子供が予防歯科に取り組むことの重要性をご存知ですか? | 歯科サプリ

子供が予防歯科に取り組むことの重要性をご存知ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子供というのはお菓子をはじめとした間食が多かったり、歯磨きなどの口腔ケアが不十分だったりすることが多く、大人と比べて虫歯になりやすい傾向があります。子供の頃の口腔環境というのは大人になった時の口腔環境にも大きく影響してくるので、子供の時こそ虫歯などの口腔疾患にならないよう“予防”に努めることが大切です。

そんな口腔疾患の予防に重きを置いた歯科分野として“予防歯科”が存在しています。ここでは子供が予防歯科に取り組むことの重要性について、歯科サプリ編集部がお届けします。

口腔疾患を未然に防ぐための予防歯科

予防歯科とは?

予防歯科とは虫歯や歯周病といった口腔疾患を未然に防ぐことに重きを置いた歯科分野で、多くの歯科医院が積極的に取り組んでいます。昨今ではインプラント治療や矯正治療といった自費診療を専門とした歯科医院を増えていますが、このような専門的な歯科医院であっても予防歯科に努めているところが多いです。

これはインプラントや歯列矯正と口腔疾患の関わりが深いことに関係しています。インプラントや歯列矯正に限らず、入れ歯、噛み合わせ、審美歯科など様々な歯科領域と口腔疾患は密接に関連しています。

一般的に予防歯科というのは歯科医院で行うプロケア(クリーニングをはじめとしたメンテナンス)と、自宅で行うセルフケア(歯磨きやデンタルフロスを用いたケア)の両立が重要だと考えられています。どちらかを疎かにしてしまうと予防という意味で不十分になり、虫歯や歯周病の原因を完全に断つことができなくなってしまいます。そのため、多くの歯科医院では予防歯科の取り組みとして、定期検診の受診をお勧めしています。

予防歯科で防げる口腔疾患は?

予防歯科で防げる口腔疾患は、基本的には虫歯と歯周病になります。これらは二大口腔疾患と言われており、虫歯や歯周病といった悩みで歯科医院を利用する人は全体の大きな割合を占めています。虫歯と歯周病はそれほどまでに私たちにとって身近なものですが、裏を返せば意識的に予防歯科に取り組み、これらの口腔疾患を未然に防ぐことで、お口に関するトラブルを大幅に削減できるとも言えます。

しかし、どれだけ意識的に予防に取り組んでいたとしても、虫歯や歯周病といった口腔疾患が発症してしまう可能性もあります。定期的に歯科医院へ検診に通い、その都度お口の中の状態を調べることで、万が一これらの口腔疾患を発症した場合でも、早急に処置を行い初期段階での解消に繋げていくことができます。

子供にとって予防歯科が重要な理由

子供のお口と大人のお口の関連性

子供にとって予防歯科が重要な理由を説明する前に、子供のお口と大人のお口の関連性についてお話しなければなりません。現代歯科医療では、一般的に子供の頃の口腔環境が大人の口腔環境に影響を及ぼすと考えられています。

子供の頃の歯並びや噛み合わせが大人になった時の歯並びや噛み合わせを決めるのはもちろんのこと、子供の頃に虫歯にばかりなっていると、大人になっても虫歯や歯周病などになりやすい口腔環境になってしまうのです。いわば癖のようなもので、子供の歯は生え変わるからという理由で健康を意識しないと、虫歯癖や歯周病癖がついてしまいます。

このように子供のお口と大人のお口というのは密接に関連しているので、一生涯にわたって健康的な口腔環境を実現するには子供の頃から予防歯科に取り組むことが非常に重要です。

子供の頃から予防歯科に取り組む重要性

先にお話したように、一生涯にわたって健康的な口腔環境を実現するには、子供の頃から意識的に予防歯科に取り組むことが大切です。もちろん大人になってから口腔疾患の予防を意識してケアに取り組むことも大切ですが、子供の頃から継続してケアに取り組むことで、より効果的に虫歯や歯周病を防ぐことができます。

また、子供の頃から意識的にケアに取り組むことにより、お口の健康に対して常に高い意識を持っておけるというのもメリットです。一生涯にわたって健康的な口腔環境を実現するには、子供の頃からお口の健康を意識して予防歯科に取り組み、お口のケアと予防意識を癖付けておくことが理想だと思います。

子供が行うべき予防歯科の具体例

大人と一緒に取り組む予防歯科

子供の頃から予防歯科に取り組んでいくことは重要ですが、子供一人では適切なケアを行うのは難しいのが現実です。そのため、お母さんやお父さんなど周りの大人が子供と一緒になって予防歯科に取り組んでいくことが大切です。

大人と一緒に取り組む予防歯科としては、日々のセリフケアが中心になってきます。毎日の朝、昼、晩の歯磨きがセルフケアの基本になりますが、子供だけではケアが不十分になりがちで磨き残しが出る場合もあります。そのため、お母さんやお父さんなど周りの大人が仕上げ磨きをしてあげる必要があります。

一般的には小学校低学年までは大人が仕上げ磨きをしてあげる方が良いとされていますが、歯科医師の中には小学生の間は高学年であっても大人が仕上げ磨きをした方が良いと考えている人も多くいます。大人にとっては手間になってしまいますが、子供の将来のためにもきちんと磨き残しのない歯磨きをしてあげましょう。

また、仕上げ磨きと並行して子供に適切なブラッシング方法を教育するのも、周りの大人の務めです。実際に自分の歯磨きを子供に見せながら教育することで、子供は自然と真似をして覚えていきます。

歯科医院と一緒に取り組む予防歯科

予防歯科においてセルフケアと同じだけ重要なのが、歯科医院で行うプロケアです。プロケアでは歯科衛生士や歯科医師による口腔環境の確認や口腔内のクリーニングを行っていくのが中心になります。

このプロケアでは普段のセルフケアでは綺麗にできない部分をクリーニングし、自分自身では視認できないお口の中の状態をプロの目で確認することが目的となっています。予防歯科ではこのプロケアとセルフケアの両立が非常に重要なため、予防歯科に取り組む歯科医院のほとんどは定期検診の受診をお勧めしています。

子供の頃から健康意識を持って取り組む予防歯科

ここまでお話してきた通り、末長く健康的な口腔環境を実現するためには、子供の頃から健康意識を持って予防歯科に取り組むことが非常に重要です。しかし、子供の頃から自分で意識して口腔疾患の予防に取り組むというのは難しいので、子供が健康意識を持てるように周りの大人が誘導してあげることが大切です。

特に小さなお子さまをお持ちの方は仕上げ磨きの実施やブラッシング教育など多少の手間がかかってしまいますが、子供の将来の健康のためと思って躾や教育の一環として一緒に予防歯科に取り組んでいただければと思います。

また、子供のお口に虫歯などの異常が見られない場合でも、予防歯科の取り組みの一環として、歯科医院での定期検診を有効的に利用していただければと思います。

子供の予防歯科でおすすめの歯医者さん 関東編

かねこ歯科

出典:http://www.kdc2012.com/

電話番号 028-612-2733
住所 栃木県宇都宮市八千代1-12-13
アクセス 東武宇都宮線 江曽島駅 西口 徒歩1分
診療時間 【平日】9:30〜13:00/14:30〜19:00
【土曜】9:30〜13:00/14:30〜18:00
休診日 木曜日・日曜日・祝日
URL http://www.kdc2012.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る