インビザラインとは?周囲から気付かれないマウスピース矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インビザラインとは、周囲から気付かれずに歯科矯正ができるマウスピース矯正を意味します。「歯科矯正したいけど、ワイヤー矯正だと見た目が気になる…。」という方も多いのではないでしょうか?

インビザラインなら目立たない透明なマウスピースを使用するため、周囲からバレずに歯並びをキレイにすることができます。でも、費用やデメリットも気になりますよね。

そこで、この記事ではインビザライン矯正について詳しく、歯科サプリ編集部がお届けします。

周囲から気付かれずに歯科矯正ができるインビザライン矯正

インビザライン矯正は、マウスピースを使用して歯並びを直す歯科矯正です。ワイヤーや器具を使って歯並びを直すブラケット矯正に比べて、インビザライン矯正はまだあまり良く知られていません。それでは、インビザライン矯正とは何なのか詳しく見ていきましょう。

インビザラインとは?特徴は?

歯並びを直したいと考えている人も多いのではないでしょうか?歯並びをキレイに整える歯科矯正には、いくつかの方法があります。まず、ブラケット矯正と呼ばれる方法は、歯科で最もよく行われている歯科矯正の一つです。まず、ブラケットと呼ばれる器具を歯に装着し、その器具にワイヤーを通して引っ張ります。

数ミリ単位での細かい微調整が可能で、一人一人の歯並びに合わせて矯正することができます。しかし、ブラケット矯正だと見た目が悪いというデメリットがあります。その他、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着する舌側ブラケット矯正というものもあります。歯の裏側に器具を装着することで、目立ちにくいというメリットがありますが、虫歯になりやすいことや舌にあたることによる違和感などのデメリットがあります。

これら二つのデメリットを解消してくれるのが、インビザライン矯正です。インビザライン矯正とは、透明のマウスピースを使用する歯科矯正のことです。

ブラケット矯正に比べて目立ちにくいので、「矯正したいけど見た目が気になるからなかなか踏み出せない…」という方にもおすすめです。また、舌側ブラケット矯正のように器具が舌にあたる違和感もありません。他の歯科矯正に比べてケア方法も簡単なので、虫歯になりにくいのも特徴的です。

インビザライン矯正の治療の流れ

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、歯科で一人一人の歯並びに合わせて作成しています。マウスピース作成に入る前に、まず精密検査を行い歯並びや噛み合わせなどをチェックします。この時、同時に虫歯や歯周病の有無なども検査します。もし、治療が必要な歯が見つかった場合、治療を全て完了させてから歯科矯正へと入ります。

マウスピースの脱着方法やお手入れ方法について、説明を受けます。マウスピースは薄くて透明な素材でできているので、装着してもほとんど目立ちません。装着した始めのほうは、少しきついように感じる場合もありますが、徐々に慣れていきます。マウスピースを一日20時間ほど装着することで、少しずつ歯を正しい位置へと移動させていきます。

インビザライン矯正のメリット・デメリット

インビザライン矯正は、目立ちにくいだけではなく、お手入れが簡単で虫歯になりにくいなどのメリットがあります。しかし、費用が高額になってしまうなどのデメリットもあります。

このメリット・デメリットを事前にしっかりと把握しておくことで、後から後悔してしまうことも少なくなります。これから、このメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきますので、インビザライン矯正を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

インビザライン矯正のメリット

インビザライン矯正を受けるメリットとして、まず見た目が目立ちにくいということが挙げられます。「歯並びが気になるけど、矯正の器具やワイヤーが目立つのも嫌」という方にはぴったりの治療法です。

金属アレルギーのある方は、金属ワイヤーや器具を装着するブラケット矯正ができません。インビザライン矯正は、金属アレルギーの方にもおすすめの矯正法です。

インビザライン矯正だと食事や歯磨きの際には取り外すことができるので、お手入れ方法も簡単です。器具を使った矯正方法に比べて、汚れが残りにくいので、虫歯や歯周病になりにくいことなどもインビザライン矯正のメリットとして挙げられます。

インビザライン矯正のデメリット

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、自分で取り外しができます。そのため、ついつい装着し忘れたり、面倒になってつけなくなってしまったりする人もたくさんいます。正しい装着時間を守らないと、効果が得られなくなってしまいます。そのため、取り外しができることはメリットであると同時にデメリットにもなります。

その他、インビザライン矯正は他の矯正方法に比べて、治療費が高いということもデメリットの一つとして挙げられます。では、具体的にどのくらいの費用がかかるのか、次の章で詳しく見ていきましょう。

インビザライン矯正にかかる費用と治療期間

インビザライン矯正をやってみたいけど、治療費が高いと聞いたので、迷っている方も多いのではないでしょうか?実際、インビザライン矯正にはどのくらいの費用がかかるのか、詳しく見ていきましょう。また、インビザライン矯正の治療期間についてもご紹介します。

インビザライン矯正にかかる費用

歯科矯正は、基本的に保険適用外で自費治療になるため治療費が高額になります。インビザライン矯正も同様に保険が適用されません。インビザライン矯正にかかる費用は上下で大体80万円程度ですが、歯並びやメーカーなどによっても値段が変わってきます。

ブラケットを使用したワイヤー矯正にかかる費用は、表側矯正で大体300,000円程度、裏側矯正で大体500,000円程度です。インビザライン矯正にかかる費用は、ワイヤー矯正に比べて高めに設定されています。

インビザライン矯正の治療期間

インビザライン矯正の治療期間は大体1~2年程度です。ただし、1日約20時間という決められた装着時間を守らなかった場合は、治療期間が延びる場合もあります。

歯並びを直して笑顔に自信

「歯並びが気になってしまって口を開けて笑えない…」という方は、インビザライン矯正を検討してみてはいかがでしょうか?インビザライン矯正は、周囲から気付かれずに歯科矯正ができる治療方法です。ワイヤーなどを使用した歯科矯正だと、「見た目が気になる」という方が多くいます。

しかし、インビザライン矯正なら薄くて透明なマウスピースを使用するので、矯正中も見た目を気にせずに思いっきり口を開けて笑えます。

さらに、ブラケット矯正や舌側ブラケット矯正などに比べてお手入れ方法が簡単で、虫歯になりにくいなどのメリットがあります。

しかし、費用が高額などのデメリットもあります。歯並びを直すための歯科矯正には、さまざまな治療方法があります。まずは、医師に悩みや費用についてしっかりと相談して、自分に合った歯科矯正方法を見つけましょう。

インビザライン矯正でおすすめの歯医者さん 近畿編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る