インプラントは金属アレルギーでも可能?現れる症状と選ぶ素材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インプラント手術を受けたいけれど、金属アレルギーがあるから自分には無理だ、と思っていませんか?インプラント術後に出る金属アレルギーの症状も、どんなものなのか気になります。

そこで、今回はインプラント術後に現れる可能性のある金属アレルギーの症状と、金属アレルギーの人が選ぶべきインプラントの素材などについて調査しました。インプラントと金属アレルギーの関係について、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント術後に発生する可能性のある金属アレルギーの症状

インプラント術後に発生する可能性のある金属アレルギーの症状は、大きく分けて、口腔内に出る症状と全身症状のふたつがあります。ここでは、その中でも比較的よく見られる症状を紹介しましょう。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)

扁平苔癬とは、お口の中の粘膜部分に幅1~2mmぐらいのレース状の模様が出てその内側に赤い部分やただれが認められる症状のことです。前がん状態ともいわれていて、要観察の病変です。この扁平苔癬ですが、インプラントで金属アレルギーが起こった場合にも見られる症状として気をつける必要があります。

自覚症状がない場合も多いとのことなので、インプラントの術後は、鏡を使って自分の目で問題があるかないかを観察するよう習慣づけてください。インプラントを除去すると消えるともいわれていますので、異変に気がついたら早めに歯医者さんに相談しましょう。

発疹

金属アレルギーの典型的な症状で、全身に出ることもあれば、口の中だけにできる場合もあります。インプラント術後に口内炎ができやすくなったと感じているなら、金属アレルギーになっているのかもしれません。金属アレルギーが原因だと、いくら薬を使って口内炎を治しても、再発してしまいます。

接触皮膚(粘膜)炎

アレルギーのある金属に接している部分の皮膚に炎症が起こる症状のことを「接触皮膚(粘膜)炎」と呼びます。インプラントを入れている部分に触れている粘膜が炎症を起こして傷む場合も、インプラントが原因の金属アレルギー症状が出ている可能性があるでしょう。

インプラント術後に「これって金属アレルギー?」と疑問に思う症状があれば、まずインプラント手術を受けた歯医者さんに相談しましょう。ここでは、典型的な症状をいくつか紹介していますが、この中に当てはまらなくても気になることがあれば何でも相談することが大切です。

金属アレルギーを避けるために知ろう!インプラントの素材

インプラントは、通常一部が金属でできています。そのため金属アレルギーの起こる可能性があるのですが、金属アレルギーに配慮した素材でできたインプラントも存在します。インプラントの素材についてご説明しましょう。

土台に使われることの多いチタン

インプラントには、土台になる部分と歯を土台につなげる役割を持つ部分があり、その部分は基本的にチタンという金属で作られています。

このチタンは、金属の中でも安定性が高く、医療用として広く用いられてきた実績があります。体内に埋め込むペースメーカーなどにも使われているほど金属アレルギーになりにくい金属なのですが、チタンにアレルギーを持っている人も少数ながら存在するため、インプラントで金属アレルギー症状を示す人がいるのです。

ジルコニアセラミック

さらにアレルギーになりにくい素材として、ジルコニアセラミックを用いるメタルフリーのインプラントも出てきました。価格は多少張りますが、金属アレルギーになる可能性は限りなく低い素材です。金属アレルギーの症状がある人で、どうしてもインプラント治療が受けたいと望む人は、ジルコニアセラミックのインプラントを選ぶとかなり安心できるでしょう。

選ぶときに気をつけたい点は、あごの骨に埋め込む土台部分(フィクスチャーと言います)もジルコニアセラミックかどうかという点です。土台はチタン製で、その他の素材はジルコニアセラミック、という場合もありますので気をつけましょう。

インプラントの術前・術後で気をつけたいこと

金属アレルギーを持っている人もすべての部品がジルコニアセラミック製なら、インプラント治療を受けられる可能性があることをご紹介しました。最後に、インプラント手術を受ける前と後で、金属アレルギー関連について気をつけておきたいことをまとめましたのでご確認ください。

インプラント手術を受ける前にアレルギーテストを済ませよう

金属アレルギーの症状は、ある日突然現れます。これまで大丈夫だったからといって、今後も大丈夫とは限りません。インプラント手術を受ける前に、アレルギーテストが受けられる医療機関にて、チタンにアレルギーがないかどうかを念のため確認しておきましょう。

アレルギーテストは健康保険が適用されますので、数千円程度の費用で検査可能です。歯医者さんでアレルギーテストを受けられる場合もあるので、インプラントの相談をしているときに、併せて聞いてみると良いでしょう。

チタンでアレルギー反応が出た場合は、チタンを使用した部品を使うことはできません。ジルコニアセラミック製の部品を使ったインプラント手術を受けるか、義歯やブリッジなど他の方法にするかを考え直す必要があります。

インプラント術後にアレルギー症状が出てしまったら

特に金属アレルギーも問題なく、インプラント手術を受けて時間が経った後に金属アレルギーの症状が出てきたら、速やかにインプラント手術を受けた歯医者さんに行って、症状を見せて相談しましょう。本当にインプラントが原因なのかどうかも含めて診察してもらう必要があります。

インプラントが金属アレルギーの原因になっているなら、インプラントを除去するしかありません。その後をどうしていくかは、歯医者さんとよく相談して決めましょう。

特に重い症状がないからと放置していると、扁平苔癬の場合ガン化する恐れもあります。アレルギー症状を甘く見ずに、早めに受診してください。

インプラントで金属アレルギーを避けるならジルコニアセラミック

インプラントと金属アレルギーの関係について紹介しました。インプラントに用いられている金属は、医療用にも使用され、アレルギーを起こしにくいチタンです。ただ、この金属に対しても、アレルギー症状が出る人は少数ながらいます。チタンに対する金属アレルギーがあるかどうかは、インプラント手術を受ける前に、アレルギーテストで確認しておきましょう。

アレルギー症状として主なものは、扁平苔癬や発疹、接触性皮膚(粘膜)炎です。金属アレルギーと思わしき症状が出て、インプラントが疑わしいと感じた場合は、速やかにイプラント手術を受けた歯医者さんに相談して、問題の見極めと解決方法を考えてください。

チタンを使わないジルコニアセラミック製のインプラントなら、アレルギー症状が出る可能性はかなり低くなります。予算との兼ね合いもありますが、金属アレルギーが気になる場合は、ジルコニアセラミックによるインプラントも検討してみてはいかがでしょうか。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 九州編

上原歯科クリニック

出典:http://www.ueharadc.com/

電話番号 098-879-1555
住所 沖縄県浦添市前田1-48-1 2F
アクセス ゆいレール 首里駅から車で7分
ゆいレール 儀保駅から車で8分
診療受付時間 【平日】9:30~12:00/14:30~17:45
【土曜】9:30~12:00/14:30~17:30
休診日 木曜日・日曜日・祝日
※予約優先制(急患の方は随時対応します)
URL http://www.ueharadc.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る