予防歯科における定期検診の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

虫歯や歯周病といった口腔疾患の予防を目的とした歯科分野に“予防歯科”というものがあります。予防歯科には様々な方法が存在していますが、その中でも特に重要なのが歯科医院での“定期検診”です。

ここでは予防歯科がどういったものなのか、定期検診がどういったものなのか、また予防歯科における定期検診の重要性について、歯科アプリ編集部がお届けします。

予防歯科と口腔疾患の関係性

口腔疾患を防ぐための予防歯科

予防歯科とは一般的に口腔疾患を防ぐことを目的とした歯科分野のことを指し、二大口腔疾患と言われている虫歯や歯周病を中心とした口腔疾患の予防によって、健康的な口腔環境の維持を目指していきます。虫歯治療や歯周病治療といった一般歯科診療に取り組んでいる多くの歯科医院では、これらの歯科治療と併せて予防歯科に積極的に取り組まれています。

一昔前までは「歯が悪くなったら歯科医院に行く」といった認識でしたが、現在では「歯が悪くならないため(予防のため)歯科医院に行く」という認識が広く浸透してきています。それでも認知度が100%というわけではなく、まだまだ予防歯科の取り組みについて知らない人、予防歯科の重要性に気づいていない人が多いのも現実です。

そのため、多くの歯科医院では虫歯治療や歯周病治療を行う際に、歯科医師や歯科衛生士が予防歯科について、定期検診について解説するといった取り組みを行っています。

予防歯科ってどういうもの?

「予防歯科には具体的にどういったものがあるの?」と疑問に感じている方も多いのではないかと思います。予防歯科には大きく分けて二つの取り組みが存在します。一つが歯科医院で行うプロケアです。もう一つは自宅で行うセルフケアです。

プロケアとは歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う口腔ケアのことで、口腔内の確認、口腔内クリーニング、PMTCなどがあります。セルフケアとは自宅で自分自身が行う口腔ケアのことで、毎日の歯磨き、デンタルフロスによる口腔ケアなどが中心になります。また、多くの歯科医院ではプロケアに際して、適切なブラッシング指導などセルフケアをサポートする取り組みも行っています。

予防歯科ではこのプロケアとセルフケアの両立が非常に重要と考えられており、どちらかが疎かになってしまうと十分な予防効果を得ることができないと言われています。そのため、歯科医院では予防歯科の解説をする際に、自宅でのセルフケアの重要性についてしっかりと説明が成されています。

予防歯科の取り組みの一つとしての定期検診

一般的な定期検診

予防歯科の取り組みの一つとして存在するのが“定期検診”です。しかし、一般的な定期検診と予防歯科のための定期検診では微妙に内容が異なっているのが現実です。一般的な定期検診では虫歯や歯周病の治療の経過を確認する、新しい口腔疾患の有無を調べる、といった二つの内容が中心になってきます。

これは一般的な定期検診が口腔疾患の治療の延長として行われており、口腔疾患の早期発見・早期治療を主な目的としているからです。

予防歯科としての定期検診

予防歯科としての定期検診では、一般的な定期検診と同様に口腔内の状態を確認した上で、口腔疾患の原因となる細菌の除去を行っていきます。虫歯菌や歯周病菌が生息している歯の表面のバイオフィルムを剥がして清潔な口腔環境の実現を目的としており、そのために歯科衛生士による口腔内クリーニングやPMTCが存在しています。

このバイオフィルムや歯周ポケットに溜まった歯垢というのは、毎日のセルフケアではなかなか除去するのが難しく、放置しておくと口腔疾患の原因になってしまいます。そのため、定期検診ではプロの手によってこれらの除去を行い、毎日のセルフケアが無駄にならないようサポートしていきます。

また、定期検診では口腔内を確認し、磨き残しなどもチェックしていきます。人にはそれぞれ磨き癖があるので、どうしても磨き残しが出てしまう部分があります。プロの目で磨き癖を見極め、それぞれの人に合ったブラッシング指導・アドバイスを行っていくのも定期検診の重要な役割です。

歯科医師が定期検診を勧める理由

十分な予防効果を得るための定期検診

先ほどもお話しましたが、十分な予防効果を得るためにはプロケアとセルフケアの両立が非常に重要になってきます。プロケアとセルフケアはお互いをサポートする関係にあり、お互いの短所を補い合うことではじめて十分な予防効果を発揮することができます。どちらかが疎かになってしまうと、それだけで予防のための取り組みは無駄になってしまいます。

毎日のセルフケアで予防を意識しながら歯磨きやデンタルフロスを行い、定期的に歯科医院を利用してプロケアを受けるということが予防のためのワンセットになります。このプロケアを受けるために定期検診に通う間隔については、それぞれの口腔環境や口腔疾患の有無によって変動してくるため、歯科医師や歯科衛生士が適した定期検診のタイミングを提示してくれると思います。基本的にはこの時に提示されたタイミングで定期検診を受けるのが良いでしょう。

口腔疾患を早期発見するための定期検診

定期検診には口腔疾患を予防するという目的以外にも、口腔疾患を早期に発見するという目的もあります。特に二大口腔疾患と呼ばれる虫歯や歯周病というのは自覚症状の発現が遅く、ある程度進行して痛み、歯茎の腫れ、歯茎からの出血、といった症状が出てはじめて気づくという人も多いです。

しかし、このような症状が出た時には既にかなり進行した状態のため、治療の負担も大きくなってしまいます。もしも虫歯や歯周病になってしまったとしても、早期に発見して早期に処置を行うことができれば、それだけ治療の負担も少なくて済みます。そのため、定期検診は初期状態での口腔疾患の発見という重要な役割も担っています。

適切な予防に努めるために利用する定期検診

いかがだったでしょうか?ここまでお話してきた通り、予防歯科という領域において定期検診は非常に重要なものです。

定期検診を利用してプロによるケアやチェックを受けることにより口腔環境を清潔な状態にリセットし、またその日から意識的にセルフケアに取り組むことで十分な予防効果を得ることができます。また、歯科医師や歯科衛生士と予防について話すことで、口腔内の健康について話すことで、自然と自分自身の予防や健康に対する意識も向上するのではないかと思います。

予防歯科というのは一生涯にわたって取り組んでいかなければならないものなので、定期検診を上手く活用して自分自身のモチベーション維持に繋げていくことも必要かと思います。

予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

細田歯科医院

出典:http://www.hosodade118.com/

電話番号 03-3672-8760
住所 東京都葛飾区細田4-25-1
アクセス JR総武線 小岩駅 徒歩12分
診療時間 【平日】9:30〜13:00/14:30〜19:30
【水・土】8:30〜13:00/14:30〜17:00
※歯科医師が学会や講演会に参加する場合は休診とさせていただきます。
※患者さんをお待たせしないよう、予約制をとっております。お電話もしくは当院ホームページにて、事前にご予約をおとりいただけますようお願いいたします。当日は予約時間の5分前にお越しください
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.hosodade118.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る