疑問を解消!金属アレルギーの人でもインプラント治療は可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

金属アレルギーに悩む方が増えているといわれています。インプラント治療でも金属が使用されますが、アレルギー反応は起きるのでしょうか。

結論を言ってしまうと、可能性はゼロではありませんが、インプラント治療による金属アレルギーはほとんど起こりません。

とは言え、気になる人もいるでしょうから、インプラント治療にまつわる金属アレルギーの話を、少し詳しくご説明します。

金属アレルギーが起きるメカニズム

金属アレルギーについては、まだその原因や解決策がすべてはっきりしているわけではありません。それでも、「金属・体液(汗、唾液など)」という2つの条件がそろうと、金属アレルギーが発症するきっかけになる可能性があることがわかっています。

体液と金属が繰り返し接触すると、金属は非常に小さな粒(0.0000001mm)になって体液に溶け出します。この現象を「イオン化する」と呼びますが、イオンになった金属の小さな粒は肌に染み込み、体内のタンパク質と結合することがあります。すると体内の免疫システムが働き、白血球はこれを排除しようとして働き、アレルギー反応を引き起こすようになることがあります。

インプラントで使用される金属で起きるアレルギー反応

インプラント治療で使用されるパーツは大きく分けると3つあります。まず顎の骨と結合させて、本来の歯の歯根部分に相当する「インプラント体」、そして本来の歯の歯冠部分に相当する「上部構造」、最後に2つのパーツを連結するための土台となる「アバットメント」というパーツの3つです。顎の骨に埋入させるインプラント体に関しては、日本の厚生労働省に認可されているものはすべて金属製です。

インプラントで使用される金属

ひとくちに金属と言っても、種類や特徴はさまざまで、金属アレルギーに関しても反応が出やすいものもあれば、出にくいものもあります。

金属アレルギーの原因となりやすい金属として“イオン化”が起きやすいものが挙げられます。例えば、装飾品のメッキなどによく使用される「ニッケル」がそれに当たります。そのため、金属アレルギーの方が身に付けると、かゆみや発疹が起きることが多くあります。

一方で、日本国内のインプラント治療で取り扱われる金属は、ほとんどが「チタン」です。

インプラントでも使用される医療用グレードのチタンは、ペースメーカーや人工関節など、さまざまな医療現場で活躍する金属です。そのたびにアレルギー反応が出ていたら大変ですよね。

実は、チタンはイオン化しにくい性質を持っており、金属の中でも最も安定した素材であるため、金属アレルギーの反応を引き起こしにくい特徴があります。そのため、金属アレルギーに悩まされている人であっても、チタンに関してはほとんど症状が出ないのです。

とは言え、チタンであれば100%安心というわけではありません。稀にではありますが、アレルギー症状が出るケースも考えられます。そのため、もともと口腔内の金属アレルギーをお持ちの方は、インプラント治療を始める前に歯科医師に伝えておきましょう。

インプラント治療の前にできる金属アレルギー対策

口腔内の金属アレルギーがあるからといって、インプラント治療をあきらめる必要はありません。治療を始める前にできる金属アレルギー対策をご紹介します。

アレルギーテストを受けてみる

すでにご紹介したように、チタンは非常に金属アレルギーを引き起こしにくい安定した金属です。とは言え、これまでに口腔内の金属でアレルギー反応が起きたことがある方は、まず金属アレルギーのパッチテストや採血などのアレルギーテストを受けてみましょう。パッチテストは、クリニックで受けられる場合もありますし、別途皮膚科などを受診することもあります。

チタン素材でアレルギー反応が出るのかどうか確認すれば、安心して治療を始めることができます。

メタルフリーのインプラント治療

パッチテストや血液検査の結果、チタンに対してもアレルギー反応が出ることがわかった場合、インプラント治療は受けることはできないのでしょうか。
現在日本の厚生労働省で認可されているインプラント体は医療用グレードのチタンを使用しているもののみとなっています。しかし、海外インプラントメーカーの中にはセラミックの一種であるジルコニア製インプラント体を製造しているところもあり、欧米ではすでに認可されている国もあるようです。

日本の厚生労働省ではまだ認可されていませんが、患者さん側が十分に治療内容を理解した上で、歯科医師の判断と責任で使用することは認められています。そのため、一部では日本国内でもメタルフリーのインプラント治療を行っているクリニックも存在します。

ただし、基本的には個人輸入の形式になるため、チタンインプラントよりも高額になってしまうケースが多いです。また、100%ジルコニアのインプラント体やアバットメントは強度に弱点があるため、完全に金属を排除してインプラント治療を行うことは、容易ではないことも事実です。

口腔内の金属アレルギーの方のインプラント治療は事前に検査が必要

インプラント治療で顎の骨に埋入させるインプラント体はチタンが一般的に使用されています。イオン化しにくく、安定性の高い金属であるため基本的には問題なく使用できるのですが、金属アレルギーの可能性が完全に“ゼロ”というわけではありません。インプラント治療をお考えの方は、治療の前にパッチテストや血液検査で、チタンにアレルギー反応が出るかどうか確認することができます。

日本ではまだ認可がおりていませんが、欧米で使用されているジルコニア製のインプラント体を扱っているクリニックもあります。

まずは、「金属アレルギーだから」と、インプラント治療を諦めてしまう前に一度、クリニックで歯科医師に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る