口臭治療とは?気になる口臭から解放される?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

常に口臭を気にしてガムを噛んだりミントを食べたり、自分で出来る口臭ケアを行っている方も多いのではないでしょうか?しかし、こうしたケアでその時だけはカバーできるかもしれませんが、口臭が治るという訳ではありません。気になる口臭から解放されるためには、口臭外来での治療が効果的です。口臭外来では高度な機器を使用した治療を受けることが出来ます。今回は、口臭外来での治療の流れや治療方法など、口臭治療とは何かについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

口臭治療を行う口臭外来

口臭外来って何?

口臭外来とは口臭を専門に扱っている専門医院のことで、総合病院や歯医者の中に開設されている場合もあります。口臭外来は自由診療になりますので、保険が適用されないというデメリットがあります。しかし、一般の歯科で行うことの出来ない高度な技術や専門的な機器を使用した治療を行っており、口臭改善に向けてどのような治療が最適かを見つけてくれます。

口臭外来での治療の進め方とは?

口臭外来では、まず質問票や対話による問診を行います。問診時には、恥ずかしがらずにしっかりと口臭の悩みについて医師に相談することが大切です。そうすることによって、医師が悩みに合わせた治療法を見つけてくれます。問診が終わると、口臭検査に入ります。口臭検査では、専用の検査器を使用する場合や医師が口臭をチェックする場合などがあります。ここで口臭があると判断されたら、その原因について探ります。

例えば、口臭の原因が歯周病などの歯科疾患であった場合、歯石除去や歯周病治療などの歯周治療へ入ります。歯科疾患が見つからなかった場合は、舌が白くなっていないかや耳鼻咽喉科疾患にかかっていないかなどを診断します。舌診と呼ばれる舌のチェックでは、舌の色や形などを見ていきます。舌が乾燥していたり、舌苔と呼ばれる苔のような汚れが付着している場合、舌が原因で口臭を発生させている原因が高くなります。原因が見つかれば、それぞれの原因に合わせた治療が行われます。

口臭外来で口臭無しと判断された場合

口臭外来での検査では、必ず口臭があると判断される訳ではありません。口臭がないと判断された場合は、カウンセリングが行われます。口臭がないのに気になってしまう場合は、精神的な問題が関係している可能性もあります。まずは医師に相談して本当に口臭があるのかを確認してみると良いでしょう。

口臭外来で検査に使用する機器

口臭測定に使用する機器

口臭測定には、口臭の3大要素とよばれる3つのガスの濃度をそれぞれ測定することが出来るオーラルクロマや揮発性硫黄化合物のガス濃度を測定するMSハリメーターと呼ばれる機器などを使用します。オーラルクロマの使用方法は、まずプラスチック製の注射器の先をくわえて息の採取を行います。口を閉じた状態で1分間息を採取したら、オーラルクロマへ注入して口臭をチェックしていきます。MSハリメーターは口内臭気だけではなく、呼吸臭気や鼻臭気の測定も可能となっており、世界で最も使用されている口臭測定器の一つです。オーラルクロマやMSハリメーターの他にも、プラスチックチューブで息を採取し素早く揮発性硫黄化合物を測定するプレストロンや人間の臭覚に変換して客観的な口臭のレベルを測定することが出来るBBチェッカーなどがあります。

口臭外来の口臭治療法

マウスピースを使用した除菌治療

口臭の原因が歯周病・虫歯、歯石、舌苔ではなかった場合、口の中に存在している嫌気性菌と呼ばれる菌が発生させているガスが原因である可能性があります。この菌を除菌するにはマウスピースを使用した除菌治療が効果的です。抗生物質や消毒剤をいれた専用のマウスピースをはめて口臭を抑える治療法です。

漢方薬を使用した薬物療法

口臭の原因は、口腔内トラブルだけではありません。体のバランスが崩れることによって口臭を発生させている可能性があります。ストレス、緊張、過労、ホルモンなどが体のバランスを崩してしまう原因となるため、日頃からストレスや過労を貯めないように心がけることが大切です。万が一、体のバランスが崩れて口臭を発生させてしまった場合は、漢方薬を摂取することで体のバランスを整えて口臭を抑えることが出来ます。また、漢方薬には唾液の量を増やす効果もあるため、唾液の量が減ることで発生する口臭を抑える働きもあります。

唾液腺を刺激するマッサージ治療

唾液には口臭の原因となる細菌を洗い流して口臭を予防する働きがあります。そのため、唾液の量が減ってしまうと口臭を発生させる原因となるのです。唾液の量を回復させて口臭を抑えるには、唾液腺を刺激するマッサージ治療が効果的です。唾液腺や口の中の粘膜がマッサージによって刺激されると、唾液の量が増えて口の中が潤った状態になり口臭が改善される効果が期待できます。

口臭外来が必要かどうかまずはセルフチェックで確認

虫歯がないかチェックしてみよう

口臭が気になる場合、口臭外来で見てもらうのが一番です。しかし、口臭外来は自由診療になるため保険が適用されません。そのため、治療費が高額になってしまうというデメリットがあります。まずは、セルフチェックで口臭の原因を探ってみましょう。虫歯は口臭を発生させる原因の一つです。虫歯が原因で歯に穴が空いていると、歯磨きで落とせない食べカスがつまってしまい悪臭を発生させる原因となります。また、虫歯を放置していると神経が虫歯に侵食され、神経を腐らせて腐敗臭を発生させます。

虫歯が原因の口臭を発生させないためにも、まずはセルフチェックで歯に穴が空いていないかを確認しましょう。歯に穴が空いていないか目で確認出来ない場合でも、差し歯がある場合はその差し歯の中で虫歯が進行してしまっている可能性もあります。そのため、定期的に虫歯がないか検査することが大切です。

歯周病が原因で口臭を発生させている場合は、歯茎をチェック

歯周病も口臭を発生させる原因となります。歯周病になっていないかを確認するには、歯茎の状態をチェックします。歯茎が赤くなっていたり膿が出ているなど炎症を起こしている場合は、歯周病にかかっている可能性が高くなります。また、歯磨き時に出血がある方も要注意です。歯茎から膿が出ているような場合、膿によって強い口臭を発生させている可能性があります。歯茎が気になる方は、すぐに受診することをおすすめします。

口臭外来でしか受けられない口臭治療

口臭治療とは何かについてご紹介してきました。口臭治療は自由診療になるため保険が適用されません。しかし、高度な技術機器を使用した治療は口臭外来でしか受けることが出来ません。また、口臭外来ではオーラルクロマやMSハリメーターなどの測定器を使用して口臭の有無をしっかりと調べることが出来ます。そのため、ずっと口臭で悩んでいる方は、一度診察を受けてみることをおすすめします。まずは、セルフチェックで虫歯や歯周病などが原因で口臭を発生させていないかなどを確認してみましょう。また、口臭が気にならない方でも、日頃からしっかりと歯磨きをしたり定期健診を受けて口臭を予防するように心がけましょう。

口臭治療でおすすめの歯医者さん 近畿編

松本歯科医院

出典:http://ku-dc.net/

電話番号 06-6901-3849
住所 大阪府門真市垣内町7-7
アクセス 京阪本線 古川橋駅 1番出口 徒歩3分
診療時間 【平日】9:30~13:00/14:15~20:15
【土曜】9:30~13:00/14:15~17:30
休診日 水曜日・日曜日・祝日
URL http://ku-dc.net/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る