インプラント治療とタバコの関係性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高い治療費を出して、新たな歯を手に入れるインプラント治療。実はタバコが原因ですぐダメになってしまうことをご存知でしょうか?

今回はインプラント治療がどのようなもので費用はいくらかかるのか?タバコがどのような悪影響を及ぼしてしまうのか?インプラントとタバコの関係性について、歯科サプリ編集部がお届けします。

人工の歯を入れるインプラント治療

入れ歯とは違うインプラント治療はどのような治療を行うことで、口の中に新しい歯を入れるのでしょうか?まずはインプラント治療の方法や値段などを説明していきます。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、失った歯の下にある顎の骨にボルトのような人工の歯根を入れ込んで人工の歯を入れる治療です。入れ歯などとは違い本物の歯のように使えることから、通常の歯を使っているような自然な食事が楽しめるようです。

その反面インプラント治療で手に入れた歯は通常の歯と同じように、きちんと歯磨きなどのケアをしないとすぐに使えなくなってしまいます。これらのことからインプラント治療で手に入れた歯は「第2の歯」「第2の永久歯」とも言われています。

インプラント治療の費用は?保険はきくの?

インプラント治療は生まれつき顎の骨が不足している、事故で失ってしまうといったことを除き、基本的に自由診療となることから保険は適用されません。加えてインプラント治療の費用は入れる歯の数によって値段が大きく異なります。

インプラント治療で使われる歯は1本約15万円~40万円ほどです。そのためすべての歯をインプラント治療で入れる場合は数百万円の治療費がかかってしまいます。

インプラント治療は歯を守る治療でもある

たとえ1本だけだったとしても歯を失ってしまえば周りの歯がどんどん傾いてしまったり、反対側の歯が伸びてしまったりといったリスクが出てきます。ですがインプラント治療を行えば歯のバランスを保つことができますので、ほかの歯の健康を守ることにつながります。

入れ歯やブリッジは支えを必要とするため、どうしても周りの歯に負担をかけてしまいます。ですがインプラント治療は顎の骨に歯根を埋め込んで入れる治療ですので周りの歯に負担をかけることはないとされています。

インプラントをダメにするタバコ

高額なインプラント治療ですが、タバコを吸うことで手に入れた歯がダメになってしまう危険性があることに加え、喫煙者は最悪インプラント治療を受けられないことをご存知でしょうか?ここではインプラント治療とタバコの関係性について説明していきます。

インプラントの成功率が下がり、最悪治療が受けられない

インプラント治療は喫煙者の場合、成功率が下がってしまいます。これはたばこに含まれる一酸化炭素、ニコチンによる血流阻害などが原因でインプラントを支えるために必要な骨や歯周組織に酸素や栄養が行き届かずに弱ってしまうことが原因です。

そのため、ヘビースモーカーは治療が受けられない恐れがあります。加えてインプラント治療が成功した後にタバコを吸うことは寿命を減らす原因となりますので、治療を検討している方は禁煙をすることをおすすめします。

タバコは歯周病などの病気を引き起こす

タバコには数千種類の有害物質が含まれており、これらは癌や歯周病などの様々な病気を引き起こす原因となります。

歯周病は、細菌が感染することで起こる炎症です。歯周病が悪化すると歯を支える歯槽骨が溶け、歯が抜けてしまいます。そのためタバコは通常の歯の寿命を縮める原因になることに加え、インプラント治療で手に入れた歯もダメにしてしまうとされています。

喫煙をしている方は酸素や栄養が十分に行き届かずに弱ってしまった骨や歯周組織に歯を入れることになるため、禁煙は必須と言えるでしょう。また、たばこに含まれるタールは歯を黄色く汚くしてしまう原因となってしまいますので、美しい歯を維持したい人にも喫煙はおすすめできません。

インプラント治療をした後はタバコを吸ってはいけない

インプラント治療によりできた傷などは約2週間で治るとされています。そのためその期間はタバコを禁煙する必要があります。もちろんインプラント治療を行う前からタバコを吸わないようにしたほうがいいですが、治療後はタバコを絶対に吸ってはいけない期間があることを、喫煙している方は理解しておきましょう。

そのためインプラント治療を受ける前に禁煙を成功させておくのもいいですね。タバコをやめる自信が無い方は禁煙外来で診察を受けてみてはいかがでしょうか?

インプラント治療は再手術が必要になることも?

インプラント治療で手に入れた歯は喫煙や歯周病などが原因で抜け落ち、場合によっては再手術が必要になることもあります。保険が適用されない高額なインプラント治療をせっかくしたにも関わらず、すぐに歯が抜けてしまっては元も子もありません。

また、2度も歯が抜けてしまうと再手術ができないケースもあるようです。お金がいくらあっても体がダメになってしまってはその時点で手術を受けることはできません。

インプラント治療を検討している方は2回目はないと考えておいたほうがいいでしょう。また、インプラント治療には保証制度がありますが、これは治療を受ける病院などによって保証の年数などが異なります。受ける際には複数のクリニックを検討し保証の確認を忘れないようにしてください。

歯の寿命を延ばすことが大切なインプラント治療

インプラント治療で手に入れた歯は大切に使えば何十年も健康的に使うことが可能です。インプラント治療で手に入れた歯を長持ちさせる方法を紹介します。

歯磨きは怠らないこと

人工の歯でも食事をすれば歯垢は付着し、口内に細菌はどんどんたまっていきます。そのため全ての歯をインプラント治療で入れ替えたとしても、必ず歯磨きは怠らないようにしましょう。通常の歯と同じように歯磨きをしないだけで新たな歯もすぐに抜け落ちてしまいます。

定期健診はしっかり受けよう

インプラント治療をした歯は定期健診が必要になります。これは歯の磨き残しにより溜まった歯垢などが原因で起こるインプラント周囲炎を防ぐためです。また、歯が噛む力によって割れることもあります。そのため歯の定期検診には必ず通い、何か異変があったときには早めに診察をしてもらいましょう。

インプラント治療で手に入れた歯は第2の歯

いかがでしたか?インプラント治療で手に入れた歯は通常の歯とほとんど同じです。

タバコを吸うことで歯が抜けてしまい、歯磨きを怠ることで病気になってしまいます。インプラント治療で手に入れた歯を長持ちさせるため、さらには今ある歯を大事にするためにも、禁煙を検討されてみてはいかがでしょうか?

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

松山歯科医院

電話番号 初診予約:050-7576-0819
再診・その他:03-3976-3355
住所 東京都練馬区旭町1-38-12
アクセス 都営地下鉄大江戸線 光が丘駅 徒歩18分
都営地下鉄大江戸線 光が丘駅よりバス 光が丘高校前下車
診療時間 【月〜土】9:00〜13:00/14:30〜19:00
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.matsuyama-dc.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る