歯科でのレーザー治療とは?痛みが少ないって本当? | 歯科サプリ

歯科でのレーザー治療とは?痛みが少ないって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「歯科=痛い」というイメージを持っていて、歯の治療に行きづらいこと、ありませんか?歯科では、レーザー治療を導入することで、出血や痛みが従来より少ない治療を実現しています。では、レーザー治療とはどのような治療で、どのような症状に使われているのでしょうか。また、レーザー機器には、どのような種類があるのでしょうか。今回の記事では、歯科で導入されているレーザー治療について、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯科でレーザーはどんな治療に使われている?

レーザー治療とは

レーザー治療とは、歯や歯茎にレーザー光線を当てることで、虫歯や歯周病などの口の中の病気を治療する方法です。口臭などの不快な症状の予防効果もあります。従来の歯を削ったり、麻酔をかけたり切開したりする治療方法より痛みが少ない方法として、話題を集めています。

レーザー治療を用いることで、これまで歯科治療に対して恐怖感を持っていたり、ストレスを感じていた人でも、思っていたよりあっさり治療が終わる場合もあります。

このような症状の治療に使われています

レーザー治療は、幅広い症状に適用可能です。症状に応じて適した様々な種類のレーザーを用いることで、虫歯から口内炎の治療まで、幅広く治療可能です。

虫歯の治療・予防

レーザー治療は、虫歯の予防や、虫歯に対する治療ができます。保険も適用されます。

  • 虫歯の予防

歯の表面を覆っているエナメル質にレーザーをあてることで、エナメル質が構造が変化することで、耐酸性が増加します。歯を溶かす作用のある酸に強くなることで虫歯の予防に効果があります。

  • 初期の虫歯の治療

初期の虫歯にレーザーをあてることで、虫歯の進行を抑えたうえ、 再石灰化を促進する効果があります。さらに、レーザー照射後にフッ素を歯に塗ることで、フッ素を歯に取り込む効果が高まり、健康な歯へ導いてくれます。

  • 中程度の虫歯の治療

もう少し進行してしまった、切除が必要な虫歯でも、レーザーを用いることで、悪いところだけを切除して、歯の健康な部分をできるだけ残す治療を実現できます。麻酔注射を打たなくても済む場合が多く、体や精神面への負担が少なく済みます。

歯石の除去など歯周病の治療

歯石や歯周病菌を除去したり、歯周ポケットの中の消毒を行うことで、歯周病の治療に使用することが可能です。使用する機器の種類や治療内容によっては、保険が適用されます。

口内炎の治療、口臭の予防

歯肉や、口腔粘膜と言われる部分の治療にも、レーザーは効果的です。口内炎は、レーザーの照射により、治療時間を短縮することができます。また、口臭予防のための殺菌にも効果的です。

審美治療にも

レーザー治療は、審美治療にも効果的です。例えば、歯茎の黒ずみの除去や切開などにも使用することが可能です。レーザーを歯肉の黒ずみに照射することで、1週間から10日前後で新しいピンク色の歯肉に生まれ変わります。

また、歯肉の整形も可能で、麻酔の注射を打たずに表面麻酔の塗布又は無麻酔で出血なく行うことができます。

歯科治療で使用されるレーザー機器の種類

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーとは、周辺の組織に影響を与えることなく、患部にのみ作用させる治療を行うことが可能なレーザー機器です。歯科治療では最も使用されているレーザー機器です。歯茎の切開や切除に使用されている機器ですが、歯周病の治療には効果がありません。

エルビウムヤグレーザー

歯周病の治療に効果があると認められている唯一のレーザー機器です。健康保険が適用される唯一のレーザー機器でもあるため、導入する歯科医院が増えています(ただし、保険が適用されるのは特定の治療に限定されます)。水への吸収性が最も高く、組織表面にのみエネルギーが集中するため安全性が高いと言われています。

虫歯治療や歯石除去が可能であるのと同時に、切開や歯周病治療、メラニン色素除去などにも効果的です。

ネオジウムヤグレーザー

麻酔効果や、顎関節の痛み・根管治療などに効果があるといわれているレーザー機器です。切開には向いていませんが、歯肉や歯に対しての透過性が高いとされています。ただし、歯周病への効果は認められていません。

半導体レーザー

歯茎の切開や止血、凝固、治癒促進などに用いられているレーザー機器です。組織への透過性が高いレーザーで、色素に吸収されやすいという特徴があります。半導体レーザー自体には歯周病の治療効果は認められていませんが、レーザーを用いて歯周病菌を死滅させる治療法であるPDT治療で使用されています。

その他

ホワイトニングに用いられるアルゴンレーザー、鎮痛・消炎などに用いられるヘリウムネオンレーザーなどたくさんの種類のレーザーがあります。

よくあるレーザー治療の疑問点まとめ

レーザー治療は痛くない?

レーザー治療は、ほとんどの場合痛みを感じることがありません。レーザー治療は、患部1点にエネルギーを瞬間的に集めて治療するため、レーザーを当てた部分だけ瞬間的に高温になりますが、水や風で冷やしながら行うことで、注射麻酔なしで治療を行うことができます。約10000分の数秒というとても超短時間のレーザー照射を断続的に行うため、痛みを感じづらいのが特徴です。

放射線治療との違いは?

レーザーは、放射線と違って光に有害性がないため、体に悪影響を与えずに歯科治療を行うことができます。ドリルで歯を削ることもなく、レーザーをあてるだけなので、体や精神面への負担が少ない治療方法です。

副作用は?

レーザーは、光をあてるだけなので、基本的に副作用はありません。ただし、光過敏症や光アレルギーなど、光が原因となる疾患を持つ方には、体にとって悪影響がある可能性があるため、医師と相談が必要です。

健康保険は適用される?

歯科でのレーザー治療では、保険が適用される場合があります。

  • レーザーの種類

エルビウムヤグレーザーのみが対象です。

  • 治療内容

初期から中等度までの虫歯治療と歯周病手術時の歯石除去のみが対象です。

できるだけ保険適用での治療を受けたい人で、痛みや負担の少ないレーザー治療を希望する場合は、エルビウムヤグレーザーを導入している歯科を選ぶといいでしょう。

歯科治療をより効率的にできるレーザー治療

今回は、歯科で導入されているレーザー治療についてご紹介してきました。レーザー治療は痛みが少ないうえに、歯を削らずにできるため、患者さんへの体や精神面への負担が少なく済むのが特徴です。治療ができる症状としては、虫歯や歯周病、口内炎はもとより、歯の黒ずみなどの審美歯科にも使用されています。

歯科医院で使用されているレーザー機器の中で最もメジャーなのは炭酸ガスレーザーで、主に歯茎の切開や切除に使用されていますが、保険適用外です。エルビウムヤグレーザーが、唯一保険適用となるレーザー機器で、虫歯治療や歯石除去、切開、歯周病治療、メラニン色素除去など幅広く使用されています。

このように、レーザー治療を用いることで、中程度までの虫歯治療や歯周病なら体への負担も少なく可能なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る