親知らずって抜かないとだめ?虫歯の親知らずに要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

親知らずというのは顎の一番奥に生えてくる大臼歯で、多くの場合、10代の後半になってから生えてくる歯です。

親知らずがしっかりと生えるには十分なスペースを必要とするので、人によっては親知らずがうまく生えてこないこともあります。

親知らずの治療について不安を感じている方は多いはずです。

しっかりと安心して治療を受けることができるよう、正しい知識を身につけましょう。

親知らずの虫歯治療について歯科サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター:
関 和昭 歯科医師 関デンタルオフィス 院長

親知らずはおおむね、大体10代後半から20代前半にかけて生えてくることが多く、この時に顎に十分に歯が生えるスペースがないと親知らずが顎の内部に埋まってしまい、トラブルを起こすことがあります。

親知らずのエナメル質は隣接している歯の根よりも十分に硬いので、歯の根を押しやり、やがて歯を壊してしまうことがあります。

親知らずが中途半端に生えていると、隣の歯に悪影響を与え、最終的に歯並びが悪くなってしまうことも考えられます。

歯並びが悪くなった後で親知らずを除去しても、元に戻るわけではありません。

親知らずの抜歯に加え、矯正歯科の治療を行わなければならないこともあります。

とくに親知らずに虫歯ができてしまった時には注意が必要です。

親知らずは生えてくるまでにある程度時間がかかり、親知らずが顎の中で虫歯になっていたということもあるので、しっかりと診断を受ける必要があります。

親知らずは必ず抜く必要があるのか。

この疑問を誰しもが持たれることでしょう。

親知らずは最近注目を集めていて、歯を失った時の移植のために親知らずを残しておいた方が良いという主張もあり、一概に抜いた方が良いものとは考えられなくなってきました。

また、親知らずの歯の内部にある細胞は再生治療に役立つと考えられていて、歯を新しく作り出す再生治療に適用することが期待されています。

今後、IPS細胞を使って治療をする研究が徐々に進み、再生医療がさらに発展を遂げると考えられているので、もし親知らずの保存ができる状態なのであれば残しておくのも一つの良い選択肢になるかもしれません。

しかし、親知らずによって虫歯や歯周病のリスクが高まることがあるので、残しておくのがベストな選択肢なのかどうかには疑問が残ります。

歯を抜いた方が良いのかどうかを判断するには、歯医者の意見を仰ぐことが大切です。

自分の口に違和感が生じ、親知らずを発見したとしても、独力で判断するのは避けた方が良いでしょう。

親知らずが腫れた時には放置しないようにしましょう。

いくら将来に役立つかもしれないと思っていても、実は腫れが出ているというのは非常に厄介な病態で、腫れを繰り返してしまうとドライソケットという病気のリスクが上がってしまうのです。

親知らずの周囲は歯ブラシが届きづらく、放置しているとやがて汚れが沈着してしまいます。

このため、親知らずの周囲に汚れが溜まり智歯周囲炎という歯茎の腫れを引き起こしてしまうことがあります。

智歯周囲炎を繰り返しているとやがてドライソケットといって、親知らずの抜歯後になかなか治りが悪く非常に辛い痛みを伴う病気になり、治療に必要な期間も長くかかってしまうので、そもそもドライソケットにならないようにすることが肝心です。

一方、親知らずに虫歯ができた時には、抜歯をした方が良いかもしれません。

歯医者が使うタービンやドリルは親知らずのところまで届きにくく、十分な治療が期待できません。

器具が届かないと削り残しを作ってしまう原因にもなるので、歯科医師と相談のうえ、親知らずの抜歯を検討しましょう。

上記のような治療が難しいケースの予後に注目してみると、やはり抜歯をした方が良好だと言われています。

無闇に残すのではなく、必要な時にはしっかりと抜歯をすることが大切です。

親知らずの虫歯の治療

親知らずの虫歯の治療は基本的に抜歯をします。その理由は、治療が難しい部位なので、十分な治療ができないこと。

また、生えてくる途中ですでに虫歯になっていた場合、親知らずが生えてきた時には虫歯がある程度広がっていることなどです。

やはり無理に残すよりは抜歯をした方が、その後のトラブルが少ないとされています。

親知らずの抜歯は、主に歯科口腔外科で行われていて、顎の内部に埋まっている歯では歯茎を切開して治療を行います。

親知らずは治療に時間がかかることもあるので、事前に歯医者へ相談し、治療が長時間に渡る時には鎮静剤の使用を検討しましょう。

親知らずが綺麗に生え、かつ虫歯が小さい場合、抜歯をせずに虫歯の治療を行う方が良いこともあります。

綺麗に生えている親知らずであれば咀嚼に問題もなく、日常生活にも支障をきたさないので、抜歯をするよりも患者さんの負担が少ない治療方法を優先します。

ただし、奥歯や小臼歯などに施術するような、見た目まで綺麗に再現できるような治療は、期待しないほうがいいでしょう。

レジンという樹脂を使って治療を進める時にも、粘土のように綺麗な形を作るレジンではなく、フロアブルレジンという流動性のあるレジンを使って穴を埋めるのが一般的なので、見た目の復元はあまり望めないと考えると良いかもしれません。

親知らずの虫歯治療は主治医と相談

親知らずの場所はお口の奥の方にあるので、虫歯治療を非常に難しくしています。

親知らずは生えてくるのに時間がかかるため、その間に虫歯を発症することがあります。通常よりも汚れが溜まりやすい部分なので、親知らずの虫歯が発見された時には、すでにある程度進行しているとみるべきでしょう。

抜歯を検討することが一般的です。

最近になり、医療技術の発達で親知らずを残して有効活用すべきという意見も目立っているのですが、治療の難しさや治療後の汚れの溜まりやすさを考えると、必ずしも保存治療が好ましいとは言い切れないでしょう。

親知らずが生えたのちに虫歯を見つけたり、治療をすべきかどうか迷ったりした場合にはしっかり歯医者と相談するようにしましょう。

関 和昭 歯科医師 関デンタルオフィス 院長監修ドクターのコメント

親知らずを残しておくと、1つ手前の奥歯を失うリスクが高まります。
顕著なのは親知らずがナナメに生えてきた場合で、汚れなどがたまりやすく、お手入れもしにくいことから、虫歯や歯周病が発症しやすくなるのです。
このケースでは、親知らずの抜歯をお勧めします。
他方、まっすぐ正常に生えてきた場合は、定期健診などで様子をみていきましょう。
隣接した歯や上下で対抗する歯に「悪さ」をしないようなら、必ずしも抜歯をする必要はありません。
大切なのは、この判断を早い段階で行うこと。
親知らずが歯ぐきの表面から頭をもたげてきたら、X線撮影などで将来の影響度を診断し、適切な処置を取るようにしましょう。

 

監修ドクター:関 和昭 歯科医師 関デンタルオフィス 院長

この記事の監修ドクター

関 和昭 歯科医師 関デンタルオフィス 院長

出典:http://seki-do.com/
関 和昭 歯科医師
関デンタルオフィス 院長

PROFILE

奥羽大学歯学部卒業後、医療法人寛友会浅賀歯科医院勤務、日本大学松戸歯学部口腔顔面インプラント学講座非常勤研究生、ペンシルベニア大学インプラントadvance course修了を経た2008年、千葉県柏市に関デンタルオフィスを開院。
「キレイを守るためのcare(予防)と作るためのcure(治療)」を両軸に、レベルの高い治療提供をめざしている。厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医、日本口腔インプラント学会認定医、国際口腔インプラント学会(ICOI)認定医、日本口腔インプラント学会口腔インプラント専門医。
日本口腔インプラント学会、日本インプラント臨床研究会、国際口腔インプラント学会、国際歯周内科学研究会、日本歯周病学会、日本顎咬合学会の各会所属。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

関デンタルオフィス

出典:http://seki-do.com/

電話番号 04-7170-8155
住所 千葉県柏市南柏中央1-1 MAHALOビル2F
アクセス JR常磐線 南柏駅 東口 徒歩30秒
診療時間 【月・火・木】10:00~13:30/15:00~19:00
【水・金】10:00~13:30/15:00~20:00
【土】10:00~13:30/14:30~18:00
※月・火・木の最終受付は18:30まで
休診日 日曜日・祝日
URL http://seki-do.com/
1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る