短期間で理想の歯並びになるインプラントによる歯列矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯並びの悪さが口内環境を悪くしたり、発音に影響を与えたりすることから、歯列矯正を検討する人も多いです。これまでの歯列矯正は、専用の器機を何年も装着して矯正していく方法が一般的でした。

しかし、最近はインプラントによる歯列矯正も行われるようになり、比較的短期間で歯並びをきれいにできるようになってきています。

そこで、インプラントによる歯列矯正(インプラント矯正)の特徴や矯正方法、メリットやデメリットなどについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

歯並びを整えるインプラント矯正

インプラント矯正とは、土台となるネジ(歯科矯正用アンカースクリュー)を歯茎部分に埋め込み、その土台から歯を引っ張って歯並びを整える方法のことです。

広く知られているデンタルインプラントは、歯根となるインプラントを歯茎に埋め込んで人工歯をかぶせるため、一度埋め込むと基本的には外すことはありません。

しかし、インプラント矯正では、矯正治療が終了すると歯茎に埋め込んだ土台であるネジは取り除くことから、インプラントの活用方法がデンタルインプラントとは少し異なるという特徴があります。

一般的な歯列矯正との違い

一般的な歯列矯正は、歯と歯をワイヤーでつないで互いの歯が引っ張りあうことで歯並びが整っていきます。つまり、双方の歯が移動するため、動かなくてもよい歯も動いてしまっていました。

しかし、インプラント矯正では、土台である歯科矯正用アンカースクリューと歯をつなぐため、歯並びを整えたい部分、つまり動かしたい歯だけを動かすことができます。この動かしたい歯だけを動かせるという特徴から、これまでの治療では難しかった部分的な歯の移動や多くの歯の移動が可能といわれています。

日常生活への影響

一般的な歯列矯正は、歯と歯をワイヤーで固定して動かすため、食べるときや話をするときにワイヤーが見えてしまいます。インプラントによる矯正の場合、土台となる歯科矯正用アンカースクリューは、歯茎に埋め込むため、矯正装置が見えてしまう心配がほとんどありません。

治療方法の種類はいくつかありますが、インプラント矯正の処置後に痛みが続いたり、腫れたりするケースも少ないため、日常生活に支障が出る心配もほとんどないといわれています。

インプラント矯正後、矯正に使用したインプラントは歯茎から抜きます。歯科矯正用アンカースクリューは、直径が1.4~2㎜前後あり、長さも6~10㎜程度あるため、抜いてすぐは穴が開いています。食事をすると食べ物のカスが入り込むのではないかと心配される人もいますが、ほとんどの場合、抜いた翌日には穴がほぼ見えなくなり、歯茎の骨に開いた穴も数カ月できれいにふさがります。

インプラント矯正にかかる費用や時間

インプラントで歯並びを矯正したい時、コストや治療期間が気になるという人が少なくありません。

費用

インプラントによる歯並びの矯正は、自由診療のため保険診療の対象外でコストの負担が大きいです。ただ、歯列矯正も保険対象外のため、コストがかかるという面では同じです。

手術時間

歯科矯正用アンカースクリューを埋め込む手術にかかる時間は、埋入するインプラントの本数などによって異なりますが30分から1時間程度で終わることが多いです。

治療期間

歯並びがきれいになるまでの期間が、一般的な歯列矯正よりも短期間で終わるのがインプラント矯正の大きな特徴です。ワイヤーで歯と歯を引っ張り合う歯科矯正は、2~3年ほど継続して矯正機器を装着する必要がありましたが、インプラント矯正は、6カ月から1年ほどで治療が終わるケースがほとんどです。治療にかかる期間の大幅な短縮が可能となり、日常生活への影響もほとんどないといわれています。

インプラント矯正のメリットとデメリット

インプラントによる歯並びの矯正にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。

メリット

インプラント矯正によるメリットはいろいろありますが、これまでの歯列矯正よりもスピーディーで患者負担が減少したことが大きなメリットとされています。

・一般的な歯列矯正よりも歯をしっかりと引っ張ることができる
・治療期間が短縮されやすい
・部分的や全体的な矯正が可能
・これまで難しかった奥歯の歯列矯正もできるようになった
・患者負担が減少(矯正装置使用への協力が必要なくなったため)
・歯を骨に埋め込むような矯正も可能になった
・従来では必要だった外科手術をしなくても治療できるケースが増加

デメリット

治療の際のリスクや、治療に対する患者の心境などのデメリットが大きいです。

・インプラントを埋め込むことへの恐怖
・コストがかかる
・歯根の損傷や接触
・歯科矯正用アンカースクリューの破損や脱落の可能性
・骨、粘膜の過形成

インプラントを埋め込む際には麻酔をするため、埋入で痛みを感じることはなく、歯根の損傷や接触も治療前にレントゲン撮影などを行い、位置をしっかりと確認して行えばほとんど起こる心配がありません。もし、歯科矯正用アンカースクリューが壊れたり、脱落した場合でも、場所をずらして埋入するといった対処で対応できます。

インプラントを用いた歯並び矯正に適している人

多くのメリットがあるインプラント矯正は、次のような人に適しているといわれています。

年齢

インプラント矯正は、年齢制限はありませんが、インプラントを埋め込む部分である骨がしっかりしている必要があるため、16歳以降が適しているといわれています。

歯の状態

どのようなケースでも改善が見込めるインプラント矯正ですが、前歯が出ている人や上と下の歯がずれている人、笑ったときに歯茎が見えすぎる(ガミースマイル)人など、部分的に矯正したいケースや、全体的な歯のズレやでっぱりを改善したいケースに向いています。

短期間で歯並びを治したいならインプラント矯正

数年かけて歯をきれいな歯並びに整えるのがこれまでの一般的な歯列矯正方法でした。しかし、デンタルインプラントの普及により、インプラントによる歯列矯正も注目されるようになり、広まりつつあります。

インプラント矯正は、これまでの方法では難しかったケースでも歯列矯正ができるようになり、治療にかかる時間や期間が短いという特徴があります。日常生活への支障が少なく、患者自身の負担も軽いのに、矯正効果を実感しやすいため、時間や負担で矯正をあきらめていた人におすすめです。

短期間で効果的に歯並びを治したいのであれば、インプラント矯正もひとつの選択肢として検討してみてもよいかもしれません。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 九州編

小倉オリーブ歯科・矯正歯科

出典:http://www.k-olive-dc.com/

電話番号 093-475-8080
住所 福岡県北九州市小倉南区下曽根新町10-1 サニーサイドモール小倉内1F
アクセス JR日豊本線 下曽根駅 徒歩1分
診療時間 【平日】10:00~13:00/15:00~20:00
【土・日】10:00~13:00/14:30~17:30
休診日 水曜日・祝日
URL http://www.k-olive-dc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る