予防歯科の費用は医療費控除が受けられるの?気になる悩みを解説 | 歯科サプリ

予防歯科の費用は医療費控除が受けられるの?気になる悩みを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯をはじめ、歯が痛み出して困ったことがある人は少なくありません。虫歯になってから歯医者さんに行くよりも、虫歯にならないための予防歯科の大切さが広く知れ渡るようになってきました。

しかし、治療を行うわけではないので診察代は自己負担になるなど、金銭的な負担は少なくないです。高額医療の際に活用できる医療費控除ですが、予防歯科でも利用できるのかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯科治療における医療控除の適用範囲

健康保険に加入をしている人でも、医療費の合計が高額になるような治療を受けることがあります。高額の医療費を支払った際に使うことができる医療控除ですが、病院や歯医者などで支払った医療費が、年間で一定の金額を超える場合に所得税や住民税などから一定の控除を受けられるといった制度です。

しかし、全ての医療機関での支払いに対して適用されるわけではないので、実際に医療控除制度を受けようと考えている人は注意が必要です。では、どんな費用に対して控除を申請することができるのかを確認していきましょう。

どのような費用が実際に医療控除の対象になるか

歯科医のもとで行う治療行為でも、その目的によっては医療控除を受けることができない費用もあります。医療控除の対象になる費用の項目ですが、医療費の中でも治療のために必要な費用に対する支払いが対象になるので、予防歯科で行う歯周病や虫歯を予防するために行う治療は対象になりません。では、実際にどんな内容のものが医療費控除の対象になるかを、紹介していきます。

虫歯や歯周病などの治療費

歯科医の下で行われる虫歯の治療や、歯周病などのような歯茎の病気を治療するために要する治療費は、医療費控除の対象になります。これらの治療に関しては、自費による高額な治療を行わない限り健康保険なども適用されます。

インプラントによる歯科治療

健康保険の適用外ということもあり、治療費が比較的高額になってしまうのが、インプラントによる歯科治療です。

保険は適用されませんが、歯の治療になるので医療控除が適用され、一定の金額以上自己負担をした場合には所得税や住民税などが減額されることで、費用負担が軽減されます。

ただし、同じインプラント治療を行なった場合でも、一般のものと比較して極端に高い素材を使ったものや、治療以外の例えば見た目を良くするような審美歯科の領域で行なったインプラントの場合には、医療控除の対象にならない場合もあります。

予防歯科の費用は医療控除の適用外

歯医者さんで行う治療でも、内容によっては医療控除の対象にならないものもあります。高額の治療費が、あとあと負担にならないよう事前にしっかりと調べておくことも大切です。医療控除の対象にならない、主な治療について紹介します。

歯石や歯垢をとりのぞく

歯医者で行う治療行為でも、歯石や歯垢をとるといったものは予防のための治療という事で、残念ながら医療控除の対象にはなりません。よって、予防歯科の範囲に関しては、治療目的ではないため医療控除の適用を受けることができません。

しかしながら、同じ歯石や歯垢をとるなどの治療を行う場合でも、虫歯治療のためのものや歯周病治療のために行う場合には、医療控除の対象になります。

歯ブラシ等の購入費用

歯ブラシや歯磨き粉といったようなものを購入する費用は、使用目的が虫歯や歯周病の予防のためということになるので、医療控除の対象にはならないです。

ただし、むし歯や歯周病の治療のために必要と判断され、治療と同時に行う目的で購入するものに関しては、医療控除が適用されます。

医療控除がつかえなくても結果的には予防歯科の治療は得

治療行為を行う場合と異なり、予防歯科の場合には医療保険や高額医療控除が使えないということから、予防歯科で治療を受けると負担しなくてはいけない費用が大きいと諦める人もいます。しかし、実際に予防歯科に通っている人たちの多くの意見は違うようです。

医療控除が使えない予防歯科に通うことで受ける、費用面を中心としたメリットの数々をみていきます。

虫歯や歯周病を防げる

虫歯や歯周病と言ったように、痛みの伴う歯の病気は肉体的にも精神的にも苦痛を伴います。一度虫歯や歯周病にかかってしまうと、放置をしておいても良くなることはありません。治療のために歯医者へ通院すると、歯の痛みはもちろんですが治療による苦痛にも耐えなくてはならないです。予防歯科治療なら、期間も短く痛みもないので安心して治療が行えます。

通院期間が短くすむ

予防歯科が目的で歯医者へ通う場合には、3ヶ月から4ヶ月に1度程度の通院で治療を行うことができます。

しかし、虫歯や歯周病の治療が目的で通院をしなくてはいけないような場合には、何ヶ月もの期間にわたり頻繁に通院する必要があるのが一般的です。むし歯や歯周病の治療を行うような場合には、費用的な問題以外にも時間的にも拘束時間が増えてしまいます。

よって、予防歯科を上手に利用することは、費用面だけでなく時間の節約にもつながります。

医療控除の適用は年間10万円以上の医療費

高額医療費を支払った際に適用される医療費控除ですが、年間に支払った医療費の合計が10万円を超えた場合に適用されます。ただし、所得の金額合計が200万円までの場合には、年間の医療費が所得額の5%以上になった場合であれば申告できます。

なので、予防歯科のように一回の治療が5,000円前後なら年間2万円程度で済むため、他の病気で医療費の出費が増えない限り医療控除を受けることができないです。

予防歯科は結果的に費用が抑えられる

歯科治療は一般的に高額になることや、治療の種類によっては健康保険が適用されないため、費用負担を心配する人が少なくないです。

予防歯科の場合には、実際に行われるのが歯垢や歯石の除去といったように、治療行為には当たらないため保険が適用されません。よって費用はすべて自己負担な上、医療控除が使えないので費用が高くなると心配の人も多いです。

しかし、保険が適用される虫歯などの治療に比べ、治療期間も短く済むので結果的には予防歯科を受診することで費用をおさえることができます。

ホワイトニングなどの審美歯科治療

予防歯科と同じように、歯並びをよくするための矯正や歯を白く見せるためにホワイトニングなどは、治療目的ではないのでやはり金額にかかわらず医療控除の対象にはなりません。

ただし、矯正などの場合噛み合わせが悪く医師の指示で治療の必要がある場合などは、やはり医療控除の対象になります。

医療控除は使えなくても結果的に費用を軽減

歯科医の行う予防歯科とは言え、残念ながら虫歯などの治療行為ではないため、医療控除の対象にはなりません。

治療費を自費で支払わなくてはいけないため、少なくない経済的負担のある予防歯科ですが、虫歯や歯周病などを防ぐことができるので、長期にわたり治療に通う時間的な負担や、苦痛を伴う治療から解放されます。

また、虫歯や歯周病の治療などの際には健康保険が適用されることもありますが、長い治療による経済的負担は結果的に予防歯科の負担より多くなることが少なくありません。

予防歯科を活用し、虫歯や歯周病などを防ぐことが結果的には費用負担も少なくなるようです。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 中部編

丹羽歯科医院

出典:http://niwa-dc.com/

電話番号 0568-73-9500
住所 愛知県小牧市小牧4丁目36
アクセス 名鉄小牧線 小牧駅 徒歩8分
診療時間 【火〜日・祝】9:00~12:00/14:00~19:00
休診日 月曜日・木曜日
URL http://niwa-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る