子どもでも大丈夫?インプラント治療に適した症状や年齢制限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人工的な歯根を使って失った歯を補うインプラント治療。天然の歯と同じように噛む機能を回復させたり、審美性にもすぐれていたりします。顎に人工の歯根を埋め込む手術が必要となるため、誰でも治療ができるわけではなく治療対象には制限があります。

ここではインプラントについて、治療に適した症状や年齢などについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療の概要

失った歯を補う歯科治療として、入れ歯やブリッジ、インプラントがあります。この中でもインプラントは、より天然の歯に近い状態まで歯を再生させることができると注目されている治療法です。インプラント治療とはどういった治療方法なのか、基本的な知識について説明していきます。

人工歯根を埋め込む治療

インプラントとは、体の中に埋め込む医療機器や材料を指す言葉です。心臓のペースメーカーや人工股関節などもインプラントの一種とされています。

一般的に歯科治療におけるインプラントとは、正式にはデンタルインプラントと呼ばれ、人工歯根のことを指します。インプラント治療では、この人工歯根を顎に埋め込み、これを土台として人工の歯を装着します。

インプラント治療のメリット

従来の入れ歯やブリッジとは違ってガタつかず、異物感が少ないことがインプラントの特徴です。噛む力は天然の歯とほぼ同等で、違和感なく快適に「食べる」「話す」ことができます。しっかりと噛めることから、顎の骨がやせることを防ぐのはもちろん、固い食べ物でも美味しく味わえるようになります。

ブリッジや部分入れ歯のように、隣接する歯を削らずに治療できるため、健康な歯に影響を与えません。また、歯を装着するための金具も見えないため、見た目にも天然の歯と同じように美しく仕上がります。

インプラント治療に適した症状

インプラント治療は、顎に人工の歯根を埋め込むため、顎の骨の状態がよければ歯の位置や本数に関係なく治療をすることができます。従来の歯を補う治療方法では、失った歯の本数によりブリッジや入れ歯など選択肢が異なりましたが、インプラントは1本から全部の歯を失った場合でも治療が可能です。

すでにインプラント治療を行った場所の周囲で歯が抜けてしまった場合でも、インプラント治療を行った部分に影響をおよぼすことはありません。新たに抜けた部分にもインプラント治療を行えます。

年齢による治療の制限

歯を失うといえば、ある程度年齢が高い方がイメージされますが、どの年齢の方でも事故やケガで歯を失う可能性があります。ここではインプラントと年齢制限について説明していきます。

インプラント治療の対象年齢

インプラント治療にはルールとして定められた対象年齢はなく、子供から高齢者までが治療の対象となっています。しかし、治療できる条件として、顎の骨の状態や全身の状態が関わってくるため、子供や高齢の方は治療が難しいとされるケースがあります。

子どもの骨は成長過程

小さな子どもや未成年の場合、全ての歯が永久歯に生え変わっていたとしても、顎の骨の成長は続いています。顎の骨は上下左右に発達するため、成長段階ではインプラント治療が難しいのが現状です。

たとえインプラント治療を行ったとしても、人工歯根は顎の骨に埋め込みます。成長とともに骨の状態が変化することで健康な歯にあたり影響を与えてしまったり、仕上がりに不具合が生じたりする可能性もあります。

顎の骨の成長過程を正確に予測するのは難しいものです。そのため、インプラント治療は成長が止まった後に受けることをおすすめします。

高齢者も注意が必要

高齢になると体力や治癒能力が低下してきます。インプラント治療では、治癒能力の衰えが手術からの回復に影響を与えることもあるため、高齢の方はインプラント治療を受けられないケースも。

過去の既往歴や現病歴など、一見、インプラント治療には関係がなさそうな疾患でも、インプラント治療に制限がある場合があるので注意が必要です。

また、インプラント治療を行う場合には、年齢とともに骨が痩せてしまうため、顎の骨を増やす手術が必要となる場合もあります。身体的な負担だけでなく、費用面でも大きな負担となるため、治療を検討する際には専門医とよく相談することが大切です。

年齢以外に治療が難しいケース

年齢に関係なく、次のようなケースはインプラント治療が難しい場合があります。

全身疾患の影響

糖尿病や高血圧、心臓病、脳梗塞といった全身疾患の既往歴がある場合、インプラント治療に必要となる外科的治療や麻酔が制限される場合があります。

また、腎疾患がある場合、免疫力が低下しやすく傷が治りにくい傾向があります。特に、血液透析を受けている場合は細菌が臓器に回ってしまう可能性も考えられることから、インプラント治療が難しい場合があります。

全身疾患を抱えている場合や既往歴がある場合は、インプラント治療を検討する際に専門医とよく相談することが大切です。

骨粗しょう症

インプラント治療では、顎の骨に人工歯根を埋め込みます。そのため、骨粗しょう症の場合は、骨密度が少なく骨がもろいためインプラントが骨につかない、人工歯根を埋め込める骨が足りないなど、治療が難しい場合があります。特に、治療に用いられている薬の中では外科手術に大きく影響を与える薬剤があるため注意が必要です。

ただし、骨移植や骨を再生させる治療など、必要に応じて適切な治療を行うことでインプラント治療が可能になることも。治療期間が長期化したり、費用面での負担が多くなったりするケースもあるため、治療をはじめる前によく検討する必要があります。

重度の歯周病

歯周病は細菌によって歯を支える骨が破壊される病気です。そのため、歯周病に侵された状態でインプラント治療を行うと、手術中の細菌感染の危険や、埋め込んだ人工歯根が抜け落ちるなどインプラントが長持ちしません。そのため、インプラント治療の前にまずは歯周病の治療を行う必要があります。

また、歯周病によって歯を失った場合、顎の骨が溶けてもろくなっていることがあります。その場合は、インプラント治療をするために骨移植や骨を再生させる治療が必要となるケースが多く、治療期間が長くなる可能性があります。

妊娠中の方

インプラント治療を行う際には、顎の骨や歯の状態を診査するためにレントゲンやCTを使います。胎児への影響を考えると、妊娠中はできるだけ放射線を浴びることは控えるにこしたことはありません。

また、人工の歯根を埋め込む際には歯肉を切り開く手術が必要となるため、出血を伴いますし、麻酔や術後の化膿や痛みを防ぐために投薬が必要となります。これらのリスクを考慮すると、妊娠中や授乳期間中のインプラント治療は慎重に検討するようにしましょう。

年齢や全身の状態を考えインプラント治療を検討

安全にインプラント治療を受けるためには、年齢や全身の状態を考慮し治療を検討することが大切です。成長期は正常な発達や健康な歯への影響を考えるとインプラント治療はおすすめしません。また、高齢の場合も、骨がもろくなっていたり、体力的な面からもリスクが多くなったりするケースがあります。

インプラント治療には外科的な治療が必要となるため、一見歯科治療とは関係がなさそうな全身疾患でも、使用している薬剤などによってはインプラント治療に影響をおよぼす可能性があります。また、レントゲンやCT、麻酔などを使用するため妊娠中の方も避けるがベターです。インプラント治療を検討する際には、既往歴や現在の身体の状態を踏まえて、専門医とよく相談するようにしましょう。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

中澤歯科クリニック

出典:http://www.nakazawa-dental.net/

電話番号 03-3846-4618
住所 東京都江東区住吉2丁目25-2
アクセス 都営新宿線・半蔵門線 住吉駅 徒歩2分
診療時間 【平日】9:30~12:30/14:30~18:30
【土曜】9:30~12:30/14:30~16:30
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.nakazawa-dental.net/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る