虫歯は遺伝する?体質や日々のケア方法についても紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「虫歯は遺伝する」そんな言葉を聞いたことはありますか?

骨格や歯の質は遺伝することがありますが、虫歯そのものが遺伝するということはありません。

虫歯は毎日の歯磨きはもちろん、食事内容や日常生活など様々な要因が絡み合ってなるものです。そして少しのことに気をつかうことで、虫歯を予防することができます。

ここでは虫歯が遺伝するかどうか、そして虫歯はどのようにすればケアできるのかについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

 

虫歯が遺伝するというのは本当?虫歯になるメカニズムを解説

虫歯という言葉はよく耳にしますが、そもそも虫歯とは何が原因でどのような状態になることを指すのでしょうか。

虫歯のメカニズムを読み解くことで、虫歯が遺伝するものなのかということを解説していきます。虫歯になるメカニズムを把握し、予防をしていきましょう。

虫歯菌の感染経路

そもそも虫歯とは口内にある虫歯菌が繁殖することで虫歯になります。生まれたての赤ちゃんの口内には虫歯菌がいません。虫歯は歯質、細菌、食事、時間といったことが原因になりますので、親の骨格によって虫歯になりやすい体質はありますが、遺伝することはないとされています。

それではなぜ子供は虫歯になるのでしょうか?答えは簡単で親や食事を介して虫歯菌が感染していると言われています。例えば子供にキスをしたり、親がかみ砕いた食事を子供に与えたりすると親の口から子供に虫歯菌が感染します。

虫歯菌は唾液によって感染しますので、それが原因となって虫歯になってしまう子供がいます。つまり虫歯は遺伝するのではなく、親の接し方によって虫歯にしているということになります。子供のころから虫歯になってしまうのは辛いことなので、親がしっかりとした対策をするようにしましょう。

虫歯菌が感染してしまう行為

それではどのような行為をすることで、親から子供に虫歯菌が感染してしまうのでしょうか。

先ほど説明したように虫歯菌は唾液を通して感染すると言われています。そのため親が子供の口にキスをする、スプーンや箸を共有する、食べ物を口移しで与えたりかみ砕いて与えたりするという行為によって虫歯菌は感染します。

もともと子供の口内には虫歯菌は存在しませんが、乳歯が生えてきたころから虫歯菌が住みつく環境が整います。そのころから普段のスキンシップや食事に気をつけることで、子供が虫歯になることを予防することができます。

虫歯になりやすい体質について解説

虫歯になるメカニズムについて説明してきましたので、続いては虫歯の遺伝について解説していきます。

先ほど説明したように虫歯自体は遺伝しないのですが、虫歯になりやすい体質は遺伝する可能性があります。その点について掘り下げていきます。

骨格の遺伝による虫歯の遺伝

虫歯そのものが遺伝することはありませんが、骨格は遺伝することがありますのでそれによって虫歯になりやすい体質の子供は存在しています。

また子供の性格によっては歯磨きをめんどうくさがったり、上手に歯をみがけなかったりということもあります。骨格が遺伝した場合親も子供も虫歯になりやすい体質になりますので、そのことが虫歯は遺伝するとされる原因かと思われます。虫歯になりやすい体質はありますが、必ず虫歯になるという体質はありません。日々のケアがとても大切になるということです。

虫歯予防に気をつける時期

また子供には虫歯の感染リスクが高まる時期が存在しています。それは生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月までの時期で、この時期に虫歯菌を多く取り込んでしまうとその状態が定着してしまいます。

逆にこの時期に虫歯菌をしっかりコントロールすることができれば、虫歯になりにくい体質になることができます。先ほど紹介したようにキスをしない、箸や食器を共有しない、食事を口移しで与えないということを守ることがポイントです。どれも気を付けていれば防ぐことができますので、親がしっかり気をつけてあげましょう。

虫歯にならないための生活習慣

虫歯は日々のケアをしっかりとしておけば、かなりの確率で防ぐことができます。虫歯になってしまうと日々の生活に支障が出てしまいますので、ここからは虫歯にならないための生活習慣を解説していきます。日々のケアをしっかりすることで、虫歯知らずの生活を目指しましょう。

間食をしないことが虫歯の予防

まずは間食をできるだけしないことで虫歯を予防することができます。口の中に食べ物が入っている時間が長いと、口の中が酸性の状態が長くなってしまいます。口の中が酸性の時は歯が溶けやすくなりますので、酸性の状態が長いと虫歯になる可能性があがります。

間食はしても構わないですが、食事と完食の間は少なくとも2時間くらいは空けるようにすると、その間に口の中が酸性からアルカリ性に戻ります。間食をする場合は食事との間にどれくらい時間が空いているか気をつけましょう。

歯磨きを欠かさないことが虫歯の予防

当たり前のことですが、毎日歯磨きを欠かさないことが虫歯の予防になります。特に夜歯磨きをしないと寝ている間に虫歯菌が繁殖してしまい、虫歯になりやすくなってしまいます。

また歯磨きのやり方が悪いと、歯磨きをしていても効果が薄い場合があります。歯磨きをしていても虫歯になってしまうという人は、歯医者さんに歯磨きの指導を受けて改善するようにしましょう。

定期健診が大切

毎日歯をしっかり磨いて、食事に気を付けていても虫歯になってしまうということはあります。それを防ぐためにも定期的に歯医者に健診にいくことが大切です。親身な歯医者さんでは半年に1回ほど、定期健診のお知らせがくると思いますのでお知らせがきたら健診に行くといいでしょう。お知らせがこない場合でも、半年に1回は健診に行くと虫歯を防ぐことができます。

虫歯になった後では治療する手間がかかりますので、日々の予防と定期健診で虫歯になることを防いでいきましょう。

虫歯になる原因は遺伝ではなく日々の生活習慣

虫歯は遺伝することがあるのかということについて解説してきました。確かに骨格や歯の質は遺伝することがあるので、生まれつき虫歯になりやすい体質の子供というのは存在します。

しかしそういった子でも日々のケアをしっかりすることで、虫歯を予防することは可能です。特に生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に虫歯菌が定着してしまうと、その後虫歯になりやすくなってしまいますので親がしっかりとケアしてあげることが大切です。

キスをしない、箸や食器を共有しない、口移しで食べ物を与えないといったことは気を付けていればケアできます。親がしっかりと意識をしてあげて、その後は生活習慣をととのえてあげれば子供を虫歯になりにくい体質にすることができます。

少しのことを意識するだけで、虫歯になる確率を減らすことができますので虫歯にならないための生活を心がけていきましょう。

虫歯治療でおすすめの歯医者さん 関東編

森山歯科クリニック

出典:http://www.moriyama-dc.com/

電話番号 048-832-1220
住所 埼玉県さいたま市浦和区 北浦和3-4-14 名古谷ビル 3F
アクセス JR京浜東北線 北浦和駅 東口 徒歩1分
診療時間 【月・金】10:00~13:00/14:30~20:00
【火】10:00~13:00/15:00~20:00
【水・木】10:00~13:00/14:30~19:00
【土・日】10:00~13:00/14:00~17:00
休診日 祝日
URL http://www.moriyama-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る