虫歯の治療も審美歯科で口元の見た目にこだわる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯の治療では歯に空いた穴を修復物で塞ぐ処置を行います。銀歯は口元で目立ちやすく、虫歯の再発リスクも高い傾向がありますが、審美歯科では口元の美しさにもこだわって虫歯の治療を行うことができます。セラミック系の修復物を使った治療は審美性にもすぐれ、治療後にも歯をより長持ちさせることが可能です。審美歯科における虫歯治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

虫歯の治療と修復物に使われる素材

虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯質のう蝕が少しずつ進行していくお口の疾患です。治療を行う場合には、う蝕が見られる歯質を残らず削り取り、空いた穴を詰め物や被せ物などの修復物で塞ぐ処置を行うのが一般的です。修復物に使用される素材はさまざまで、保険診療で使用される素材と自費診療で選択することのできる素材に大きく分けることができます。

保険診療で使用されることの多い銀歯

保険診療で虫歯の治療を行う場合に使われることの多い素材が銀歯です。かつてはアマルガムで作られた銀歯が主流でしたが、現在では金銀パラジウム合金で作られた銀歯が広く使用されています。銀歯は保険が適用されるため、治療費用の負担を抑えることができる素材ですが、治療箇所が口元で目立ちやすいため、歯の審美性にこだわる方からは敬遠される傾向があります。また、アレルギーを引き起こしてしまう原因となる可能性があり、金属アレルギーのある方は使用することができません。

口元で治療歯が目立ちにくいさまざまな治療方法

口元の美しさにこだわる方はセラミック系の素材を使った治療を行うことができます。セラミックを使った治療の多くは自費診療となりますが、口元の見た目をきわめて自然な状態にすることが可能です。審美歯科では積極的に使用されます。また、虫歯の進行度がごく軽度に収まっている場合にはコンポジットレジンを使って治療を行うことが可能です。コンポジットレジンによる治療では白い歯科用プラスチックを虫歯によって空いた穴に充填します。銀歯の詰め物のように口元で目立ってしまうことがないため、使用されるケースが多くなっています。お口のなかで銀歯が目立ってしまうことを避けたい場合には、審美歯科におけるセラミック治療が選択されることが多くなっています。

セラミックを使ったこだわりの虫歯治療

口元の自然な見た目にもこだわって虫歯の治療を行う場合にはセラミック系の素材を選択することができます。審美歯科では虫歯の治療の際に患者さまの審美性に対するニーズや治療箇所に応じた素材が選択されます。

天然歯と遜色のない見た目のオールセラミックス

天然歯にひじょうに近い白さと透明感を備えたオールセラミックスを選択することで、高い審美性を追求することができます。摩耗にも強く、時間の経過にともなう変色もほとんど起こらないという特性があります。全体がセラミックでできており、内部にも金属部分がないため、金属アレルギーの不安がある方も安心して選ぶことができます。審美歯科でも人気が高い素材です。

高い強度と審美性が魅力のジルコニア

ジルコニアは人造ダイアモンドとしても知られる素材です。セラミック系の素材のなかでもとくに強度が高く、金属素材よりも丈夫です。そのため奥歯にも問題なく使用することができます。かつてジルコニアは天然歯の再現性に課題がありましたが、近年では審美性に対する多様なニーズに柔軟に対応することが可能となっています。変色もほとんど起こらず、美しい白さと透明感を長期にわたって保ちやすくなっています。

また、ジルコニアを使った治療に保証制度を設けている歯科医院も増えています。万が一の破損の場合にも、同じ素材を使った再治療に対応するケースが見られます。治療費用が高額となりやすいセラミック治療も、保証制度があることで安心して受けることができます。

治療費用の負担の少ないハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスは歯科用プラスチックであるレジンとセラミックを混ぜ合わせて作られた素材です。治療費用もオールセラミックスやジルコニアと比べて低めに設定されており、気軽に選ぶことができます。ハイブリッドセラミックスは歯に取り付けたあとも切削などの処置が可能なため、治療歯が欠けてしまったような場合にも修復物を取り外すことなく、再治療を行うことができます。

天然歯に近い強度と硬さを備えたe-MAX

e-MAXはセラミック系の素材のなかでも新しい素材のひとつです。セラミックとガラス系の素材(ニケイ酸リチウムガラス)を混合して作られており、天然歯に近い強度と硬さを備えています。そのため、噛み合う歯にダメージを与えてしまうことがほとんどありません。また、ほかのセラミック系の素材よりも高い透明感があり、天然歯の自然な見た目の再現性に定評があります。金属素材を含まないため、金属アレルギーへの不安も払拭することができます。

丈夫で割れにくいメタルボンド

メタルボンドは内部の土台が金属で補強されたセラミックの修復物で、丈夫で割れにくい素材です。天然歯の持つ白さを再現しやすく、変色も起こりにくいという特色を備えており、前歯の治療に使用しても、天然歯とほとんど見分けがつかないほどの自然な口元を実現することができます。

治療後も虫歯の再発リスクを抑えるセラミック治療

虫歯の治療でセラミック系の素材を選択するメリットはその審美性だけではありません。高い機能性もセラミック系の素材をチョイスするメリットのひとつです。

虫歯の再発リスクを低減

セラミック系の素材は表面が滑らかに作られているため、歯に取り付けた後もお口のなかで汚れが付きにくい傾向があります。また、歯科医院によっては修復物の作製をセラミック素材を専門的に行う歯科技工所に依頼して行うため、歯との適合精度を大きく高めることができます。適合精度が高まることで歯と修復物の段差が小さくなり、虫歯の再発リスクも小さくなります。歯との接着方法も、銀歯がセメントで歯と合着させるのに対し、セラミックの歯は接着剤を使って歯にぴったり隙間なく取り付けられるため、歯と修復物の隙間から虫歯が進行してしまう可能性を小さくすることができます。

スピーディーな治療が魅力のセレックシステム

セラミックの修復物は通常、外部の歯科技工所に作製が依頼されますが、近年ではセレックシステムを使うことで、修復物の作製を院内で行う歯科医院が増えています。そのため、早い場合には1日でセラミックの修復物を歯に取り付けることが可能となっています。複数回にわたって歯科医院に通院する必要がないため、多忙な方も気軽にセラミック素材を使った虫歯の治療を受けることができます。

虫歯をきれいに治すことができる審美歯科

虫歯の治療を保険診療で行う場合には、銀歯が使われるケースがほとんどです。しかし、銀歯を使った治療は口元の見た目を大きく損なってしまうほか、虫歯の再発リスクへの心配も残ってしまいます。審美歯科では口元の見た目の美しさ対するニーズに沿った治療を行うことができます。

また、虫歯の治療もセラミック系の素材を使うことで、見た目にも自然な治療結果を実現することが可能です。セラミックを使った治療の多くは自費診療となるため治療費の負担は大きくなりますが、美しく自然な見た目の口元を手に入れたいという方のご要望にもしっかり応えることができます。白く美しい歯と自然な笑顔を追求したいという方は、セラミックを使った治療を検討してみることをお勧めします。

審美歯科でおすすめの歯医者さん 近畿編

膳所うめおか歯科医院

出典:http://zeze-dental.com/

電話番号 077-510-1919
住所 滋賀県大津市馬場2-6-15 T&T第3ビル2号1階
アクセス JR東海道本線 膳所駅 徒歩2分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:30~20:00 (13:00〜14:30は昼休)
【土曜】8:00〜13:00/14:00~18:00 (13:00〜14:00は昼休)
※最終受付19:00(土曜日:17:30)
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://zeze-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る