インプラント治療のサイナスリフトについて徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
インプラントを行う医師

インプラント治療を受けたくても、顎骨がやせ細っていたり、顎骨の上部に大きな空洞があったりして、そのままでは治療が行えない場合があります。今回は、顎骨に問題があってインプラント治療が行えない場合に実施する上顎洞底挙上術(サイナスリフト)について解説します。

どのような施術を行うのか、費用はどれくらいかかるのかを詳しくご紹介しましょう。インプラント治療のサイナスリフトについて、歯科サプリ編集部がお届けします。

インプラント治療におけるサイナスリフト

歯がなくなると顎骨に力がかからなくなることなどのさまざまな要因から、歯槽骨がやせ細ったり、顎骨の上部にある空洞(上顎洞)が大きくなったりします。

顎骨が細すぎると充分にインプラントを支えることができないため、インプラント治療を行う前に顎骨を補強する上顎洞底挙上術(サイナスリフト)が必要になります。サイナスリフトについて、以下でもっと詳しく解説していきましょう。

サイナスリフトとは

人の顎骨は歯がなくなるとどんどんやせ細ります。やせ細った顎骨のままでは、インプラント治療が行えません。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)とは、文字を見てわかる通り、上顎に用いられる施術方法です。上顎奥歯部分にインプラント治療を行いたいけれども、骨がやせ細っているために治療が行えない場合に、上顎洞底挙上術(サイナスリフト)で上顎骨を補強します。

上顎洞底挙上術(サイナスリフト)の施術は、上顎洞底部(上顎骨の上にある大きな空洞)に人工骨や自家骨を移植して行います。上顎洞底挙上術(サイナスリフト)の施術を行うことで、やせ細っていた顎骨が太くなり、インプラントを顎骨に埋入することができます。

インプラントは短いものでも、8mmほどあるので、最低でも8mm以上の顎骨の太さが必要です。上顎洞底挙上術(サイナスリフト)の施術を行って、半年ほどすると移植した人工骨や自家骨の組織が固まります。そして、固まってからインプラントの治療を行います。

サイナスリフト施術の流れ

1.サイナスリフトは、顎の横の歯茎部分に穴をあけて施術を行います。歯槽骨と上顎洞粘膜をはがします。

2.歯槽骨と上顎洞粘膜をはがし、空洞になった部分に人工骨や自家骨を移植します。

3.人工骨や自家骨を移植したら、半年ほど固定するのを待ちます。顎骨と移植した人工骨や自家骨とがしっかり固定していなければ、インプラント治療の工程に移行できません。

4.移植した人工骨や自家骨が固定したら、インプラント治療がスタートします。インプラントの基礎になるパーツを顎骨に埋め込み、インプラントが骨に固定されるまで、1年弱待ちます。

5.インプラントが骨に固定されてから、人工歯を装着します。

サイナスリフトとソケットリフトの違い

サイナスリフトは、上顎の側部に穴をあけて、顎骨の上にある空洞(上顎洞底部)に人工骨や自家骨を移植する施術でした。

サイナスリフトに対して、ソケットリフトの施術は、上顎の側部に穴をあけることなく、歯が生えていた穴から施術します。そのため、サイナスリフトよりも傷口が小さく、短時間で施術が完了できます。

インプラント治療を行うには少し上顎の厚みが足りないという場合に、インプラントを埋め入れる穴から、インプラント治療に充分な厚みになるまで移植骨を少しずつ注入して、上顎洞底部(上顎上部の空洞)にあるシュナイダー膜を押し上げます。

ソケットリフトの施術時にインプラントも埋め入れるので、4カ月ほどで食事ができるようになります。

サイナスリフトの注意点

サイナスリフトにはどのような注意すべき点があるのでしょうか。サイナスリフトの治療がはじまってから、さまざまな生活上の制限が発生して、「そんなこと聞いてなかったよ!」なんてことにならないように、注意してください。

サイナスリフトにはこんな注意が必要

サイナスリフトの施術が行えるのは、顎骨上部の空洞(顎洞底部)が大きくて、顎骨が薄く、骨量が足りない方が対象です。日常生活上、以下のような注意点があります。

・手術に傷を悪化させるおそれがあるので、うつぶせになって寝ることは避けてください。また、はげしい運動(サッカー、バスケットボール、テニス)なども避けるようにしましょう。

・副鼻腔に穴があいているので、風邪をひかないように体調管理に充分注意が必要です。風邪をひくと、副鼻腔炎を併発させるおそれがあります。副鼻腔炎にかかり、移植した骨に感染が広がった場合、その部分を除去して移植をやり直さなくてはならなくなります。

・3週間から1カ月間は鼻水をかんではいけません。

・タバコを吸う習慣のある方は、施術後2週間から抜歯するまでの期間、禁煙してください。

サイナスリフトの費用

サイナスリフトの施術費用は1本につき、15万円から30万円が相場です。インプラント治療がスムーズにできる場合は、サイナスリフトの施術は必要ありませんが、骨が細い場合には、インプラント治療にかかわる総額が一気に跳ね上がってしまうので注意が必要です。

サイナスリフトの施術費用は施術する本数が増えるほど、1本あたりの費用が安くなります。例えば、1本あたり17万円の費用がかかる場合、2本になると20万円ほどの費用でサイナスリフトの施術が行えます。

あらかじめ、施術をする歯科医院で費用面の相談をして、総額でどのくらいかかるのかを確認しておくようにしましょう。

歯は人生における大切な財産

今回は、インプラント治療に関連するサイナスリフトの施術について解説してきました。歯がなくなって、しっかり咀嚼することをしなくなると、顎の骨までやせ細ってしまうのでインプラント治療がスムーズに行えない場合があります。

この場合はサイナスリフトの施術を行う必要があるので、インプラント治療にかかる費用が大幅にかさむことになります。インプラント治療を検討している方は、ご自分の顎骨がサイナスリフトの施術を必要としないくらいしっかりしているのかどうかを確認するようにしましょう。

サイナスリフトの施術とインプラントの費用を合わせると数百万円に達することがあるので、あらかじめ歯科医院で見積もりはしっかりしておくことが大切です。

「改めて、歯は大切な財産だということを再認識させられた」という方も多いのではないでしょうか。今ある歯をもっと大切にするようにしましょう。

インプラント治療でおすすめの歯医者さん 関東編

今井歯科分院/インプラントサロン八潮

出典:http://www.identalofficeimai.com/

電話番号 048-999-5020
住所 埼玉県八潮市大瀬1-2-1
アクセス つくばエクスプレス 八潮駅 北口 徒歩1分
診療時間 【月〜土】9:30~18:00(最終受付17:30)
休診日 日曜日・祝日
URL http://www.identalofficeimai.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る