お口に合った入れ歯と長く付き合うための正しいお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

入れ歯をお使いの方はお口のなかのケアにくわえて、入れ歯のお手入れも欠かすことができません。しかし、入れ歯のお手入れ方法はお口のケアと異なります。正しい方法でお手入れしなければ、入れ歯が傷んでしまい、装用することができなくなってしまうケースも珍しくありません。入れ歯の正しいお手入れ方法について、歯科サプリ編集部がお届けします。

入れ歯と長く付き合うために必要なお手入れ

入れ歯は歯を失ってしまった場合に検討される治療方法です。レジン床入れ歯や金属床入れ歯、ノンクラスプデンチャーなどのさまざまなタイプの入れ歯を選択することができますが、どのようなタイプの入れ歯であっても、ご自身の歯と同じように正しい方法でしっかりとお手入れをすることが大切です。

正しい方法によるお手入れで入れ歯のトラブルを回避

入れ歯はお口のなかに装用することで噛む機能をサポートします。お口のなかは食べ物のかすや虫歯菌、歯周病菌などが存在していますが、しっかりとブラッシングを行うことで清潔な状態を保つことができます。お口のなかに装用している入れ歯も同じようにしっかりとお手入れを行うことが大事です。お手入れを怠ってしまうとさまざまなトラブルの原因となり、入れ歯を使用することができなくなってしまうケースも少なくありません。

入れ歯のお手入れを怠ることで起こるトラブル

入れ歯のお手入れを怠ると、入れ歯に付着していたカンジダ菌が増殖してしまいます。入れ歯を装用していることの多いご年配の方や強いストレスにさらされている方は免疫力が低下していることが多く、不衛生な入れ歯からカンジダ菌が口腔内に入り込み、さらに全身に及んでさまざまな悪影響を及ぼすおそれがあります。また、部分入れ歯をお使いの方は入れ歯のお手入れ不足が原因となって、お口のなかに残っている歯が虫歯や歯周病になってしまうリスクが高まってしまいます。口臭も入れ歯のお手入れ不足が原因となっているケースが少なくありません。

正しい入れ歯のお手入れ方法

入れ歯のお手入れは正しい方法によって行わければなりません。間違った方法でお手入れをし続けると逆に入れ歯を傷めてしまう場合があり、ダメージが大きい場合には装用することができなくなってしまいます。

機械的な清掃と科学的清掃の実施

入れ歯のお手入れはブラシなどを使った機械的な清掃と専用の入れ歯洗浄剤を使った化学的な清掃方法を併用して行います。機械的な清掃ではブラシなどで入れ歯の表面のぬめりや食べかすなどをしっかりと取り除きます。お口から取り外したばかりの入れ歯は滑りやすいため、洗面器などを用意して落下による破損を防ぐことが大事です。入れ歯洗浄剤を使った化学的な清掃は入れ歯を取り外している就寝時などに行います。入れ歯洗浄剤を使うことで、ブラシが届かない部分の汚れや目に見えない細菌などを効率的に取り除くことができるようになります。

入れ歯のお手入れのながれ

入れ歯はかならずお口から取り外して清掃を行います。可能であれば、毎食後に清掃を行ってください。取り外した入れ歯は水で洗い流して、指で全体の汚れを取るように軽くこすります。

つぎに入れ歯用のブラシを使って細かい隙間などの汚れをしっかりこすり落とします。入れ歯用の歯磨き粉を使うことで、さらに効果的なお手入れができるようになります。なお、入れ歯のお手入れに用いるブラシや歯磨き粉はかならず入れ歯用のものを使用してください。口腔ケア用の歯ブラシは入れ歯の表面を大きく傷つけてしまうおそれがあります。一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多く、やはり入れ歯の表面にダメージを与えてしまう可能性があります。

ブラシを使ったお手入れの後に洗浄剤を入れた水かぬるま湯に入れ歯を浸け置きします。60℃以上の高温のお湯に付けると入れ歯が変形してしまう場合があるため、洗浄剤によって定められた温度の水またはぬるま湯でお手入れをすることが大事です。また、入れ歯は乾燥に弱い傾向があります。そのためお口から取り外した入れ歯はすぐに洗浄を行って、乾燥させないことが大事です。乾燥した状態が続くと床部分などにひびが入ってしまう場合があります。

お手入れに役立つ入れ歯専用のケア用品

入れ歯のお手入れのために作られたケア用品は正しいお手入れに役立ちます。入れ歯専用の歯ブラシは入れ歯の表面を傷つけてしまうことがないように毛先が柔らかくなっているほか、お手入れしやすいようにグリップ部分にも工夫が施されているものが多く市販されています。握力の低下しているご年配の方にも使いやすいタイプの製品も多くあります。洗浄剤も豊富な種類のものを選ぶことができます。入れ歯に付いた細菌の除去はもちろん、部分入れ歯のクラスプ(留め金)のくもりから守ることができる洗浄剤や入れ歯の着色汚れを取り除くことができる洗浄剤も市販されています。

入れ歯と同じように大切なお口のお手入れ

入れ歯を装用している方は入れ歯のお手入れだけでなく、毎日のブラッシングなどのお口のなかのケアもしっかりと行うことも大切です。お口のなかのケアが十分でなければ虫歯や歯周病のリスクが高まります。虫歯が進行して歯の形状が変わったり歯周病によって歯に揺れ動きが生じたりすると、お使いの入れ歯がお口に合わなくなってしまう場合があります。

入れ歯のタイプごとの口腔ケア

一般的な部分入れ歯はお口のなかに残っている歯に金属製のクラスプによって固定されます。クラスプが掛かっている歯はダメージを受けやすく、虫歯や歯周病のリスクが高い状態にあるため、とくに念入りにブラッシングを行うことが大事です。入れ歯をより長く安定した状態でお使いいただくためにも、しっかりとセルフケアを行っていただきたいと思います。総入れ歯をお使いの方は、入れ歯を取り外した後にうがいを行って、お口のなかのぬめりなどをしっかりと取り除きます。

しっかりと噛める状態を保つことを目指したお手入れ

入れ歯のお手入れを怠ると入れ歯が不衛生な状態になったり、大きなダメージを受けて装用することができなくなってしまいます。入れ歯の装用を止めると顎の骨の退縮が進んで入れ歯がお口に合いにくくなるという悪循環に陥ってしまうおそれがあります。日頃から正しい方法で入れ歯のお手入れを行い、お使いの入れ歯でしっかりと噛める状態を保っていただきたいと思います。

正しいお手入れが可能にする入れ歯との長い付き合い

お口のなかでものを噛む役割を担う入れ歯は、正しい方法でお手入れを継続することで安定した状態で使い続けることができます。お手入れ不足や間違った方法によるお手入れは入れ歯にダメージを与えてしまう原因となります。また、入れ歯を不衛生なまま装用することは、身体全体に思わぬ悪影響を及ぼしてしまうことに繋がるおそれがあります。入れ歯用のブラシや歯磨き粉、洗浄剤を正しく使用して、つねに入れ歯を清潔な状態に保っていただきたいと思います。お口に合った入れ歯を使い続けることで、噛む機能をより長く保ちやすくなります。現在お使いの入れ歯のお手入れの方法に不安がある方には、入れ歯治療を受けた歯科医院に相談してみることも大切です。

入れ歯治療でおすすめの歯医者さん 九州編

もとさか歯科医院

出典:http://motosaka.jp/

電話番号 0930-55-6678
住所 福岡県行橋市南大橋4-7-19
アクセス JR日豊本線 行橋駅 徒歩16分
診療時間 【平日】9:00〜12:30/14:30〜18:30
【土曜】9:00〜12:30
休診日 日曜日・祝日
URL http://motosaka.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る