口の匂いは虫歯が原因?匂いが発生する仕組みや理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

口の匂いに気をつけているという方は非常に多いです。口臭に悩んでしまうと、人と対面して話すことができなくなるなどの、日常生活に支障をきたす恐れがあります。そんな口の匂いの原因としては、虫歯が匂いの原因となることもあります。

ここでは、虫歯により匂いが発生する原因や、そのほか口の中のトラブルを起因とする匂いの原因について、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

口臭の原因は虫歯以外にも多数あるので要注意

まず、口臭とはすべての原因が口の中にあるわけではないということを理解しておく必要があります。

口臭は誰にでもあるもの

口の匂いは自分ではなかなか気付きづらいといわれています。多くの場合は、他者からの指摘や病院での検査などで発覚します。口臭を指摘されることによって気にしすぎてしまい、他者とコミュニケーションをすることに恐れを感じてしまうこともあります。

そのため、歯磨きを頻繁に行ったり、ガムを噛んだりすることで口臭予防をする方は多いです。確かに、口臭の9割程度は、虫歯など口の中の病気を原因とするものであるとされています。ただ、虫歯だけに気を取られていると、虫歯以外のその他の原因で口臭が引き起こされていることに気付かないこともあります。

口の中以外の可能性も少なくない

口の匂いの原因としては、例えば歯周病など虫歯以外における口の中の病気や鼻、そして喉や胃の病気によって引き起こされている可能性もあります。これらの口臭を合わせて「病的口臭」と呼びます。また、食べ物やアルコール、たばこなどが原因による「生理的口臭」というものも存在しています。

そのため、口臭について気をつける場合は、単純に虫歯だけに固執するのではなく、どのような原因で口臭が発生しているのか、体全体を通して確認していく必要があります。

虫歯が原因による口臭の発生

ここでは、虫歯によってどのように口の匂いが発生するのかについて、詳しく解説していきます。

歯が溶かされることで匂いを発する

虫歯が進行していくと、どんどんと歯の奥へと進行していきます。これは虫歯の表面が小さくても中で広がっているケースもあるので注意が必要です。虫歯の領域が深くなると、その部分は歯が溶けたり、グジュグジュに柔らかくなったりします。その部分は、徐々に発酵されていくことで匂いを発するようになります。

歯の神経が腐っている

歯の中には、歯の神経が存在しています。虫歯などによってこの部分が露出すると痛みが強くなります。虫歯菌は、進行していくとこの歯の神経を腐らせてしまいます。腐ることにより痛みが強くなると初期の段階で治療することができるのですが、気付かなかったり、痛みを我慢して放置したりすると、腐敗化が進行してしまい口の匂いの原因になります。

膿ができていることも

虫歯の進行によって歯の神経が壊死してしまうと、神経部分に空洞ができてしまいます。そして、その空洞部分で細菌が増殖して、神経の根の部分で膿を形成してしまうのです。この膿が大きくなると、歯茎側に白く露出されるようになり、その部分から膿が排出され口の匂いの原因になります。

歯茎の腫れが原因の場合も

虫歯菌が虫歯を進行させていくと、歯茎を腫れさせることがあります。歯茎が腫れ、不衛生な状態になり出血や膿などが原因で口の匂いが発生します。

差し歯であっても注意が必要

口の中に差し歯がある場合、通常の歯に比べて虫歯の進行に気がつきにくいです。そのため、匂いの原因になることがあります。

差し歯の中は気付きにくい

差し歯は、人工物で歯が覆われているのに加え、多くの場合神経が治療によって切除されていることが多いです。そのため、差し歯の中で虫歯が進行してしまい、気がつかないケースも少なくありません。それにより重度の虫歯になってしまうことも多く、溶かされた歯が腐ってしまいます。この状態で気づかずにいてしまうと、その部分が発酵してしまい、匂いや出血などの原因となってしまいます。

差し歯を外した治療が必要

多くの場合、この匂いや出血が発生する段階で気づくことが多く、治療のためには抜糸しなければならない恐れもあります。治療が可能な場合は、差し歯を一度取り除いて治療をしなければなりません。できる限り根を残せるように治療してもらうことが可能であれば、新たに土台を作りセラミック等で差し歯の作り直しが必要となります。

このような状態にならないためには、定期的に歯医者で差し歯部分のクリーニングをしてもらいましょう。歯医者では、差し歯と歯の間に隙間のできていないかどうかや、差し歯の劣化を確認してもらうことができます。症状が悪化して、匂いの原因になる前に、差し歯やその周囲の改善をすることも可能となります。

銀歯が臭う場合の注意点

口の匂いで悩んでいる人の中には、虫歯の治療による銀歯が原因で口の匂いが発生していると感じている人も少なくありません。銀歯がどのような影響を与えているのかについて解説します。

銀歯と歯の隙間の汚れ

銀自体には、銀イオンが含まれていることから、匂いを発することはありません。もし、銀歯の部分から匂いが発生しているのであれば、そのほかの原因である可能性があります。その原因の中でも、まず考えられるのが食べかすなどです。

銀歯は、装着直後は歯茎との間に隙間がない状態ですが、歯茎が痩せるなどの原因によって隙間ができることがあります。その部分に食べかすなどが入り込むと、通常の歯磨きでは除去しづらいです。その結果食べかすが残り続けてしまい、腐敗をして匂いの原因になることがあります。また、それが原因で歯周病となり、さらに匂いが発生する恐れもあるでしょう。

歯周病や銀歯の奥で虫歯が進行することも

銀歯の奥で虫歯や歯周病が進行することで匂いを発することがあります。すでに歯の神経を除去している場合は、気付きにくく悪化しやすいです。場合によっては、歯茎が痩せてしまい、銀歯が外れる恐れもあります。銀歯が外れただけならば、治療をしてサイド銀歯をつけることができますが、歯の根の部分も朽ちてしまうと、その部分は入れ歯を着用しなければいけなくなるでしょう。

口内を原因とする匂いは早めに治療

口の匂いで悩む場合は、匂いの原因がどこからきているのかしっかり把握したうえで、適切な治療をする必要があります。虫歯をはじめ口内トラブルによる口の匂いは、口臭全体に9割に達するとされています。

口内トラブルとしては、虫歯や歯周病に起因するものが多いです。歯の神経が腐ってしまう、歯茎に膿ができてしまうことが匂いの原因となります。特に差し歯や銀歯などは表面から見えない部分ですので、健康な歯以上に日頃のオーラルケアが必要となります。

自分自身で行うオーラルケアは非常に重要ですが、それ以上に歯医者で定期検診やクリーニングをすることも大切です。歯医者で診てもらうことで、自分では見ることができない部分の虫歯の発生や、虫歯の悪化を防ぐことができるでしょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

坂口歯科クリニック

出典:http://www.sakaguchi-dental.com/

電話番号 078-704-4618
住所 兵庫県神戸市垂水区日向1-4-1 レバンテ垂水1番館206号
アクセス JR垂水駅 東口より徒歩1分
山陽電鉄 垂水駅より徒歩3分
診療受付時間 【平日】9:00~12:00/14:30~19:00
【水・土】9:00~12:00/14:30~17:30
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.sakaguchi-dental.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る