インプラント治療での仮歯の役割と治療中の留意点 | 歯科サプリ

インプラント治療での仮歯の役割と治療中の留意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インプラントの治療では、初期の人工歯根の手術のあとに「仮歯」を装着することがあります。この仮歯とは、いったいどのようなものなのでしょう。インプラントの人工の歯と、どのように違うのでしょうか。ここでは、仮歯の役割と仮歯を治療で装着する際の期間や耐久性などの気になること、治療中に気をつけることについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療における仮歯の必要性と役割

インプラント治療において「仮歯」とはどういったものなのでしょう。人工の歯を埋める前の仮歯の装着は、どうして必要なのでしょうか。単なる機能や美観のほかにも重要な役割があるのかどうか、仮歯の必要性とその役割を追求します。

仮歯の必要性

インプラント治療は、人工歯根を骨に埋め込み、人工の歯を連結するためのパーツを取り付け、それから人工の歯を埋めるという工程でおこなわれます。埋め込んだ人工歯根は、骨に定着するのに時間がかかることがあり、きちんと結合するまでの間は仮歯が使用されます。時間をかけて結合の状態を確認していくので、その間は歯が無い状態が続いてしまいます。

歯が無いことで美観は損なわれますし、隙間があることによって、ほかの歯が動いてしまったり、熱などの刺激を直接受けてしまったりします。場合によっては、細菌が繁殖してしまうこともあるほどです。

仮歯の役割

具体的に仮歯にはどのような役割があるのでしょうか。仮歯を入れることの利点をいくつかあげてみます。歯の機能や見た目などのわかりやすいことだけではないのです。

美観

インプラント治療のための基盤を作った状態というのは、いわば、「歯の抜けた状態」です。歯が1本でも欠けると、美観が損なわれてしまうことに。それを仮歯で補っておけば、違和感もなくなり、口元を気にする必要がなくなります。

隙間をふさいでおく

治療途中の開いたスペースを放っておくと、隣の歯や歯茎がかぶさってきて、その隙間を埋めようとします。そうなると、いざインプラントの人工の歯を埋めることになっても、入るスペースがなくなってしまうのです。それを防ぐ役割が仮歯にあります。

治療箇所を守る

人工の歯が入っていないということは、治療箇所がむき出しの状態になっているということ。この状態は細菌感染しやすく、とても無防備。熱いものや歯ブラシによる刺激も考えられます。そのようなことから守る役割も担っています。

機能を守る

とても基本的なことですが、食事をする際に歯が無い状態はとても不便ですし、話をするときも同じです。開いたスペースから息が漏れてしまい、とても話しづらくなります。

口腔内の状態を調べる

仮歯の間に、口の中が自然な状態であるかどうかも調べます。唾液の流れや汚れの具合など、天然の歯のときとは違う状況がつくられているので、より自然な状態に近づけるための調整もおこないます。

仮歯の状態が続くのはどのくらい?

治療で人工歯根をつくった後、仮歯を装着するのはいつなのでしょう。仮歯はどのくらいの期間、装着していていいものなのでしょうか。とれてしまったら、どうすればいいのでしょうか。人によって差はありますが、仮歯の装着の時期と耐久性、とれてしまった原因や対処法についてふれていきます。

仮歯の装着時期

人工歯根の手術後、2週間くらい後が理想的。手術箇所に刺激を与えてしまうため、仮歯の装着まで時間をおきたいという理由です。しかし、これは理想であって、実際は早い段階での装着をすることもでてきます。

前歯のインプラント治療などは、見栄えの大切さもありますので、一概に2週間後でないといけないともいえません。奥歯など目立たないところであれば、落ち着いてからでも十分でしょうが、前歯が欠損している状態でそのままというのは嫌なものですよね。本人の希望があれば歯科医師との相談のうえ、装着時期が決定されることになります。

仮歯の耐久性

それぞれのあごの骨の状態で変わってくることがありますが、1ヶ月ほどですり減ってしまうことも。仮歯がすり減ってしまうとかみ合わせが悪くなり、インプラントの人工歯根に負担がかかるので、はずれてしまうことがあります。

もし、仮歯がすり減ったと感じたり、欠けたりするようなことがあれば、すぐに治療を受けるようにしてください。あくまでも「仮歯」です。定期的にメンテナンスを受ける必要がありますので、気になることがあれば、必ず歯科医師に相談してください。

仮歯が脱落

歯根は、歯根膜というクッションに覆われており、噛む力がかかっても、歯に負担がかからないようなしくみになっています。インプラントでは直接噛む力が仮歯にかかることになるので、その負担により脱落してしまうことがあります。

歯ぎしりや食いしばりのような、歯に負担がかかる癖を持っている人は、マウスピースを着用して、仮歯の脱落を予防することが勧められています。噛み合わせで少しでも気になることがあれば、歯科医師に相談してみましょう。

仮歯装着時の治療において注意すべきこと

インプラント治療における「仮歯」は、あくまでも「仮歯」です。治療段階に応じて、形の修正がしやすいようにプラスチックで作られています。耐久性があるというわけでもなく、1ヶ月くらいですり減ってきてしまうので、きちんと治療を受けてください。

また、仮歯の間は、重要な調査期間でもあるため、口腔内の状態の変化や噛み合わせなど、人口の歯を作る際のシミュレーションをしている時期でもあります。何か気になることがあったり、違和感を覚えたりした場合など、小さな変化でも必ず歯科医師に伝え、定期的な治療を受けるようにしましょう。やむをえず中断することになったときも、歯科医師に相談し、仮歯のまま放置することのないようにしてください。

インプラント治療における「仮歯」の重要性

インプラント治療で重要な役割を担っている「仮歯」。食事や発声、美観のためだけでなく、治療中の箇所を保護することや、口の中のシミュレーションにも役立っているようです。見た目は、普通と変わりないとはいえ、「仮歯」は定期的なメンテナンスが必要なもの。特に気になることがないからといって、治療をおろそかにしては、正しいインプラントが受けられなくなります。

軽く考えず、仮歯の期間もきちんと診療を受けるようにしてください。個人によってあごの骨の状態が違うということは、人工歯根の定着に要する時間も人によって違うということです。それによって、トータルの治療期間も変わってきますので、どんなことでも勝手に自己判断せず、少しでも変化があれば歯科医師に相談してください。将来の美しい歯のためにも、適切な治療を受けることをおすすめします。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

山中歯科

出典:http://118yamanaka.com/

電話番号 03-3445-9722
住所 東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル1F
アクセス JR山手線 品川駅 高輪口 徒歩2分
診療時間 【月・木・金】9:30~13:00/14:00~17:30
【火・水】9:30~13:00/14:00-19:00
休診日 土曜日・日曜日・祝日
URL http://118yamanaka.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る