいた方が良いという主張もあり、一概に抜いた方が良いものとは考えられなくなってきました。

また、親知らずの歯の内部にある細胞は再生治療に役立つと考えられていて、歯を新しく作り出す再生治療に活躍することが期待されています。IPS細胞を使って治療をする研究が徐々に進み、今後再生医療がさらに発展を遂げると考えられているので、もし親知らずの保存ができる状態なのであれば残しておくのも一つの良い選択肢になるかもしれません。

しかし、親知らずを残すことによって虫歯や歯周病のリスクが上がることがあるので、残しておくのがベストな選択肢なのかどうかは非常に曖昧です。

歯を抜いた方が良いのかどうかの判断は歯医者の意見を仰ぐことが大切です。自分の口に違和感が生じ、親知らずを発見したとしても独力で判断するのは避けた方が良いでしょう。

親知らずが腫れたり、虫歯になった時は治療を考えるのが良いかもしれない

親知らずが腫れた時には放置は厳禁です。いくら将来に役立つかもしれないと思っていても、実は腫れが出ているというのは非常に厄介な病態で、腫れを繰り返してしまうとドライソケットという病気のリスクが上がってしまうのです。

親知らずの周囲は歯ブラシが届きづらく、放置しているとやがて汚れが沈着してしまいます。このため、親知らず周囲に汚れが溜まり智歯周囲炎という歯茎の腫れを引き起こしてしまうことがあります。

智歯周囲炎を繰り返しているとやがてドライソケットと言って、親知らずの抜歯後になかなか治りが悪く非常に辛い痛みを伴う病気になり、治療に必要な期間も長くかかってしまうので、そもそもドライソケットにならないようにすることが肝心です。

このほかにも親知らずに虫歯ができた時には抜歯をした方が良いかもしれません。歯医者が使うタービンやエンジンというドリルは親知らずのところまで治療をしようと思ってもなかなかうまく治療器具が届かないことがあり、十分な治療ができません。器具が届かないと削り残しを作ってします原因にもなるので、親知らずの抜歯を検討するのが一般的です。

治療が難しいケースや抜歯をした方が良い場合にはやはり抜歯をした方が予後が良好だと言われています。無闇に残すのではなく、必要な時にはしっかりと抜歯をするようにしてみましょう。

親知らずの虫歯の治療

親知らずの抜歯

親知らずの虫歯の治療は基本的に抜歯をします。治療が難しい部位なので、十分な治療ができないことや、生えて来る途中ですでに虫歯になってしまい、親知らずが生えてきた時には虫歯がある程度広がっていることがその原因です。やはり無理に残すよりは抜歯をした方がその後のトラブルが少ないと判断されます。

親知らずの抜歯は歯科口腔外科で行われていて、顎の内部に埋まっている歯では歯茎を切開して治療を行います。親知らずは治療に時間がかかることもあるので、事前に歯医者に相談し、治療が長時間に渡る時にはあらかじめ鎮静剤を使った治療を検討するのも良いかもしれません。

虫歯の除去

親知らずが綺麗に生え、虫歯が小さい場合には虫歯の治療を行う方が良いこともあります。綺麗に生えている親知らずであれば咀嚼に問題もなく、日常生活にも支障をきたさないので、抜歯をするよりも患者さんの負担が少ないのでこのような治療が行われます。残念ながらもっと手前の奥歯や小臼歯などの治療のような、見た目まで完全に綺麗に再現できるような治療はあまり行われていません。

レジンという樹脂を使って治療を進める時にも、綺麗に粘土のように形を作るレジンではなく、フロアブルレジンという流動性のあるレジンを使って穴を埋めるのが一般的なので、見た目の復元はあまり望めないと考えると良いかもしれません。

親知らずの虫歯治療は主治医と相談

親知らずの虫歯治療は場所がお口の奥の方にあるので、非常に難しいものです。親知らずは生えてくるのに時間がかかるため、生える間に歯茎に穴が空き、虫歯になってしまうことがあります。通常よりも汚れが溜まりやすい部分なので、親知らずの虫歯は発見された時にはすでにある程度進行していることがあり、抜歯を検討することが一般的です。

最近になり、医療技術の発達で親知らずを残して有効活用すべきという意見も目立っているのですが、治療の難しさや治療後の汚れの溜まりやすさを考えると保存治療が難しいケースが目立ちます。親知らずが生えたのちに虫歯を見つけ、治療をすべきかどうか迷った場合にはしっかり歯医者と相談するようにしましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

関デンタルオフィス

出典:http://seki-do.com/

電話番号 04-7170-8155
住所 千葉県柏市南柏中央1-1 MAHALOビル2F
アクセス JR常磐線 南柏駅 東口 徒歩30秒
診療時間 【月・火・木】10:00~13:30/15:00~19:00
【水・金】10:00~13:30/15:00~20:00
【土】10:00~13:30/14:30~18:00
※月・火・木の最終受付は18:30まで
休診日 日曜日・祝日
URL http://seki-do.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る