保険の入れ歯で大丈夫?知っておきたい入れ歯の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

保険の入れ歯と自費の入れ歯にはそれぞれメリット・デメリットがあります。歯は日常生活を不自由なく送るために重要なもののひとつですから、自分に合った入れ歯を選ぶことが重要です。入れ歯を選ぶためには、はじめに正しい入れ歯の基礎知識を身につける必要があります。入れ歯の基礎知識について歯科サプリ編集部がお届けします。

保険の治療と自費の治療

保険の入れ歯を使っている方は数多くいらっしゃいます。保険の入れ歯というのは費用を抑えて作ることができるのが特徴ですが、実は自費診療の入れ歯ではできる治療を受けることができない場合があり、入れ歯の治療を受ける前に注意しておくことが必要です。

保険の入れ歯の種類

保険の入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯というのは歯が一部分だけなくなってしまった方に用いる治療法で、歯がなくなった部分が複数箇所に渡ったり、幾つもの歯がなくなってしまったりした時に頻繁に利用される治療法です。部分入れ歯はしっかりと作ると安心してものを噛むことができる治療なので、保険の入れ歯を利用して多くの患者さんが生活を送っています。

総入れ歯はすべての歯を失ってしまった患者さんに使う入れ歯で、入れ歯の固定に吸盤のような吸着力に頼って入れ歯を固定しています。このような固定法が功を奏すためにはどうしても適切な入れ歯の作成が欠かせず、歯医者の技量や技工士の技量が現れる治療の一つとして知られています。しっかりと作られた総入れ歯は安心してものを噛むことができるので、食事や会話にも差し支えることがありません。保険適応の入れ歯でも安心して噛めるのですが、材料の性質により、どうしても劣化してしまうことがあるので、定期的に歯医者の調整を受けなくてはいけません。それぞれの入れ歯についての知識を身につけ、入れ歯選びに役立てましょう。

自費の入れ歯の特徴

自費の入れ歯は実は種類自体は保険の入れ歯とあまり変わりませんが、その固定の方法や材質に大きな差があることが知られています。自費の入れ歯を利用すると保険の入れ歯よりもしっかりとした固定ができるので、入れ歯が外れたり、入れ歯を止める留め金が見えたりしないような入れ歯を作ることができるので、満足度の高い治療を受けることができます。また、入れ歯本体の材質に金属を多用したり性質の良い金属を利用したりすることができるので、入れ歯を快適に利用したいと思う時には自費の入れ歯を使うのも優れた選択ということができます。

入れ歯の治療のメリットとデメリット

入れ歯の治療のメリットとデメリットをしっかりと理解しておくと、自費にするか保険にするかを迷った際に適切な判断を下すことができます。自費の入れ歯にはメリットとデメリットがあり、保険の入れ歯も同様なので、双方のメリットとデメリットを把握しておくようにしましょう。

保険の入れ歯のメリットとデメリット

保険の入れ歯のメリットというのは何といっても、費用の負担が少ないことにあります。対してデメリットはこまめな調整が必要な点です。保険の入れ歯は日常生活に支障なく使うことができるように作られたもので、保険の入れ歯だけでも日常生活で大きな問題を起こすことはありません。しかし、残念ながら金属の留め金が見えてしまったり、入れ歯の材質が弱く、変形や破損を起こしたりしやすいので定期的に歯医者の調整を受ける必要があります。調整を受けないとやがて入れ歯が合わなくなり、さまざまなトラブルが起こる原因にもなってしまいます。

保険の入れ歯は費用の負担が少ないものの、定期的に調整が必要なものだということを理解したうえで、選択するようにしましょう。

自費の入れ歯のメリットとデメリット

自費の入れ歯は、保険の入れ歯と比較すると費用の負担が多いという点がデメリットといえます。対して、使える材料の多様性や使える固定手段が数多くあることから、保険ではできないような治療を受けられるのがメリットです。保険では入れ歯の固定手段が限られていて、どうしても食べ物を噛んでいる間にずれてしまったり、会話している間に入れ歯が外れてしまったりするなどのトラブルが起こることがありました。このようなトラブルを解消するためにも、自費の入れ歯を選択するのも一つの手です。

自費の入れ歯の注目点

自費の入れ歯は種類が多く、注目点を理解しておかなければ自分に適した入れ歯を選ぶことができません。費用をかけて入れ歯を作る分、いくつかの注目点を理解しておくと入れ歯についての理解が深まります。留め金と、材料の2点について詳しくご紹介します。

留め金

入れ歯を固定する留め金は重要な注目点です。留め金は目立ちやすいので、笑ったときに見えてしまうことを心配する方がいます。自費で作られる入れ歯の留め金は目立たないように作られているものばかりで、インプラントを土台に入れ歯を固定したり、残っている歯を土台にして入れ歯を固定したりと、いくつもの工夫が施されています。最近ではオールオンフォーというインプラントの上に入れ歯を固定する治療も行われているので、納得できる治療を受けるようにすると良いでしょう。

材料

自費の入れ歯を選ぶときには金属の種類に注目してみると良いでしょう。入れ歯に使用する金属は多くの種類から選ぶことができるのですが、金属によって性質が大きく変わります。例えばチタン材料は軽くて丈夫な材料なので、装着する入れ歯が軽くなります。そのほか、ゴールド材料は熱の伝導性が高いので、食べ物の温度を自然に伝える働きがあり、食事の違和感が少ないのが特徴です。

以上のように入れ歯の性質は金属の種類によって大きく変わるので、どのような金属が自分に合っているか慎重に選ぶようにしましょう。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯の治療では保険だけでなく自費を選ぶこともできるので、どちらが自分に合っているのかを判断するためには、どうしてもしっかりとした知識が必要になります。保険の入れ歯は費用の負担が少ないので、どなたでも気軽に治療を受けることができ、入れ歯の質もしっかりとしているので、日常生活に困ることもありません。しかし、見た目や固定の質については、材料の種類や留め金にこだわれる分、自費の入れ歯の方が優れているので、入れ歯の見た目や固定の質を重視したい場合は自費を選ぶ方が良いかもしれません。満足のいく治療が受けられるように、入れ歯についての基礎知識を身につけるようにしましょう。

入れ歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

義澤歯科医院

出典:http://www.yoshizawa-dc.jp/

電話番号 042-742-3638
住所 神奈川県相模原市南区相模大野3-14-11
アクセス 小田急江ノ島線 相模大野駅 北口 徒歩3分
診療時間 【平日】9:00~12:00/14:00~19:00
【土曜】9:00~12:00/14:00~17:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.yoshizawa-dc.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る